高校野球『史上最強チーム』決定戦 ~時空甲子園~ (14)

LINE証券

こんにちは!
甲子園オタクです。

巨人のエース
菅野智之が凄いですね~

3試合連続完封の離れ業!!

菅野投手のお陰で
背番号41の斎藤雅樹が
映し出されましたね。

懐かし~(ToT)

斎藤投手以来
28年ぶりの快挙かぁ…

当時も分業制は
確立されていましたが
現在と比べたらまだまだ…

それだけに、
本当に価値のある大記録。

WBCを経験して
さらに一回り成長したかな♪

菅野智之と聞いて
最も印象深いのが…

WBC準決勝のアメリカ戦より
東海大学時代の活躍より

東海大相模高校時代…

最後の夏、
神奈川大会
準決勝・横浜高校戦

打者菅野クンが
なんとも珍しい
“振り逃げ3ラン”を記録!!

YouTubeで
何度もチェックしましたが
横浜渡辺監督が抗議も…

これは間違いなく…
“3ラン”ですね(^^;

難敵・横浜に
6-4で勝利したものの…

続く決勝戦
桐光学園に8-10で敗退。

エース菅野クンに
2年生スラッガー大田泰示

さらにはWBC日本代表
カープの田中広輔と
タレントが揃う
この充実世代を…

夏の甲子園で
見たかったな~

さてさてさて、、、

話題は変わりますが…

勝手に始まった
新・妄想ワールド!

高校野球
『史上最強チーム』決定戦
~時空甲子園センバツ大会~

47都道府県から
64の代表校を…

オッサンの
勝手な独断で選抜!!

神奈川県からは
前回の更新でも
記載をしましたが…

『東海大相模’75』
『横浜’98』

高校野球史に残る
伝説の2チームを
選抜させてもらいました♪

今回勝手に、
語らせてもらうのは…

元祖タテ縞
東海大相模高校、、、

冒頭で菅野智之の
出身校として
小話を記載しましたが…

智之クンの
実のおじいちゃん…

泣く子も黙る
原貢先生!!

福岡県三池工で
初出場初優勝を飾った
名将を東海大相模に
迎えてから…

あっという間に
強豪校の仲間入り!!

1970年
夏の甲子園
初優勝を飾ると…

1974年~76年の
3年間は…

日本中に
東海大相模旋風が
吹き荒れました!!

その中心は
なんと言っても…

原貢監督と
1年生スラッガー原辰徳の
親子鷹でした(^o^)

辰徳クンはアイドルとして
『輝け甲子園の星』を
創刊させる程の大スターに♪

人気に加えて
実力も十分!!

特に準々決勝
鹿児島実業戦は…

延長15回の激闘!!

鹿実のエース定岡正二との
アイドル対決に
惜しくも敗れたものの…

NHKが18時以降
教育テレビで
最後まで中継する
きっかけとなったのが…

この名勝負なのです♪

試合途中で
打ち切られた放送が…

視聴者からのクレームで
再度中継を行うって…

なんだか、
いい時代です(笑)

原辰徳と共に
1年生から試合に出ていた…

熊本からやって来た
凄い左バッター・津末英明

芸術的牽制とクソ度胸
小さな大投手・村中秀人
(投げ方かっこよすぎた~)

この3人を軸とした
東海大相模の3年間は
とにかく凄い人気でした。

人気の頂点は
’76世代でしょう♪

ただ、実績で言えば
原、津末、村中が2年生時
’75世代でしょう♪♪

ここが今回の
選抜ポイントでしたね。

春センバツは準優勝
夏の甲子園はベスト8

特にセンバツ決勝の
高知高校戦は…

原辰徳クンの
特大ホームランに始まり…

打つわ打つわの名勝負。

最後は延長13回
5-10で敗れはしましたが
“負けてなお強し”
そんなイメージでしたね。

印象的だったのは
2年の原クンが
ライバル杉村選手と
三塁ベース上で談笑!

『相手は3年生やで~』

そう思いつつも…

『都会の人は爽やかやな~』

やっぱり時代でしょうか。
印象的なシーンですね(^.^)

爽やかな辰徳少年でしたが
監督でもある父から…

相当量、
殴られたみたいです。

ただ…

夕食で辰徳クンに
おかずを勧めるなど…

温厚な父親の顔を
見せていた。

辰徳曰く…

『悪い言葉で言えば二重人格』
『よく言えば切り替えの名人』

昔の父親って
威厳あるなぁ。

ぶっちゃけビールも勧め…

父『ビールはいい肉が出来るんだ』

辰徳『俺は牛じゃない』

むか~しTVで
こんなやりとりが
あったハズ(^3^)/

その後、、、

東海大相模は
しばらく甲子園出場を
逃し続けた時代もありましたが…

かつてのエース
村中監督の元…

’92世代で見事な復活!!

吉田投手に小川投手で
センバツ準優勝!!

さらには貫禄たっぷり
門馬監督の元…

’00世代でセンバツ初優勝!!

筑川投手が懐かしい♪

ちなみに夏は…

あと一歩のところで
優勝を逃し続け…

1978年から2010年まで
実に33年間!
夏の甲子園に
出場出来ませんでした。

そのことから
『神奈川高校野球の七不思議』

ありがたくない
ネーミングまで(–;)

2006年から
3年連続で
神奈川大会決勝で敗退。

しかし、
一二三慎太を擁した’10世代

ついについに、
33年ぶり夏の甲子園に出場!
甲子園3度目の準優勝となった。

そして、
小笠原クン吉田クン
左右Wエースの’15世代!!

45年ぶり夏の全国制覇!!

出場の度に、
大型の魅力ある陣容で
登場する東海大相模。

今度も期待大ですが
門馬監督の体脂肪だけが
ちょっと心配かなぁ(^.^)

プロミス

コメントを残す

*