高校野球『史上最強チーム』決定戦 ~時空甲子園~ (22)

LINE証券

こんにちは!
甲子園オタクです。

大注目の
早実・清宮幸太郎主将!

熊本での招待試合
高校通算93号は…

推定飛距離135メートル!
場外ホームラン\(^^)/

解説の赤星さんも
絶賛の技術力!!

春季大会や招待試合で
ここまで取り上げられるって…

本当に凄すぎる~

そして今日!
清宮クンにまつわる
新たな珍事件が(笑)

秀岳館vs早稲田実業

マニアにはたまらない!
全国屈指の好カードで
事件は起きました♪

プロ注目148キロ左腕
川端クンから
ヒットを放つなど…

2打数1安打2四球で
迎えた最終打席…

その打席を
迎える経緯が、、、

9回2死走者なし。

打席に2番雪山クンが入ると
秀岳館ベンチから
伝令がマウンドへ。

すると秀岳館のマウンド
こちらもプロ注
144キロ左腕田浦クンは…

雪山クンを敬遠!
スタンドからは拍手も(笑)

3番清宮クンに
打順が回る(^^)/

田浦文丸vs清宮幸太郎

注目の対決が実現!!

一ゴロに倒れ試合終了。
早実は1-5で敗れました。

個人的には
NHKの解説で大好きだった
鍛治舎巧監督!!

この一連の流れ…

オッサン個人的には
粋な計らいだと思ったな~

さてさてさて、、、
話題は変わりますが…

勝手に始まった
新・妄想ワールド!

高校野球
『史上最強チーム』決定戦
~時空甲子園センバツ大会~

47都道府県から
64の代表校を…

オッサンの
勝手な独断で選抜!!

では本日も、
時空を超えた出場校を
発表していきます♪

北から始まった選考は
ついについに
長野県まで来ました~

“長野=松商学園”

そう言い切っても
過言ではないでしょう♪

絶対的名門校が
最も輝いた世代は
満場一致でしたね~

◆長野代表
『松商学園’91』

春センバツ準優勝!
夏も堂々のベスト8!
文句なしの選出です(^^)/

長野の英雄
アイドル上田佳範が
投打に大活躍!

激戦ブロックを
勝ち上がったインパクト!

この世代は
本当に強かった~

ただ、松商以外にも
実力校が多数!
長野県勢は粒揃い!

松崎投手で
夏・初出場ベスト4
佐久’94世代
(ユニフォーム忘れ事件は笑った♪)

中原監督が就任
春・初出場ベスト8
長野日大’08世代

他にも…

オリックスのエース
金子千尋の母校
古豪・長野商業

丸子実業の
響きがまだ馴染む…
丸子修学館高校

記憶に残る
チームは数あれど…

やっぱり
松商学園’91世代は
断トツでしたー!!

まずは春センバツ!

大会前から打力が高く
潜在能力に
期待とありましたが…

優勝候補には、、、

夏春連覇を目指す
大型右腕谷口擁する
天理がまず本命!

続いて“初出場”の
国士舘と大阪桐蔭
新鋭の評価が高かった!

しかし、
ふたを開けると~

上田佳範投手の
快刀乱麻のピッチングが
続きましたー!!

▼1回戦
愛工大名電 3ー2

名電のエース
イチローから
上田クンが快打!

逆に上田投手は
巧打者イチローを抑え込み
接戦を制し初戦突破!!

▼2回戦
天理 2ー0

この年の巨人ドラフト1位
剛腕谷口功一を
一気の攻めで攻略!

大宅、大森、梅田、寺坂…
優勝戦士が並ぶV候補打線を
上田クンお見事完封!!

▼準々決勝
大阪桐蔭 3ー0

この年の選手権覇者
初出場ながら実力十分の
大阪桐蔭打線を…

上田クンまたも完封!
中原監督の威勢のいい
インタビューも印象的!!

▼準決勝
国士舘 1ー0

上田クンと菊池クン
屈指の好投手の投げ合い!

国士舘は強打者
石渡クンの存在も大きく
松商の苦戦も予想されたが…

上田クン3試合連続完封!
35イニング連続無失点!!

強豪ブロックを
一気に駆け上がり
長野県民大熱狂の決勝進出♪

▼決勝
広陵 5ー6×

9回サヨナラ負け…

荒井クンや辻クン
自慢の強打で
終始松商ペースも…

ついに、
上田クン力尽き降板。

最後は…

ライトに回った
上田クンの頭上を
僅かに越す打球…

惜しかった、
ただ燦然と輝く準優勝!!

たま~に思う
“たられば”ですが…

もしも、、、

初戦の名電戦
競り負けていたら…

イチローの
本来の能力が発揮され
名電が駆け上がったかも…

夏の愛知県大会
決勝戦も、、、

7割で3ホームラン…

驚異の数字を残した
イチローが
先発していたら…

そんな事言っても
キリがないけど…

世界のイチローの
高校時代の
“たられば妄想”

今度やってみたいなぁ(^.^)

当然、
この年の松商は
実力十分!!

夏も堂々の8強入り。

3回戦…

快速球左腕
井手元健一朗擁する
四日市工戦

延長16回
上田佳範サヨナラデッドボールは
真夏の名勝負でした。

準々決勝は…

打の松井秀喜・投の山口哲治
2年生コンビが活躍した
同じ北信越の星稜に惜敗…

デッドボールの影響
きっとあったかなぁ~

本調子であれば
時空甲子園でも
勝ち上がる能力は十分!!

古くからの
土手ファンの為にも
健闘を祈りますよー(^3^)/

プロミス

コメントを残す

*