たられば妄想北海道編 〜’95旭川実業⑤〜

LINE証券

1995年8月

第77回
全国高等学校野球選手権大会

決勝──

旭川実vs星稜

北海道勢!
石川県勢!

どちらが勝っても
初優勝の決勝戦。

北の大地の夢叶うか…
北陸の悲願達成なるか…

試合を重ねる度に
人気が加速する両校☆

ミラクル旋風vsアイドル左腕

見所満載!!
注目の一戦に・・・

お盆明けの
月曜日ながらも…

甲子園は超超超満員(OvO)

当然私も有給消化(笑)

テレビの前に正座!
ビールとつまみも万全♪

その時、北海道地区は
試合開始前ながらも…

テレビ中継視聴率
驚異の60%!!

ほら〜やっぱり〜
みんな仕事してないって(^.^)

お盆休み明けの
北海道経済は…

昼どき一瞬
麻痺しましたね(笑)

北海が、札商が、
ヒグマが、旭川龍谷が…

これまで様々なチームが…

挑み続けた
夢のステージに。。

今、旭川実業ナインが
元気いっぱいに立っています☆

みんなニコニコ!
全くもって緊張感は
見受けられませんね〜♬

そんな旭実ナインの象徴
岸部主将もいい声出てます(^O^)

前日の準決勝
東の横綱・帝京との
死闘に決着をつける一撃…

“逆転満塁ランニングホームラン”

北海道高校野球史に
間違いなく語り継がれる
岸部クンの快打!!

各紙全て買い漁った
スポーツ新聞の一面にも〜

「岸部!岸部!岸部!」

感動の“逆転弾”を放った
キャプテンの名前が
紙面に踊りまくってます☆

新聞記者さんの記事って
心の琴線刺激するんだなぁ…

まさにプロフェッショナル!!

あぁ読み返すだけで…
泣けてくる〜(T ^ T)

それにしても。。

雄叫びを上げた岸部クンも
笑顔でチームを引っ張る岸部クンも

同一人物なんですよね〜

いやぁ本当に、
大したキャプテンだ( ̄∀ ̄)

では改めて、、、

両チーム勝ち上がり
振り返ってみましょう!

【石川代表・星稜高校】
▽2回戦 県岐商 3−0
▽3回戦 関西 4−2
▽準々決勝 金足農 6−3
▽準決勝 智辯学園 3−1

今大会屈指の左腕
2年生エース山本省吾投手を中心に
安定した戦いぶりで県勢初の決勝!

省吾クンを支える守備陣も
さすが北陸きっての名門
名将山下監督に鍛えられまくり!

ゴジラ先輩に憧れ
入部した選手達は精鋭揃い。

大型トップ中川クンから
下位まで隙の無い攻撃陣は
4季連続出場の選手も多数!

投・攻・走・守
全てに隙なし星稜高校♪

これは、本当に強いぞ〜〜

ただ気掛かりは…

省吾クン&三浦捕手
ケガの具合はどうなのか…

対戦校ながら
大好きな仲良しバッテリー
本当に心配ですね(・・;)

対する旭実の勝ち上がり!

振り返るとほんっとに
凄まじいスコアが並びます☆

【北北海道代表・旭川実業】
▽1回戦 松山商 5−4
▽2回戦 鹿児島商 15−13
▽3回戦 銚子商 4−2
▽準々決勝 敦賀気比 4x−3
▽準決勝 帝京 9−7

長い甲子園の歴史上
最大級のミラクル旋風で
遂に、道民悲願の決勝進出!

5試合連続逆転勝利
ドラマの立役者は
なんと言っても強力打線!

全ての打者がヒーローですが
早川クン・岡田クン・角井クン
クリーンアップは特に強烈。

角井クンは投げても
完全に甲子園で覚醒!
夏の主役に躍り出ましたね。

エースを支える川村投手に
込山監督自慢の守備陣も
歴史的快進撃を支えてきました!

ただエース角井クン
この日もマウンドに上がれば
酷暑の中、4日間4連投(゚o゚;;

当時は──

当たり前の日程でしたが…

決勝の夢舞台
注目の先発投手は?!

さぁさぁさぁ、、

試合開始前から
超満員の甲子園球場に…

両チームスタメン…

発表されましたよー♬

先攻・星稜高校
5 中川クン
8 小坂クン
2 三浦クン
3 信藤クン
6 今井クン
1 山本省吾クン
4 山崎クン
7 長津クン
9 石黒クン

後攻・旭川実業
4 坪崎クン
5 山田クン
8 早川クン
2 岡田クン
1 角井クン
6 岸部クン
3 山崎クン
7 稲葉クン
9 小森クン

今大会もうすっかりお馴染み
両チームスターティングメンバー☆

先発投手はやはり…

省吾クンと角井クン。。

気力を振り絞る
気迫の登板だなぁ…

角井クンも過酷だけど
省吾クン試合前の投球が…

全力投球ほぼ無いかと(゚o゚;;

将来もある大器
大きな故障だけは
なんとか避けてほしい。

満身創痍の星稜
省吾クン&三浦クン
バッテリーに加え…

トップの中川クンに
右本格派でもある長津クンも…

故障を抱えてるとの
情報があったが・・・

気力の星稜高校
ベストの布陣ですね。

敵ながら本当にあっぱれ!!

対する旭実は
ほんっっっとに元気♬

角井クンの
4連投は心配ですが…

試合直前でも、
ベンチはみんな超笑顔(⌒▽⌒)

特に饒舌な
レフト稲葉クン!!

彼のトークを中心に
決勝の舞台とは思えぬ
盛り上がりですね(笑)

そんな中・・・

鹿児島商戦以来のスタメン
ライト2年生小森クンのみ
緊張で表情硬いぞ〜(^-^;

今日は彼が、
キーマンとなる?!

控えの背番号9
川村投手はベンチスタート。

万全の状態での
リリーフ待機でしょうが…

彼の出番は
どのような場面で
あるのでしょうか??

さぁ、、

様々な想いを
巡らせていたら…

いよいよ
試合開始の時を
迎えました\(^ω^)/

旭川実業!星稜高校!

両校ナインが
元気よくベンチを
飛び出しましたー!!

いよいよ、、

77回目の夏──

日本一を懸けた
決勝戦が始まります!!

ドラマは…
初回から生まれました。

プロミス

コメントを残す

*