たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業⑪〜

夏の終わりが、、

もうすぐそこまで
近づいてきました。

77回目の夏。

決勝──

旭川実vs星稜

9回ウラ
6点差を猛追する
“ミラクル旭実”

土壇場、崖っぷちから…

驚異の粘り腰に
奇襲も交え…
この回一気に4得点!!

星 稜 100 010 113
旭 実 100 000 004

なお、二死満塁の絶好機!!

実に6試合連続
逆転勝利なるか・・・

狂喜乱舞の北海道は
この時視聴率90%!!

一方──

県民大絶叫
あと一球コール・・・

美しき敗者のドラマ終止符へ
石川も同じく視聴率90%!!

そう、あと一球…

あと一球で…
北陸の雄・名門星稜高校

悲願の全国制覇!!

ほぼ全ての
石川県民と共に…

ゴジラ先輩も…
延長18回最高試合世代も…
スピードガンの申し子も…

固唾を飲んで見守ります。

打席には、、

追い込まれた
7番打者山崎クン

スタメン唯一の左打者は
天才左腕山本省吾に
全くタイミング合わず…

ここまでノーヒント。。

この打席も、
あっさり2球で追い込まれ…

まさに絶体絶命!!

それでも・・・

満面の笑みを浮かべ
声を張り上げる旭実ナイン。

ネクスト稲葉クンの
引きつり笑いには…

山崎クンも
「顔がこぇーよ♪」と
思わず笑みがこぼれる☆

そして再度、
亡くなった母の写真を
より強く握り返した。

マウンドには、、

満身創痍
山本省吾投手

志願の続投も…

おそらく
もう限界でした。

同じく満身創痍
好捕手三浦クンからの
「もうストライクいらないよ」

そう言わんとばかりの
両手を広げたジェスチャー

省吾クン頷くも…

頼もしい笑みを浮かべ
リードする3年生捕手の姿を…

もうまともには…
見えていなかったのかも。

セットに入った
星稜高校エースナンバー

おそらく気力のみ
精神が肉体を超えたマウンド?!

その姿に、、

二塁ランナー
旭川実業エースナンバー
角井修の目に光るものが…

77回目の夏──

ラストシーンとなるのか、、

鳴り止まぬ
あと一球コールの中…

山本省吾クンが投じた
渾身のラストボールは…

「甘い!!!」

ゲスト解説
横浜高校渡辺監督が
叫んだ次の瞬間・・・

真ん中高めに
入ってしまった
省吾クンの変化球を…

山崎クンが…
完全に捉えたー!!!!

快音を残し。。

鹿児島商戦の
殊勲打を彷彿させる
強い浜風に乗った打球は…

レフトへ──

背番号7
長津クンが懸命に
下がる、下がる、下がる…

その瞬間…
甲子園の魔物か女神か…

浜風が・・・

さらに、強く、吹いた…

懸命に下がる
レフト長津クンの
頭上を、打球が、、

抜けたぁー!!!!!

悲鳴と大歓声が…
交差する阪神甲子園球場

三塁ランナー
岡田クンに続き…

足をもつれさせながら
二塁ランナー角井クン!!

岡田クンに
もたれるように
ホーーームイン!!

7対7!!

遂に、追い付いたー!!

同点だぁー!!!!!

興奮の坩堝の中…

その時、、

ボールは──

まだ転々と。。

一塁ランナー
岸辺キャプテンも…

三塁を、、

回ったー!!!!!

北海道からは絶叫が…
石川県からは悲鳴が…

交差する中・・・

星稜エース
山本省吾投手が
崩れ落ち…

呆然と立ち竦む
三浦捕手のすぐ横を…

岸辺キャプテンが…
今、駆け抜けた…

ホーーームイン!!!!!

北北海道代表・旭川実業

8対7──

9回!6点差!
逆転!サヨナラ勝利で!

初出場・初優勝〜!!!!!

深紅の大優勝旗が…

77回目の夏…

北の大地へ渡るー!!!!!

大会前・・・

全くのノーマーク旭実が
笑顔と不屈の粘り強さを武器に…

今、ミラクル旭実最終章
全国制覇と言う大偉業で
物語の幕を閉じましたー( ;∀;)

あぁ…もうダメだぁ。。

大好きな大阪ABCの名実況も…

狂喜乱舞旭川実ナインの勇姿も…

涙、涙、涙で。。

もう、目に入りません(T_T)

そんな・・・

感動が・・・

準々決勝──

敦賀気比戦
9回ウラ

あの、疑惑の判定の
結果次第では・・・

もしかしたら、
あったかもしれません…

当然、、

敦賀気比も!
帝京も!星稜も!

素晴らしいチームでした♪

あくまで“たられば”の
妄想話でもあります(^^;;

ただ、、
あの夏の旭川実業も…

こんな妄想しちゃう程
最高のチームだったと思うなぁ☆

ミラクル旭実’95世代──

本当に感動をありがとう。

再び、甲子園にて
新たな旋風を起こす事を
大いに期待して・・・

今回の連載を
終えたいと思います(*^^*)

あぁ妄想楽しかった〜笑笑

たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業⑩〜

1995年8月21日

第77回
‪全国高等学校野球選手権大会‬

決勝──

参加4098校の
頂点を懸けた死闘は…

いよいよ決着の時を
迎えようとしていました。。

星稜 100 010 113
旭実 100 000 002

6点差で迎えた、、

9回ウラ
旭川実業の攻撃は…

土壇場二死からの
“ミラクル”猛反撃!!

2点を返し
なお二死満塁!!

打席に向かうは・・・

「5番 ピッチャー 角井⤴︎クン」

77回目の夏
今大会最大音量!!

地鳴りのような
大歓声が沸き起こる
阪神甲子園球場!!

さらには・・・

「カクイ!カクイ!カクイ!」

なんと!!
この試合2度目の!!
カクイコール((((;゚Д゚)))))))

その時、、

星稜アルプスからも…

「ショーゴ!ショーゴ!ショーゴ!」

大音量の省吾コールを
涙ながらに絶叫する
女生徒も多数…(;ω;)

共に満身創痍の背番号1

マウンドに
星稜高校エース
2年生左腕山本省吾

右打席に
旭川実業エース
声を張る3年生角井修

まさに夏のクライマックス!!

その初球──

な、な、なんと!!!

一塁方向へ
プッシュバント?!?!

まさかの二死からの奇襲に
省吾クンのベースカバー
一歩遅れてしまった…

角井クン決死のヘッスラ!!!

「セェーーーーフ!!!」

座り込んだまま
角井クンしてやったりの表情で
渾身のガッツポーズ☆

愛すべき旭実のエースは
どこまでも強気だー(>_<)

ただ、やはり右肩が痛むか?!
一瞬かばう姿も見られ…

同じく省吾クンの様子も
やはりおかしい…

カバーの遅れは
故障の影響か??

4対7

3点差──

肩で息をする
マウンドの山本省吾。。

眼光こそ鋭いものの…

もう、ストライクが入らない…

制球力抜群の
黄金左腕が・・・

「ボール!!ファー!!」

なんと、、
ストレートのファーボール。

このイニング
2度目の押し出し!!

打席の岸部主将
ベンチに向かって
満面の笑みでガッツポーズ♪

5対7

遂に、遂に遂に…

2点差──

騒然!星稜サイド!!

星稜高校には
同じく2年生の好右腕
レフト長津クンも控え…

経験値も非常に高いのだが…

漢・山下智茂監督
エース山本省吾と心中か?!

令和の時代には、、

叩かれてしまう
選手起用かもしれない。

いや、きっと…
バッシング受けるでしょう。

ただ、この時代には
この時代の美学が…

監督と選手の間にしか見えない
男と男の絆がきっと
存在していたかと思います。

星稜高校エース
山本省吾続投──

その意図として
心中と共にあるのが…

続く、7番山崎クン
旭実スタメン唯一の左打者は…

この日省吾クンに全く
タイミングが合ってませんでした。

「2点差、2死満塁、打つだけだ…」

そう言い聞かせ…

ポケットの他界された
お母さんの写真を・・・

鹿児島商戦以上に
強く、強く握りしめて
打席に立った山崎クン!!

「あとひとり!あとひとり!」

星稜アルプスから…
石川県から…
北陸から…

響き渡る、
あとひとりコール

初球──

外いっぱい!
キレッキレストレート

山崎クン
手が出ないか…

ワンストライク!!

どこにこんな力が…
星稜山下監督の目に涙。

2球目──

外スライダー
山崎クン全くタイミング合わず
空振りで追い込まれ…

まさに、絶体絶命
遂に、遂に遂に崖っぷち

北北海道旭川実業。。

この時、甲子園球場全体から…

「あと一球!あと一球!あと一球!」

視聴率が90%を超えた
石川県からも絶叫にも似た
あと一球コールが・・・

時を同じくして
視聴率90%超え北海道民は…

札幌駅で、4プラ前で、
そして各家庭テレビの前で…

涙を浮かべ祈る事しか出来ない(T-T)

ただ、ベンチに目を向けると…

そんな状況でも
旭川実業ナインは。。

笑顔!笑顔!笑顔!笑顔!

ベンチが!スタンドが!

一塁ランナー
岸部キャプテンが!

二塁ランナー
エース角井クンが!

三塁ランナー
主砲岡田クンが!

み〜んな満面の笑顔♬

スゲェな…
本当に凄いよ
このチーム。。

ネクストの稲葉クンの
引きつった笑顔には…

山崎クンも
思わず笑顔(^-^)

そして、込山監督は
強く、頷き・・・

山崎クンも
強く、頷いた。

夏の終わりが
もうすぐそこまで
近づいてきました。

たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業⑨〜

1995年
夏の甲子園

決勝──

旭川実vs星稜

真夏のドラマは、、

いよいよ大詰め
9回裏を迎えました。

星 稜 100 010 113
旭 実 100 000 00

9回、6点差・・・

ミラクル旭実──

松山商、鹿児島商、銚子商
敦賀気比、そして帝京…

名だたる強豪相手に
実に5試合連続逆転勝利(◎_◎;)

逆転が代名詞となった
そんな彼らにとっても…

今大会、最大得点差は
鹿商戦での5点差・・・

しかも相手は、
高校球界屈指のサウスポー
星稜高校山本省吾投手!!

改めて、
絶望的とも言える…

“6点差”を追いかける
旭川実業の攻撃は…

「7番 ファースト 山崎クン」

美しいウグイス嬢の
アナウンスが掻き消される程
最大音量の大歓声!!

大甲子園に
一大旋風を巻き起こした
夢のような真夏の奇跡。

そんな夢の続きを
まだ観ていたい…

しかし、、
スタメン唯一の左打者
山崎クン全くタイミング合わず…

無念の三球三振。。

続く、最強ムードメーカー
期待の強打者稲葉クンも…

二者連続
まさかの三球三振。。

遂に、あとひとり・・・

と思われた
次の瞬間!!

好捕手三浦クンが
なんと後逸(゚o゚;;

全力疾走稲葉クン!!
決死のヘッスラ稲葉クン!!

「セーーーーーフ!!」

ナイスラン稲葉クン!!
安堵の表情が最高だー!!

とにかく大好きな選手でした♪
ベンチのムードも一気に上がる♪

微笑ましい空気感
笑いに包まれる旭実ナイン☆

本当に本当に
稲葉選手のような存在って
絶対必要な貴重な戦力(⌒▽⌒)

さぁー!!
ここから一気に!!
奇跡への猛反撃開始〜

左の増田クンに代わり
代打に右の入江クン!!

あの鹿児島商戦でも
代打安打を放った
期待の2年生バッター

稲葉クンからの
いい流れに乗って
初球捉えた打球は…

三遊間抜けるかぁーー

いや、抜かせない!!

好守のショート今井クン
深いところで好捕!!

難しい体勢から、、
素早くセカンド山崎クンへ…

6、4、

えっ?!
ま、まさか……

ダブルプレーで
試合終了?!?!

2年生入江クン
先輩達のミラクル進撃を
自分が終わらせる訳には…

死に物狂い!!
ヘッドスライディング!!

判定は、、、

「セーーーーーフ!!!」

どよめく甲子園!!!
安堵の北海道民!!!

そしてまだ、
余裕のある石川県民(^^;)

そう。首の皮一枚
繋がったものの・・・

いよいよ。。

9回ツーアウト。。

一塁にユニ真っ黒
まだ息が切れている
入江クンが残ったものの…

6点差・・・

星稜高校の名将
山下監督はここで
伝令に庄田主将を送る。

甲子園にて、、
美しき敗者のドラマを
演じてきた名将に抜かりなし。

満身創痍の
三浦捕手にも笑顔が!

おそらく先程の振り逃げも
本来なら止めていたハズ…

それでも…
信藤クン、山崎クン、
中川クン、今井クン、

鉄壁の3年生内野陣が
満身創痍のバッテリー
三浦クンそして2年生省吾クンを…

見事なまでに盛り立てる!!

対戦相手ながら…
ほんっとうに素敵なチームだ。

77回目の夏
頂点に相応しいチームだ
石川・星稜高校!!

大健闘旭川実業…

よく頑張った…

感動をありがとう…

なーんて、
わたくしオッサン
感慨にふけっていたら…

トップの坪崎クン!
お見事クリーンヒット!
余裕のガッツポーズ♬

続く山田クン!
キレーにセンター返し!
照れ笑いのガッツポーズ♬

さらには3番早川クン!
痛烈レフト前タイムリー!
気迫の雄叫び〜♬

えっ?えぇっ??

ベンチは爆笑爆笑
大盛り上がりーψ(`∇´)ψ

マジメな込山監督さんを
除いてはですが…笑笑

て言うか!
旭川実業の皆さん?

9回2死ですよ。
めっちゃ追い込まれてますよ〜

どうしてそんなに
笑顔でいられるのー(≧∀≦)

どうしてそんなに
普段の力を発揮できるのー(⌒-⌒; )

改めて、本当に、本当に、
凄いチームだ旭川実業!!!

1点返して2対7
なお満塁で打席には。。

4番!主砲!岡田クン!

ベンチに向かって
鹿商戦での名ゼリフ再び♪

「ホームラン狙ってくるわ」

ところが初球・・・

なんとお尻直撃
デッドボール(>人<;)

これには、
大爆笑の旭実ベンチ!!

桑田清原PL学園を破った
伝説の取手二高を彷彿させる
悪ガキっぷり・・・

いやっ!失礼!もとい!

取手二高と同じく
のびのび野球だなぁ〜笑笑

とにかく逞しい!!

北の大地の少年達が
大甲子園をまるで庭のように
満喫しまくっていますね(^o^)/

一方で、、
全く笑えない星稜サイド。

押し出しデットボール
さらに1点返して3対7

なお満塁──

マウンドには
故障の影響でしょうね…
苦痛の表情がツライ…

星稜高校
エースナンバー
2年生山本省吾

一方で、、、

意気揚々打席に向かうは
彼も満身創痍のハズだが…
強気一辺倒の表情!!

旭川実業
エースナンバー
3年生角井修

平成7年夏を代表する
ふたりの背番号1が…

4点差
2死満塁。。

いざ決戦の時!!
結末は如何に・・・

たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業⑧〜

77回目の夏。

決勝──

なつぞらに響く
場内アナウンスに…

誰もが耳を疑いました!!

「センターの角井⤴︎クンが…」

「ピッチャー!!」

ざわめきと大歓声に
包まれた甲子園球場…

「5番 ピッチャー 角井⤴︎クン」

ウグイス嬢さんの
美声をも掻き消すほどの
鳴り止まぬ拍手と声援。

「カクイ!カクイ!カクイ!」

前日の準決勝
帝京高校戦に続き…

大甲子園は、、
連日のカクイコール(ToT)

1995年夏の主役と
言っていいでしょう!!

9回表──

負傷した川村投手に代わり
同じく肩に打球を受け負傷した…

旭実の背番号1が
再びマウンドへ!!!

これには共に視聴率
なんと80%台に突入した
北海道からも石川県からも…

大きな大きな
鳴り止まぬ拍手が!!!

わたくしオッサンも
大号泣で拍手です(;ω;)

試合は4対1──

3点リードの星稜が
無死満塁の大チャンス☆

美しき敗者の歴史に
終止符を打つべく…

打席に向かうのは。。

「1番 サード 中川⤴︎クン」

夏の甲子園決勝戦
史上初(たぶん…)
先頭打者初球ホームランの男が…

普段の優しい笑みを封印
物凄い気迫の表情!!

一方、投球練習を終えた
マウンドの角井クン…

とても全力投球には
見えなかったなぁ。。

やはり傷みがあるかな?!
その表情はやや苦しそう…

しかし角井投手を
盛り立てる旭実野手陣は
この大ピンチにも笑顔笑顔(^O^)

凄い精神力だなぁ。
改めていいチームだなぁ〜

おっさんまたまた
目をウルウルさせていたら…

角井クン!
注目の再登板初球!!

低めいっぱいに
得意のカーブが決まったー

「うわあぁぁぁ〜〜!!!」

ネット裏から外野席まで
揺れに揺れる大甲子園!!!

これには敵将、
山下監督も思わず苦笑い…

しかし、次の瞬間
メガホンにて大絶叫
なにやらアドバイス?!

本当に雰囲気のある
素晴らしい監督さんだ。

対する込山監督は
とにかく心配そうな表情…

それはそうですよね…

未来ある旭実エースナンバー

満身創痍、、
気力のマウンド…

なんとか無事に
ベンチに帰ってきてほしい。

きっとそんな想いかと・・・

様々な想いが
交差する中…

角井クンの2球目、、
カーブが真ん中に
甘く入ってしまった!

完全に捉えた
中川クンの打球は!!

ショート岸部主将の
真っ正面へー(;゚Д゚)

6!!2!!3!!

ダブルプレーだぁ〜〜

凄い!凄いぞ旭川実業!!

さすがエースだ角井修!!!

ただ、、
やはり踏ん張りが
どうしても効かないかな…

2番小坂クンに
ストライクが入らない。

ストレートのファーボール…

2死満塁──

再び塁が埋まってしまい…

迎えるは、、
こちらも満身創痍
3番打者三浦クン!!

角井修vs三浦聡

もうどちらも…
ゆっくり休ませてあげたい…

気力と気力の勝負は。。

初球──

もうボロボロのハズ
三浦クンが放った
痛烈な一打・・・

一塁手山崎クンの
グラブの僅か先を抜け…

ライト線へ転々とする間に…

星稜の黄色のユニフォームが
立ち竦む岡田捕手の後ろを
小躍りしながら駆け抜けていく…

走者一掃・・・

これには、
さすがの、
旭実ナインも…

呆然とした表情。。

星 稜 100 010 113
旭 実 100 000 00

9回表──

絶望的な6点差・・・

“ミラクル旭実”

夏の甲子園決勝
遂に、遂に力尽きてしまうのか。

たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業⑦〜

それは、、
一瞬の出来事でした…

77回目の夏。

決勝──

旭川実vs星稜

連戦連投の両エース
決して万全とは言えず…

打撃戦も予想されましたが…

魂の投球・角井修
巧みな配球・山本省吾

彼らを支える
鍛えに鍛え抜かれた
両軍鉄壁の堅守!!

星 稜 100 0
旭 実 100 0

ゼロのひとつひとつに
非常に重みのある展開…

試合は中盤
膠着状態に突入・・・

解説の鍛治舎さんが
そう話した矢先…

「事件」は起こりました。

5回表──

星稜の先頭は
故障を押して出場
3番打者三浦クン。

角井クンが投じた
初球カーブを捉えた打球は…

一瞬の出来事でした・・・

強烈なピッチャーライナー!!

打球が、、

角井クンの
なんと右肩を直撃!!

大観衆からの悲鳴の中…

バックアップの
サード山田クンが
素早く一塁へ送球しアウトも…

うずくまる背番号1・・・

旭実ナインが
猛ダッシュで駆け寄る。

角井クン…
すぐさま起き上がり…

「大丈夫です!!!」

テレビ中継でも
確認出来る強い口調で…

本人が気丈に振る舞うも
当然試合は一時中断…

なんという精神力(゚o゚;;

騒つく甲子園球場
中には涙を浮かべる方も。

わたくしオッサンも
テレビの前で号泣。。

甲子園が、、

北海道全体が、、

そして日本中が…

祈るような思いで
一旦ベンチへ下がった
角井クンの回復を祈ります…

そして数分後──

ダッシュで!!
角井投手が!!

グランドに戻ってきましたー(ToT)

それも、なんと、
マウンドへーー!!!

どよめく大甲子園!!!

凄まじい精神力。
わたくし号泣止まらない。

この時、視聴率が…

遂に75%に達した
北海道全体も涙しました(;o;)

しかし、、

投球練習の1球目…
さすがに、無理でした…

ベンチから
背番号9川村クンが
マウンドへ向かう。

で、えぇ??
ウソでしょー( ゚д゚)

背番号1はセンターへ
センター早川クンがライトへ…

いつも通りの布陣?!?!

角井クンが志願したのか…

腰に手を当て
頷く込山監督の表情から
なかなか読めないぞ(^-^;

センターへ打球が飛んだら…

どうなっちゃうの。。

様々な考えを
巡らせていたら。。

星稜の4番打者
信藤クンの打球が…

いきなりセンターへ!!

まじかーヽ( ̄д ̄;)ノ

しかししかし!!

難しい大飛球を
守備も抜群の角井クン
見事に好捕だぁ\(^ω^)/

そしてなんとなんと〜

ライト早川クン!!
レフト稲葉クン!!

角井クンの
バックアップとして
長駆フォローに(°▽°)

このプレーに
甲子園大観衆から
大きな大きな拍手が!!

さらには
人情味あふれる
星稜山下監督も拍手!!

さすが山下さん
これは敵ながら嬉しい♪

ただ、、
シャープな星稜打線…

やはり鍛えられてる!!

2年生サイドスロー
川村クン我慢の粘投も…

徐々に徐々に
星稜に突き放され。。

星 稜 100 010 11
旭 実 100 000 0

いよいよ8回まで
来てしまった・・・

旭実も毎回のように
好左腕山本省吾クンを
捉えていながら…

あと一本が、
どうしても出ない(・_・;

好打順の8回裏、、

このイニングも
ランナーを二、三塁と
好機を迎えたものの…

再三再四!
素晴らしいプレーの連続!
ショート今井クンが…

またもファインプレー(>人<;)

会心の一撃を好捕され…

さすがの岸部主将も
これにはガックリ!!

ホームが遠い。。

北北海道代表・旭川実業…

大会6度目の
大逆転ドラマは
遠退いてしまうのか…

星 稜 100 010 11
旭 実 100 000 00

逆に9回表、、

押せ押せの星稜は
なんとなんとなんと…

ノーアウト満塁の
ビッグチャンス!!

鳴り止まぬ
アルプスからの
“星稜コンバット”が…

習志野も駒苫も
ビックリの大音量に!!

狂喜乱舞の石川県も
この時視聴率は
75%台に突入☆

“延長18回”
史上最高試合を演じても…

“5打席連続敬遠”
ゴジラ主将を擁しても…

どうしても
勝てなかった
美しき敗者の歴史・・・

今、終止符を
打とうとしています。

石川県代表・星稜高校

打席には、、

最も頼れる強打者が!!

「4番 ファースト 信藤クン」

シンドウの“ド”が
上がらぬイントネーション
ウグイスさんの気まぐれか?!

そんなこんな
しょーもない事
言っている間に・・・

あれれ?
えぇっー??

マウンドの川村クン
うずくまり立ち上がれない(・・;)

どうやら…
足をつってしまった?!

炎天下の甲子園。。

道産子球児…
2年生投手…

夏の甲子園
決勝戦のマウンド。。

川村クンも
今大会4試合目の登板…

もうとっくに
限界を通り越して
いたのかもしれない(T-T)

無念──

涙の川村投手
無念の降板…

甲子園球場全体から
大きな、大きな拍手が
川村クンに送られる。

しかし、、

角井クンと川村クンで
守ってきた甲子園のマウンド。

この絶体絶命大ピンチに
いったい誰が投げる??

緊急登板は…

驚くべきことに…

あの男でした!!!

大甲子園は再び…

大きな大きな
大きな拍手と大歓声に
包まれました!!!!!

たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業⑥〜

1995年
夏の甲子園

決勝──

旭川実vs星稜

いよいよ、、

試合開始の時を
迎えましたー!!

道産子的には
まさか生きている間に…

北海道勢の
決勝を観られるなんて…

正直、、
夢にも思わなかった☆

あぁ夢心地〜
ドキドキするなぁヽ(´o`;

昼間っから
仕事サボって
ビールぐびぐびも…

うーん、全く酔えません(笑)

さぁマウンドには
実に4日間4連投…

旭実のエース角井クン。

「カクイー!!」
「カクイく〜ん♡」
「カクイがんばれー!!」

アルプスのみならず、
球場全体からの大大大声援♪♪

77回目の夏──

この夏の主役となった
気迫のエースへの声援に…

試合開始直前
もう泣きそっ(笑)

「プレイボォーーー!!」

夏のファイナルを告げる
サイレンが響き渡る中・・・

それを切り裂く
金属バットの快音が…

いきなり、
響き渡ったぁー(゚д゚lll)

星稜の大型トップバッター
中川クンが放った打球は…

レフトスタンドへ
高々と舞い上がり…

そのまま。。

スタンドイーン!!

なんと、なんと、なんと…

決勝戦、初球、先頭打者
ホーーームラーーン( ̄▽ ̄;)

沸き上がる星稜ベンチ!
名将山下監督も大興奮!

打った中川クン
かなりの負傷を負っていると
情報がありましたが…

なんのその!
気迫のガッツポーズで
ホーームイン( ̄∇ ̄)

先制!星稜高校!
沸きに沸く石川県!!

一方の旭実ナインは、、

いつもど〜り!
あっけらかんと笑顔笑顔☆

ただ、、

マウンドの角井クンは
表情が明らかに冴えない…

岸部主将に岡田捕手
レフトから稲葉クンの絶叫…

彼らの声にも
どことなく上の空?!

関西の酷暑の中
4日間4連投。。

もしかしたら…
限界が近づいているかも…

続く2番小坂クンも
会心の一撃を喰らうぅ〜

右中間真っ二つ!!

俊足小坂クン
悠々三塁へーーー

ノーアウト三塁
改めて星稜強し!!

打席には、
こちらも満身創痍
3番三浦クンが入る。

アルプスからは
“星稜コンバット”が
大音量で鳴り響く〜♬

えっ??
角井クンもう肩で息を…

そりゃそうだよね。。

道産子にとって
関西の暑さは別次元…

ホントよく頑張った(;ω;)

なーんていきなり
諦めトークしていたら…

強打三浦クン
会心の当たりを…

サード山田クン
見事な横っ飛び
スーパーキャッチ!!

弾丸ライナーを
まるでキーパーのように
飛びついて・・・

そのまま飛び出した
三塁ランナーの
小坂クンにタッチ!!

なんともミラクルな
ダブルプレーだぁ(*゚▽゚*)

ワンサイド止む無し。。

そんな事を、
一瞬でも考えゴメンナサイ!

甲子園の大観衆も
山田クンに拍手喝采☆

照れまくる山田クン!
息を吹き返す角井クン!

と、思った矢先〜

星稜の4番
信藤クンの鋭い一撃は
ライトへの大飛球(゚o゚;;

しかし、今度は!!

この日スタメン
2年生小森クンが
背面スーパーキャッチ☆

超超超ファインプレー!!

これには角井クンに
チームもアルプスも
一気に盛り上がる\(^ω^)/

もうミラクルじゃないね。
強い、強いぞ旭川実業!!

感情を抑え、
ただただ頷く込山監督☆

よくぞここまで
鍛えられました(^o^)/

さぁ反撃だ旭実〜

トップ坪崎クン!
いきなりセンター前!

続く山田クン!
ナイスバント巧いなぁ〜

気合の早川クン!
気合のタイムリー(゚∀゚)

好投手・山本省吾クンから
なんともリズミカルな同点劇♪

やはり“強いぞ”旭実!!

ただ、敵ながら
大好きなサウスポー
省吾クンの様子も…

やはり何処かおかしい。。

故障の具合
相当マズイのかな…

しかーし!
北陸の名門・星稜高校

山下智茂監督との
喧嘩ノックで鍛え抜かれた
守備陣はまさに鉄壁!!

岡田クン角井クン
共に通常であれば…

絶対にヒットだろぉ〜
と言った鋭い当たりも
内野を抜けず無得点(^-^;

これには省吾クンも
めっちゃ笑顔!!

星稜高校って、、

屈指の強豪校なんだけど
仲の良い部活動ってカンジ
昔からあるんだよな〜

もちろんいい意味で\(^ω^)/

ゴジラ先輩の時代も
今年の奥川クン世代も…

そんな好印象ずっとあります☆

あっ、話が逸れましたね(^^;

両チーム強力なバックが
両エースを盛り立てます!!

星 稜 100 0
旭 実 100 0

試合は、
膠着状態に突入…

締まった内容!
両校の美技の応酬!!

北海道も石川県も
固唾を呑み見守ります。

旭川実業は、
ほとんど省吾クンを
捉えているんだけどなぁ…

どんだけ鉄壁なんだ!
改めてさすが星稜高校!

5回表──

一方で惜しくもホームへ
あと一歩届かない
我らが旭実に・・・

信じられない悪夢が
待ち受けていました!!

たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業⑤〜

1995年8月

第77回
全国高等学校野球選手権大会

決勝──

旭川実vs星稜

北海道勢!
石川県勢!

どちらが勝っても
初優勝の決勝戦。

北の大地の夢叶うか…
北陸の悲願達成なるか…

試合を重ねる度に
人気が加速する両校☆

ミラクル旋風vsアイドル左腕

見所満載!!
注目の一戦に・・・

お盆明けの
月曜日ながらも…

甲子園は超超超満員(OvO)

当然私も有給消化(笑)

テレビの前に正座!
ビールとつまみも万全♪

その時、北海道地区は
試合開始前ながらも…

テレビ中継視聴率
驚異の60%!!

ほら〜やっぱり〜
みんな仕事してないって(^.^)

お盆休み明けの
北海道経済は…

昼どき一瞬
麻痺しましたね(笑)

北海が、札商が、
ヒグマが、旭川龍谷が…

これまで様々なチームが…

挑み続けた
夢のステージに。。

今、旭川実業ナインが
元気いっぱいに立っています☆

みんなニコニコ!
全くもって緊張感は
見受けられませんね〜♬

そんな旭実ナインの象徴
岸部主将もいい声出てます(^O^)

前日の準決勝
東の横綱・帝京との
死闘に決着をつける一撃…

“逆転満塁ランニングホームラン”

北海道高校野球史に
間違いなく語り継がれる
岸部クンの快打!!

各紙全て買い漁った
スポーツ新聞の一面にも〜

「岸部!岸部!岸部!」

感動の“逆転弾”を放った
キャプテンの名前が
紙面に踊りまくってます☆

新聞記者さんの記事って
心の琴線刺激するんだなぁ…

まさにプロフェッショナル!!

あぁ読み返すだけで…
泣けてくる〜(T ^ T)

それにしても。。

雄叫びを上げた岸部クンも
笑顔でチームを引っ張る岸部クンも

同一人物なんですよね〜

いやぁ本当に、
大したキャプテンだ( ̄∀ ̄)

では改めて、、、

両チーム勝ち上がり
振り返ってみましょう!

【石川代表・星稜高校】
▽2回戦 県岐商 3−0
▽3回戦 関西 4−2
▽準々決勝 金足農 6−3
▽準決勝 智辯学園 3−1

今大会屈指の左腕
2年生エース山本省吾投手を中心に
安定した戦いぶりで県勢初の決勝!

省吾クンを支える守備陣も
さすが北陸きっての名門
名将山下監督に鍛えられまくり!

ゴジラ先輩に憧れ
入部した選手達は精鋭揃い。

大型トップ中川クンから
下位まで隙の無い攻撃陣は
4季連続出場の選手も多数!

投・攻・走・守
全てに隙なし星稜高校♪

これは、本当に強いぞ〜〜

ただ気掛かりは…

省吾クン&三浦捕手
ケガの具合はどうなのか…

対戦校ながら
大好きな仲良しバッテリー
本当に心配ですね(・・;)

対する旭実の勝ち上がり!

振り返るとほんっとに
凄まじいスコアが並びます☆

【北北海道代表・旭川実業】
▽1回戦 松山商 5−4
▽2回戦 鹿児島商 15−13
▽3回戦 銚子商 4−2
▽準々決勝 敦賀気比 4x−3
▽準決勝 帝京 9−7

長い甲子園の歴史上
最大級のミラクル旋風で
遂に、道民悲願の決勝進出!

5試合連続逆転勝利
ドラマの立役者は
なんと言っても強力打線!

全ての打者がヒーローですが
早川クン・岡田クン・角井クン
クリーンアップは特に強烈。

角井クンは投げても
完全に甲子園で覚醒!
夏の主役に躍り出ましたね。

エースを支える川村投手に
込山監督自慢の守備陣も
歴史的快進撃を支えてきました!

ただエース角井クン
この日もマウンドに上がれば
酷暑の中、4日間4連投(゚o゚;;

当時は──

当たり前の日程でしたが…

決勝の夢舞台
注目の先発投手は?!

さぁさぁさぁ、、

試合開始前から
超満員の甲子園球場に…

両チームスタメン…

発表されましたよー♬

先攻・星稜高校
5 中川クン
8 小坂クン
2 三浦クン
3 信藤クン
6 今井クン
1 山本省吾クン
4 山崎クン
7 長津クン
9 石黒クン

後攻・旭川実業
4 坪崎クン
5 山田クン
8 早川クン
2 岡田クン
1 角井クン
6 岸部クン
3 山崎クン
7 稲葉クン
9 小森クン

今大会もうすっかりお馴染み
両チームスターティングメンバー☆

先発投手はやはり…

省吾クンと角井クン。。

気力を振り絞る
気迫の登板だなぁ…

角井クンも過酷だけど
省吾クン試合前の投球が…

全力投球ほぼ無いかと(゚o゚;;

将来もある大器
大きな故障だけは
なんとか避けてほしい。

満身創痍の星稜
省吾クン&三浦クン
バッテリーに加え…

トップの中川クンに
右本格派でもある長津クンも…

故障を抱えてるとの
情報があったが・・・

気力の星稜高校
ベストの布陣ですね。

敵ながら本当にあっぱれ!!

対する旭実は
ほんっっっとに元気♬

角井クンの
4連投は心配ですが…

試合直前でも、
ベンチはみんな超笑顔(⌒▽⌒)

特に饒舌な
レフト稲葉クン!!

彼のトークを中心に
決勝の舞台とは思えぬ
盛り上がりですね(笑)

そんな中・・・

鹿児島商戦以来のスタメン
ライト2年生小森クンのみ
緊張で表情硬いぞ〜(^-^;

今日は彼が、
キーマンとなる?!

控えの背番号9
川村投手はベンチスタート。

万全の状態での
リリーフ待機でしょうが…

彼の出番は
どのような場面で
あるのでしょうか??

さぁ、、

様々な想いを
巡らせていたら…

いよいよ
試合開始の時を
迎えました\(^ω^)/

旭川実業!星稜高校!

両校ナインが
元気よくベンチを
飛び出しましたー!!

いよいよ、、

77回目の夏──

日本一を懸けた
決勝戦が始まります!!

ドラマは…
初回から生まれました。

たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業④〜

9回表──

二死ランナー無し。。

2点を追う旭川実業

北海道勢初となる
夏の決勝進出に向け…

ここから、
今大会5度目の
逆転へ夢を繋ぐ!!

3番早川クン・4番岡田クン

神懸かり的な執念の連打で
土俵際から二、三塁とし…

打席には、、

夏の主役に躍り出た
旭実・背番号1角井クン!!

「カクイ!カクイ!カクイ!」

身震いするような大声援(T ^ T)

甲子園球場
全体から沸き起こる
カクイコールに…

ここまで好救援
帝京のエースナンバー
本家クンの顔も強張る…

しかし、、

旭実を後押しする
一種異様なムードの中。

百戦錬磨の闘将
前田三夫は冷静でした( ̄O ̄;)

帝京バッテリーに
敬遠を指示し満塁策…

そう。この策は・・・

旭川実にとっては
イタイところを
突かれてしまった。

次打者6番岸部クン

抜群のキャプテンシーで
快進撃を引っ張ってきたが…

期待の好打者も、
銚子商戦以降当たりが…

3回戦、準々決勝、
そしてこの準決勝と
ノーヒントとブレーキ(・・;)

ここ3戦に限って言えば…

当たりは止まっている。。

異様なムードであっても
冷静沈着な前田監督!

マウンドの本家クンも
落ち着きを取り戻した表情。

ただ、大観衆から
再び手拍子そして…

「キシベ!キシベ!キシベ!」

鳥肌立ちまくるキシベコール☆

甲子園のお客さんは
皆さん知っています。

ミラクル旭実の
勝ち上がりを!!

いかに凄まじい
ミラクルだったかを!!

9回、二死、満塁…

そしてツースリー!!

粘り強く
カウントを作った
打席の岸部主将

粘り強い
投球を続けてきた
マウンドの本家投手

ふたりの3年生による
意地と意地のぶつかり合い。

実に実に視聴率
70%まで跳ね上がった
北海道民の祈りは通じるか…

渾身のラストボール
その思いを込め投じた
本家クンのスライダー!!

岸部クンが、、
ジャストミート!!

弾き返した鋭い打球は
センター桝井クンの元へ…

一直線に
ライナーで向かった。。

真っ正面の打球
飛び込めばギリギリ…

判断は非常に難しいが…

状況をフツーに考えれば
無理をしての後逸だけ
それだけは避けたい場面。

天下の帝京の
レギュラー選手
そんな事は当然わかってる。

しかし、しかしだ…
この打球を掴み取れば…

死闘に終止符が打てる!!

その、一瞬の迷いが…

桝井クンのダイビングを
僅かに、僅かに遅らせた。

後逸!!!!!

打球は転々と
フェンスに向かい
転がり続ける間…

三塁ランナー
早川クンに続き…

二塁ランナー
岡田クン雄叫びを上げ
ホームイン!!!

7対7──

土壇場
崖っぷちから
旭実、遂に同点!!!

悲鳴と絶叫が
入り混じる甲子園

帝京外野陣
まだ、まだボールに
追い付けない。。

この間、、

一塁ランナー
角井クンも長駆
ホームイン!!!

8対7──

遂に、遂に遂に
旭川実業逆転!!!

さらに!さらにさらに!

なんと、打った、岸部主将も…

一気に
ホーーームイン!!!

驚愕の…

逆転満塁ランニング
ホーーームラン!!!

岸部クン角井クン
岡田クン早川クン

もう笑顔笑顔
ぐっちゃぐちゃの
ガッツポーズ!!!

ネクストの山崎クン
ベンチの選手達

そしてアルプス
さらには北海道全体が
狂喜乱舞!!!

ひとり込山監督は
両手を腰に当て
涙を堪える表情…(T ^ T)

9対7──

あと一人
あと一球

そこから・・・

呆然とする帝京ナイン
崩れ落ちるセンター桝井クン

あの前田監督でさえ
唇を尖らせるしか
なかった・・・

旭 実 210 200 004
帝 京 112 000 03

9回裏──

東の横綱
帝京高校と言えど…

旭川実業の勢いを
跳ね返す力は…

もう、無かったかもしれない。

背番号1角井クン
気力のマウンド!!

ランナーを一人
四球で出したものの…

9回二死──

トップ田村主将の打球は…

ショート正面!!

殊勲の岸部主将
軽快に打球を捌き…

セカンド坪崎クンへトス…

勝ったぞー!!!

坪崎クンの鹿児島商戦の
デジャヴを見るような
万歳大ジャンプ!!!

そこから
あっという間に
ナインの歓喜の輪が!!!

追い付いた、また勝った…

逆転の旭川実!!!
ミラクル旭実旋風!!!

北海道勢初
夏の甲子園決勝進出!!!

号外には、
それらの活字が踊った。

涙が出る程に嬉しいなぁ☆

その日の夜
北海道エリアニュースも…

翌朝のスポーツ新聞も…

北海道民の朝の挨拶も…

「旭実!旭実!旭実!旭実!」

ニュースは全部観ました!
新聞も全て買い漁りました!

そして、、

お盆明けの月曜の朝
仕事休む事を決断しました(笑)

山本省吾投手擁する
星稜高校との決勝戦!!

北海道の歴史が…
甲子園の歴史が…

変わるかもしれない
歴史的大一番!!!

仕事サボリ人間は
私だけじゃなかったハズ(笑)

そして何故、
道民の祝日としないのか
そう思ったのも…

私だけじゃなかったハズです(笑)

たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業③〜

東の横綱・帝京高校

改めて、、

凄まじい破壊力!!
どんだけ鍛えたの前田さん!!

大観衆による
地鳴りのような大歓声が
甲子園に響き渡った…

それは、
一瞬の出来事・・・

第77回
全国高等学校野球選手権大会

準決勝・第2試合

8回裏──

好ロングリリーフ
旭実エース角井クン

巧みな投球術で
帝京自慢の1・2番コンビ
田村クン坂本クンを打ち取り…

“ツーアウトランナー無し”

あとアウト4つで
夏は初となる北海道勢の
決勝進出が見えてくる…

ドキドキしつつも
淡い期待を抱いた矢先…

帝京3番打者
吉野クンが
捉えた打球は・・・

あっ、と言う前に
レフトスタンドへ
吸い込まれてしまった。。

がっくり旭実ナイン
狂喜乱舞の帝京ベンチ

一度は、、
退部した男の劇砲に
前田監督涙がキラリ☆

旭 実 210 200 00
帝 京 112 000 01

「でも、まだ、同点。。」

その時北海道地区は
60%に迫る視聴率を記録!

テレビに釘付けとなった
北海道民はそんな想いで
観戦していましたが…

次の瞬間──

豪打帝京の4番
スラッガー桝井クンが
振り抜いた打球は・・・

センターバックスクリーンへ!

背番号8・早川クン…
早々と追うのを諦めた…

恐ろしや帝京
恐れ入った前田三夫

復活の吉野クン
2年生スラッガー桝井クン

2者連続本塁打!!

遂に、帝京高校に
ひっくり返されてしまった(°_°)

旭 実 210 200 00
帝 京 112 000 02

立ち竦む…
旭実・込山監督。。

冷静沈着な
エース角井修も
さすがに同様を隠せない…

そんな中、
投じた一球を…

天下の帝京の5番
本家クンは見逃さない!!

「えぇぇぇ〜〜??」

旭実アルプスの
悲鳴を切り裂く打球は…

ライトポール直撃。。

な、な、なんと…

帝京高校クリーンナップ
三者連続本塁打!!!

こんな記録、
夏の甲子園で見たことない…

バース掛布岡田かっ
冗談は縦ジマだけにしてくれ(ToT)

旭 実 210 200 00
帝 京 112 000 03

2点差。。

こちらも
好ロングリリーフ
本家クンの出来から…

正直、重い
重〜い2点差…

しかーし!
実に4試合連続逆転勝利

“ミラクル旭実”

ここからが、
本領発揮じゃないか☆

と、そんな願いも虚しく…

9回も簡単に
ツーアウトランナー無し

しかも2点差。。

あぁ、鹿商戦の時と同じだ…

胃がキリキリしちゃうけど
裏を返せば?勝ちパターン?

そんなこんな
強引なこじつけを
考えている間に・・・

打席の3番早川クン
追い込まれてしまった…

まさに絶体絶命
土壇場、崖っぷち…

しかしセンス溢れる
巧打の3番打者は
当然諦めてはいなかった!

本家投手の4球目──

外のスライダー
なんとか拾った打球は…

フラフラ〜っと
セカンドライトの間へ。

「落ちろ!落ちろ!落ちろー!」

日曜の昼下がり
この瞬間65%に到達した
北海道民の視聴率が影響?!

道産子の願い
通じた当たりは…

ポトリと野手の間に!

が、次の瞬間!

ライトに回った
田村主将から一塁へ
矢のような送球が〜(゚o゚;;

ま、まさかのライトゴロ?!

「セーーーーフ!!」

あっぶねぇ〜〜

早川クンもベンチも
そして北海道中が
安堵の表情を浮かべる中…

迎えるバッターは…

「4番キャッチャー岡田クン」

オカダのダが上がる
素晴らしいウグイス嬢の
美しいアナウンスに…

甲子園球場は、
大大大歓声に包まれる!!

皆さん知っているんですね。
鹿児島商戦の追撃アーチを☆

“岡田は諦めない!岡田は諦めない!”

大阪ABCの名実況が
最高に大好きなんだなぁ〜

しかし、初球でした…

本家投手の外の変化球
引っ掛けた打球は・・・

サード真っ正面…( ̄O ̄;)

あぁ、夏が、遂に終わった。

そう思った次の瞬間!!

サード西村クンの前で
打球がポーーンと跳ねた!!

「イ、イレギュラー?!?!」

これまた、、
鹿児島商業戦と同じ…

9回二死から!!
三塁手前の奇跡!!!

あの時は横に…
今回は頭上を跳ね…

なんと言うミラクル((((;゚Д゚))))

世界一とも呼ばれる
阪神園芸さんが整備する
甲子園球場において…

ありえない奇跡が。。

今、起きました。。

早川クン岡田クン
アグレッシブな好走塁で
二死ながら二、三塁…

一打同点の
大チャンスに迎えるは…

「5番ピッチャー角井クン」

カクイのイが上がる
アナウンスに球場全体から…

大きな、大きな、
割れんばかりの大きな拍手☆

すっかり大会の顔となった
頼れる背番号1・角井修(・∀・)

なんとなんと!
甲子園球場全体から
手拍子、そして角井コールが…

「カクイ!カクイ!カクイ!」

俗に言う“宇宙空間”が
完全に旭実の5度目のミラクル
期待しまくっています!!

一方で、、
この大会の帝京は
完全にヒールでした。

大会前──

激しい練習に嫌気がさした
レギュラー3年生3人が…

夏を前にチームを離れる。。

東東京大会──

「控えの投手に経験を積ませるため」

コールド勝ちとなるランナーを
三塁にとどめおき非難された。。

そして・・・

甲子園初戦──

優勝候補として乗り込むも
ラフプレーにブーイングが。。

北海道勢初の決勝を目指す
元気はつらつミラクル軍団と…

ヒールとなる要素が重なった
優勝経験のある東京の強豪校…

このコントラストに
スタンドは異常過ぎる
雰囲気となる中・・・

百戦錬磨の闘将
前田三夫は冷静でした。

たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業②〜

第77回
全国高等学校野球選手権大会

準決勝──

日曜の甲子園!
ベスト4の激突!

星稜vs智辯学園
旭川実vs帝京

見どころいっぱい!
たまらない好カード(≧∀≦)

甲子園のスタンドは
大観衆で埋め尽くされる。

この最高の舞台に…
北北海道代表・旭川実業が…

登場すると、
想像するだけで、
オッサン早くも涙腺崩壊(笑)

第1試合──

智辯学園との接戦を制し
決勝進出を決めたのは星稜!

その星稜高校と、
深紅の大優勝旗を争うのは…

本格派白木投手の
成長曲線が凄まじい。

東東京代表・帝京高校か?

実に4試合連続逆転
さらなるミラクルの予感。

北北海道代表・旭川実業か?

さぁ〜まず気になる
両校スタメン発表☆

先攻旭実の先発投手に
ざわめきが起こりました♪

銚子商業・敦賀気比
難敵相手に連続完投勝利
エース角井クンではなく…

背番号9の2年生

サイドハンド川村クンが
甲子園初先発(o^^o)

松山商戦の好救援
鹿児島商戦の粘投と
安定感が光る好右腕♪

右の強打者ズラリと並ぶ
帝京には有効かも(゚ω゚)

ほんわかした雰囲気は
大舞台に強そうだし(笑)

一方の帝京高校は
この日も2年生白木クン!

どっしりしてるなぁ
完全にエースの風格!!

試合を重ねるごと
評価を上げる剛腕の存在が
下馬評にも影響してか…

試合前、、、

帝京有利の声が
圧倒的多数を占める中…

プレイボール直後!!

まだサイレン
鳴り止まぬ中で〜

快音が響いた!!

旭実トップ坪崎クン
右中間を深々と破る
スリーベースで出塁すると…

続く2番山田クンも初球
センター前クリーンヒット♫

まさに電光石火!!
なんと2球で先制(゚ω゚)

さらにさらに〜
いきなりの猛攻は続く☆

3番気合いの早川クン
ライトへ見事な巧打!!

1点先制し
まだまだ続くよ
無死一、三塁(*⁰▿⁰*)

打席には
自信たっぷりの表情
4番岡田クン!!

前日の準々決勝。。

敦賀気比との激闘
大逆転サヨナラの勢いも
確かにあるでしょうが…

それにしたって打つ!!
旭実はよく打ちます!!

特に本格派には、、

素人オッサンによる
勝手なイメージですが…

まぁ〜半端ない( ˆoˆ )

話も年代も
脱線しちゃうけど。。

特に2006年
この世代が象徴的かも☆

彼らの強打は…

あの駒苫マー君を
ハンカチ世代で
最も苦しめたのでは…

さらに言うなら!!

田中マー君と共に
“北海道剛腕三羽ガラス”

そう呼ばれプロ入りも遂げた…

北照・植村クン
札幌日大・黒滝クン

彼ら140キロ級の
剛腕も滅多打ちにした
記憶が鮮明にあります(°▽°)

ただ、残念だったのが…

甲子園でその猛打を
発揮出来なかったこと…

おそらくですが
相手が悪すぎたかな。。

滋賀・北大津
巧すぎる軟投派
サイドハンド左腕に…

見事に抑え込まれ
悔しい惜敗でしたね〜

前年秋季近畿大会。。

1年生スラッガー
中田翔擁する大阪桐蔭を
確か延長14回くらい…
(ざっくりでスミマセン^^;)

見事抑え込んだ
最強の技巧派左腕
真田投手素晴らしすぎた!!

おそらく、、
相性ってあると思う(*_*)

もし他校の
本格派投手達であれば…

最強駒苫を
秋春と超苦しめた
あのチーム力。。

甲子園ベスト4
狙える力量あったと…

今でも勝手に思ってます☆

ごめんなさい!
話逸れまくりました・・・

そんな本格派投手に
強いハズ?!の旭実打線♪

剛腕白木クンから。。

初回のチャンスは…

岡田クン犠牲フライで続き
幸先よく2点を先制すると〜

2回表にも…

リップサービス最強
8番稲葉クンが特大弾!!

ムードメーカーの
浜風ノリノリな一発に
異常に盛り上がる旭実ベンチ☆

マウンドの白木クンは
ちょっとヒヤヒヤの表情。

ベンチからの
前田監督の気合いも
どこか上の空?!

4回表も連打連打で
天下の帝京を再逆転(゚o゚;;

旭 実 210 2
帝 京 112

いいぞー
いけるぞ旭実ぅ〜

しか〜し。。

21世紀で例えるなら…

“大阪桐蔭様”的存在
ラスボス帝京は…

当時ほんっと強かった!!

ユニフォームだけで
10点差つけられるイメージ☆

当然黙っちゃいない!!

4回裏──

8番大山クン
9番白木クン

共に地を這うような
強烈な当たりで
あっという間に無死一、二塁。

下位と言っても
恐ろしすぎる帝京打線

マウンドの川村クン
さすがに苦悶の表情…

ここで、遂に、、

込山監督が決断!!

川村クン降板ライトへ
ライト早川クンセンターへ

そしてセンターの
背番号1角井クンが
3連投のマウンドへ!!

迎えるはいきなり
猛打帝京の上位打線(・・;)

打席にはトップ田村クン。

いきなりの
痺れる場面にも…
エース角井修は冷静でした♪

自慢のカーブに
手応え掴んだ巧みな配球で〜

6ー4ー3の…
ダブルプレーだぁ!!

2番坂本クンにも
やはりカーブで…
サードゴロに打ち取ったぁ!!

ピンチ脱出
ナイスリリーフ
さすがエースだ〜(*´꒳`*)

ここから一気に
突き放したい旭実でしたが…

帝京もエースナンバー
本家クンが好救援!

さすが3年生
抜群の安定感だなぁ〜

やっぱり旭実は
技巧派より本格派が
得意なのかなぁ?!

本家投手から
突破口が開けない…

一方の角井投手も
天下の帝京打線に対し
的を絞らせない…

地方大会とは
もうまるで別人!!

甲子園が彼を
覚醒させた\(^^)/

岡田クンの
巧みなリードも光る☆

試合は膠着状態に・・・

旭 実 210 200 00
帝 京 112 000 0

共にロング救援
共に背番号1

角井クン・本家クン
両3年生投手による…

まさに迫力の投手戦。。

旭川実業
1点リードのまま…

遂に試合は
8回裏に突入!!

頑張れ旭実ぅ〜
ただ帝京がこのまま
勝たせてくれるとは思えん…

手に汗握る
準決勝第2試合…

予想外すぎる
凄まじいドラマが
待ち構えていました?!