たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業⑩〜

LINE証券

1995年8月21日

第77回
‪全国高等学校野球選手権大会‬

決勝──

参加4098校の
頂点を懸けた死闘は…

いよいよ決着の時を
迎えようとしていました。。

星稜 100 010 113
旭実 100 000 002

6点差で迎えた、、

9回ウラ
旭川実業の攻撃は…

土壇場二死からの
“ミラクル”猛反撃!!

2点を返し
なお二死満塁!!

打席に向かうは・・・

「5番 ピッチャー 角井⤴︎クン」

77回目の夏
今大会最大音量!!

地鳴りのような
大歓声が沸き起こる
阪神甲子園球場!!

さらには・・・

「カクイ!カクイ!カクイ!」

なんと!!
この試合2度目の!!
カクイコール((((;゚Д゚)))))))

その時、、

星稜アルプスからも…

「ショーゴ!ショーゴ!ショーゴ!」

大音量の省吾コールを
涙ながらに絶叫する
女生徒も多数…(;ω;)

共に満身創痍の背番号1

マウンドに
星稜高校エース
2年生左腕山本省吾

右打席に
旭川実業エース
声を張る3年生角井修

まさに夏のクライマックス!!

その初球──

な、な、なんと!!!

一塁方向へ
プッシュバント?!?!

まさかの二死からの奇襲に
省吾クンのベースカバー
一歩遅れてしまった…

角井クン決死のヘッスラ!!!

「セェーーーーフ!!!」

座り込んだまま
角井クンしてやったりの表情で
渾身のガッツポーズ☆

愛すべき旭実のエースは
どこまでも強気だー(>_<)

ただ、やはり右肩が痛むか?!
一瞬かばう姿も見られ…

同じく省吾クンの様子も
やはりおかしい…

カバーの遅れは
故障の影響か??

4対7

3点差──

肩で息をする
マウンドの山本省吾。。

眼光こそ鋭いものの…

もう、ストライクが入らない…

制球力抜群の
黄金左腕が・・・

「ボール!!ファー!!」

なんと、、
ストレートのファーボール。

このイニング
2度目の押し出し!!

打席の岸部主将
ベンチに向かって
満面の笑みでガッツポーズ♪

5対7

遂に、遂に遂に…

2点差──

騒然!星稜サイド!!

星稜高校には
同じく2年生の好右腕
レフト長津クンも控え…

経験値も非常に高いのだが…

漢・山下智茂監督
エース山本省吾と心中か?!

令和の時代には、、

叩かれてしまう
選手起用かもしれない。

いや、きっと…
バッシング受けるでしょう。

ただ、この時代には
この時代の美学が…

監督と選手の間にしか見えない
男と男の絆がきっと
存在していたかと思います。

星稜高校エース
山本省吾続投──

その意図として
心中と共にあるのが…

続く、7番山崎クン
旭実スタメン唯一の左打者は…

この日省吾クンに全く
タイミングが合ってませんでした。

「2点差、2死満塁、打つだけだ…」

そう言い聞かせ…

ポケットの他界された
お母さんの写真を・・・

鹿児島商戦以上に
強く、強く握りしめて
打席に立った山崎クン!!

「あとひとり!あとひとり!」

星稜アルプスから…
石川県から…
北陸から…

響き渡る、
あとひとりコール

初球──

外いっぱい!
キレッキレストレート

山崎クン
手が出ないか…

ワンストライク!!

どこにこんな力が…
星稜山下監督の目に涙。

2球目──

外スライダー
山崎クン全くタイミング合わず
空振りで追い込まれ…

まさに、絶体絶命
遂に、遂に遂に崖っぷち

北北海道旭川実業。。

この時、甲子園球場全体から…

「あと一球!あと一球!あと一球!」

視聴率が90%を超えた
石川県からも絶叫にも似た
あと一球コールが・・・

時を同じくして
視聴率90%超え北海道民は…

札幌駅で、4プラ前で、
そして各家庭テレビの前で…

涙を浮かべ祈る事しか出来ない(T-T)

ただ、ベンチに目を向けると…

そんな状況でも
旭川実業ナインは。。

笑顔!笑顔!笑顔!笑顔!

ベンチが!スタンドが!

一塁ランナー
岸部キャプテンが!

二塁ランナー
エース角井クンが!

三塁ランナー
主砲岡田クンが!

み〜んな満面の笑顔♬

スゲェな…
本当に凄いよ
このチーム。。

ネクストの稲葉クンの
引きつった笑顔には…

山崎クンも
思わず笑顔(^-^)

そして、込山監督は
強く、頷き・・・

山崎クンも
強く、頷いた。

夏の終わりが
もうすぐそこまで
近づいてきました。

プロミス

コメントを残す

*