もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉒

こんにちは!
甲子園大好き芸人です。

球春到来──

センバツ出場校が決まり
プロ野球もキャンプイン♪

各チーム新戦力を中心に
とにかく期待感たっぷりの
ワクワクな話題ばかり(^^)

その中でもやはり!!

二軍キャンプスタートながら
大注目は吉田輝星クンですね〜☆

彼の一挙手一投足に
マスコミの皆さん
大移動で大変そー笑

そして輝星クンと共に
一緒に取り上げられるのが
ドラ5ルーキー柿木クン(^o^)

彼はほんっとにいい!!

輝星クンと仲良しながら
ライバル心むき出し〜♫

そりゃあ常勝
“TOINのエース”

甲子園優勝投手の
意地やプライド
当然ありますよね。

かつての、、
江川と西本のように…

因縁のライバルとして
お互いを高め合って。。

輝星と柿木の…

“二枚看板”
“ダブルエース”

なーんて、
呼ばれるようになったら〜

まさにドラマですね!!

そしてファイターズは
黄金時代が続きますね(^^)v

夏の甲子園から続く
二人の18歳右腕の物語。。

今からとにかく楽しみ!!

怪我だけは気をつけて
頑張ってほしいですね♪

そうそう・・・

怪我と言えば
少し心配なのが
大谷クンの回復具合…

開幕は間に合わないとか(^o^;

シーズンは長いですし
きっと大谷翔平であれば
ちょっと出遅れても…

そのくらいのハンデが
ちょうどいいくらい?!

僕の妄想上では、、

今季“ぶっちぎり”で
メジャーのホームラン王
獲ることになってますので!笑

無理せずに
万全の状態で
復帰してもらいな☆

今季も精一杯!
応援させてもらいます♪

さてさてさて、、、

独り言が…
長くなりましたが〜
そろそろ本題へ!!

いつもいつも、
壮大な夢を見させてくれる
世界の大谷翔平選手を…

オッサンが勝手に妄想した
“高校時代の妄想シリーズ”

毎度好き勝手、
記載させてもらってますが…

前回の続きを
本日もまた勝手に
進めさせてもらいます(^-^;

2012年・夏──

第94回全国高校野球選手権大会

マスコミの報道は
大谷、大谷、また大谷!

甲子園最速
“160キロ”の衝撃は
凄まじいものがあり・・

とにかく連日連夜
大谷クンの話題が
マスコミを賑わす中…

94回目の夏は、
遂に準決勝に突入☆

◆準決勝組み合わせ
①花巻東 ー 桐光学園

②光星学院 ー 大阪桐蔭

凄いベスト4だ。。

壮絶なドラマの予感大(゜゜)

第1試合──

共に甲子園の
新記録を樹立した
規格外エース対決!!

160キロ右腕vs23奪三振左腕

試合は
いよいよ終盤。。

7回を終えて──

花巻東 000 000 0
桐光学 000 020 0

ピッチャー松井クンが
まさにドンピシャ!
お見事2ラン(゜o゜;

“難攻不落”大谷クンから
初安打がまさかの・・・

貴重な貴重な一打となり
桐光学園が2点をリード。

その松井クンは
この日も快調~〜

7回迄、、
実に14奪三振!!

ただですね…
5回迄13奪三振の
超絶ハイペースから…

6回は奪三振1
7回はついに奪三振0

確実に捉え始めた
花巻東打線!!

しかも8回は〜
大谷クンに打席が回る!!

大谷クンも
前の打席は。。

2打席連続三振の後、
しっかり見極め四球を選んだ。

ミラクル左腕
松井祐樹にも
さすがに疲労の色が…

それもそのハズ・・・

7月・県大会──

大激戦区の神奈川。。

準々決勝の相手は
天下の横浜高校!!

1年生怪物コンビ
浅間クン高濱クン擁する
全国屈指の強豪相手に熱投☆

さらには、、、

準決勝では167球!
決勝でも151球!

計46イニング。
熱投に次ぐ熱投でした(*_*;

8月・甲子園──

全国の舞台においても
ここまで1人で投げ抜き…

炎天下の中。。

スタミナ自慢の
2年生サウスポーにも
ついについに限界が…

おそらく?!
優しい好捕手宇川クン…

準々決勝・東海大甲府戦

立ち上がりを
慎重に入りすぎ…

序盤失点を重ねた
反省踏まえての…

さらには、、

“大谷クンを意識した”

飛ばしに飛ばした
リードだったかも(^o^;

そんな…
予感は的中。。

8回表──

花巻東の攻撃!

1死1・2塁と好機を作り…

打席にはあの男が、、

『3番 ピッチャー 大谷クン』

場内アナウンスに
地鳴りのような大声援!!!

肩で息をする…
2年生左腕松井祐樹クン。

表情は苦しそう(・・;

その初球!!

ライトポール際へ一直線
超特大の当たりがー!!!

ついに、、
今大会5号ホームラン?!

PL学園清原和博選手に
並ぶのかー!!!

『ファーーーーール』

苦笑いの松井クン。

対象的に、、

不敵な笑みの大谷クン。

この後、
松井クン…
ストライクが入らない。

ストライクとボールも
ハッキリわかるように…

大谷クンが
しっかりと四球を選び…
ついに1死満塁!!!

恐ろしい特大ファール
見せられちゃったら…

そうなっちゃうよね~(-_-;)

ただ、、
バッターは巧打者
4番太田クン。

この打順の並び
本当に正解だと思う♫

未だに妄想します。。

ゴジラ世代の
星稜高校打線が、、

3番松井クン。
4番にエース山口クン。

打撃センスも抜群だった
山口哲治を控えさせる…

打順の並びだったら…

5打席連続敬遠も
無かったハズ。。

と、レジェンド清原さんも
言ってましたよー
確か…笑笑

『敬遠したら、桑田がおるで』

まぁ、そうですよね…

大量得点は必至だわ!!

この夏、、
何度も機能した
花巻東3・4番コンビ!!

終盤の山場。。

2点差ながら
1死満塁!!!

エースと4番の対決・・・

松井クン、抑え込めるか…
太田クン、捉えられるか…

東北勢初優勝へ。。

ドキドキすぎる
最大の山場が
やって来ました〜(^o^;)