たられば妄想北海道編 〜’99駒大岩見沢⑤〜

1999年8月

81回目の夏
いよいよ佳境

準決勝──

第1試合
駒大岩見沢vs智弁和歌山

凄まじい打球が飛び交う
スコア以上に激しい
珠玉の打撃戦!!

試合は8回、、

駒岩ヒグマ打線
好右腕井上クンを攻略♪

駒大岩 010 010 03
和智弁 010 210 1

一気に3点差を追いつき
イケイケムード全開の
駒岩ヒグマナイン☆

なんと視聴率
50%超えの北海道も
狂喜乱舞の大騒ぎ\(//∇//)\

しかし、、

大観衆の甲子園が
ざわつき始める…

8回ウラ──

誰もいないマウンド

ベンチから
古谷クンが…
出てきません(・_・;

疲労困憊の中、
激走にて長駆ホームイン。

その影響かな??

大丈夫だろうか…
どこか痛めただろうか…

思えば古谷クン・・・

新チーム結成直後
甲子園帰りの秋季大会は…

支部予選直前
虫垂炎の手術の為
ぶっつけ本番となるマウンド
(復帰後の全道では快投♪)

その後の神宮大会では…

翌春明徳を破り8強
実力校・三重海星相手に
コールドの大勝も…

確か死球を受け骨折。。
(無ければ神宮Vも?!)

それらの困難から
常に這い上がってきた
我らがヒグマのエース☆

治療?が長引き
騒つく超満員のスタンド

私もドキドキで
ビール無しでは見てられない(;´д`)

冷蔵庫に向かった
その時でした!!

アルプススタンド
さらには甲子園球場全体から
大きな大きな拍手に包まれ…

エースナンバー
古谷拓哉が帰ってきたぁー(ToT)

嬉しいけれど…
いや〜大丈夫かなぁ。。

投球練習見る限り
問題無いような…

しかし、、

驚異のパワフル1年生
6番武内クンへの
初球でした・・・

「グワラゴワガキーン!!」

ドカベン葉っぱの岩鬼??

強烈な打球音を残し
弾丸ライナーが
ライトスタンド突き刺さる…

5対6──

智弁和歌山
再び1点リード

それでも、、

気力を振り絞る
エースの背中に…

岩駒ナインが
燃えない訳が無い!!

7番本丸クンの
強烈な打球を
名手北道遊撃手!!

三遊間抜けそうな打球
深いところから
スーパープレイ(゚∀゚)

続く8番は川崎クン
現・明豊監督の
これまた痛烈な打球

今度は職人内田クン
軽やかにファインプレー(*´ω`*)

有名セカンドと言えば
常葉菊川町田クンですが…

いやいや内田クンも
凄いんですよー!!

極め付きは〜
9番でもこのパワー?!
井上クンの大飛球を…

レフト俊足高橋クン
背走!背走!背走ー!

追い付いた!
また捕った!

超超ファインプレー(*⁰▿⁰*)

佐々木啓司監督が
満面のヒグマスマイルで
ノリノリのナインを迎え入れる☆

最終回──

1点ビハインドとは
全く思えぬ雰囲気の良さ!!

鍛え抜かれた守備から
まさにリズムを作り
さぁヒグマ打線ショータイム♫

先頭は、、

北の安打製造機
止まらない北道クンが
大会18本目のヒット!!

もう目標の日本代表
確定ですねー( ̄▽ ̄)

松山商・水口クンの
安打数記録にあと1本と迫ると〜

送る気配は0%!!

闘将佐々木監督からの

「打てぇー!打てぇー!!」

ヒグマのような叫びを受け
4番北村クンも凄まじい打球(゚Д゚)

弾丸ライナーが
あっという間に三遊間を破る☆

さらに送る気配0%!!

ついて行くのが抜群に上手い
強気強気の5番鈴木主将が
引っ叩いた打球は・・・

浜風お構い無し!!

右中間スタンドへ一直線!!

駒岩ナインの

岩見沢の皆さんの

北海道民の夢を乗せー

入っっっったーーー( ; ; )

9回!逆転の!
3ランホーーームラン!!!

「痛烈!北海道の夢へまた一歩ぉ〜」
「北の大地の野球少年が凄いことをやってくれましたー!!」

ABCの名実況が止まりません…
わたすの涙も止まりません…

道産子の絶叫も止まりませーん!!!

その瞬間、
北海道の視聴率は
なんとなんと70%に達する。

9回ウラ──

猛打智弁和歌山の
怒涛の反撃を凌ぎ…

駒大岩 010 010 033=8
和智弁 010 210 111=7

勝った、、

遂にやりました、、

81回目の夏
遂に遂に道産子球児が…

夏は初となる
決勝戦の夢舞台へ!!!

テレビは特番特番また特番♪
新聞は号外求め人だかり殺到♪

1999年夏

北海道は
空前のお祭り騒ぎ。。

ただ…

ここまででした…

決勝──

駒大岩見沢vs桐生第一

北海道勢・群馬県勢

どちらが勝っても
初優勝となる大一番

先攻駒岩
怒涛の先制攻撃

吉田クンが出て
内田クンが送り

北道クンが
大会記録に並ぶ
19本目の安打を放ち

北村クン、鈴木主将、千代大海さん、高橋クン、真貝クン…

ヒグマ打線が
実に大会3完封
絶好調左腕正田クンから…

いきなりの4得点

駒大岩 4
桐生一

しかし、、

マウンドに
背番号1の姿は無く…

2年生菊地クン
左腕千葉広大クン
リリーバー小玉クン

さらにはベンチから
野手登録の西川クンと…

まさに総動員の継投も。。

左手首を負傷していた
古谷拓哉不在の投手陣が
打ち込まれてしまう…

それでも、、、

テーピングが痛々しい
古谷クンは時に笑顔を交え
ベンチから声を枯らし…

試合途中から
キャッチャーに入った
小田クンにも笑顔が…

3年生全員
甲子園球場の大舞台に立ち
その表情は実に明るい!!

桐生第一の猛攻は続くが…

いぶし銀プレイヤー
元レギュラーの代本クンが
ファインプレー連発♫

決して試合を壊さない!!

夏の終わりが
刻々と近づく終盤…

意地を見せるヒグマ軍団☆

極め付きは、、、

代打から出場
八重樫クンがなんと!!

大会3本目のホームラン(;ω;)

2桁背番号の選手で
しかも全て途中出場で
3本塁打は記録でしょうね♪♪

ヒグマナインが
佐々木監督さんが
満面の笑みで出迎える!!

明るい駒岩を
象徴するような
素晴らしい決勝のワンシーン

得点差こそ
付いたものの…

なんて爽やかな決勝戦\(^^)/

閉会式──

古谷クン、北道クン、鈴木主将…

目は真っ赤ですが
晴れやかな表情が印象的

唯一の2年生レギュラー
真貝捕手にはまだ涙が…

準優勝・駒大岩見沢高校!!

全国制覇の夢は
きっと、きっと後輩の皆さんが…

叶えてくれるかなヽ(;▽;)ノ

きっと・・・

たくさんの感動を
本当にありがとう!!

強豪オーラ全開
グレーのユニフォーム
ずっと忘れません。

ありがとう駒大岩見沢

駒岩魂は永遠に──

プロミス

コメントを残す

*