もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉜

LINE証券

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日のプロ野球は
侍JAPANのエース達が
それぞれ初登板でしたね。

今年は裏ローテが熱い♪

菅野と則本は
エースの貫禄!!

千賀や石川は
疲労が抜けないかな…

そして、
期待の藤浪晋太郎…

どうしちゃったんだ~(*_*)

あれだけ内角に抜けたら…

ヤクルトも怒るよ…
バレンティンも熱くなる…

潜在能力は球界随一!
誰もが認めるところ。

確か2年前。

オールスター戦で
森友哉とTVでの掛け合いが
最高に面白かった♪

藤浪クンは
ハキハキした
好青年のイメージ(^.^)

是非、大谷翔平クンの
“最高のライバル”として
一層の奮起を期待したいです!!

さてさてさて
本日も…

落合さんが巨人に入団
ついに7年連続日本一を達成した
妄想話の続きを綴りますね~

時は昭和62年
石原裕次郎さんが死去…

昭和の名作ドラマ
『太陽にほえろ!』
ついに終了してしまった…

そんな時代のお話です。

個人的には
殿下こと小野寺昭が
かっこよかったな~

◆1987年・9年目
.332 37本塁打 98打点

一昨年は三冠王
昨シーズンは二冠王

三冠王返り咲きを狙う
落合さん9年目シーズンは…

キャンプでの
“オレ流”スロー調整から
始まりました。

いつも凄いなぁ…
そう感心するのが
オープン戦の初打席!

なんと、
打席に“立つだけ”

投手のボールを見届け…
あとは退散(^^;

『今日は見るだけだから~』

帝王・落合博満の世界…

別格すぎて恐いです(笑)

そんな落合さんに対し
セ・リーグの強打者連中も
黙っていない!!

特に首位打者は
混戦を極めました。

序盤は中畑清が独走!
3割5分台をキープし
毎日が絶好調でしたが…

徐々に
落ちてきたところに…

正田、篠塚、落合
ポンセ、杉浦、吉村、バース…

セ界の強打者連中が
待ち構え大混戦に。

最終的には篠塚と正田が
なんと同率の首位打者に!!

落合さんは
僅か1厘差で届かず…

本塁打王は
伏兵が獲得しました♪

広島カープ
新外国人ランス選手!

39本塁打は
素晴らしいのですが…

打率は2割ちょい…

三振かホームランか
漫画のような選手でした(笑)

応援歌が
おニャン子クラブか
うしろゆびさされ組…

そんな感じだったハズ(^^;

こちらは落合さん
2本差で届かず…

打点王は
大洋ホエールズの
スーパーマリオこと
カルロス・ポンセ98打点!

落合さんも
最終戦で98打点として
“なんとか”タイトル獲得。

当時の落合さんに対する
要求の高さ具合(笑)

打点王で
物足りないって…(–;)

裏を返せば
とてつもない
落合博満の時代でした。

…と言う訳で
“1冠に終わった”
4番打者落合さんでしたが…

それでも巨人は…
強すぎた!!!

ぶっちぎりの
セ・リーグV8達成!!!

V9戦士よりも
凄いと言い切れる
V8戦士はこちら♪

【1987巨人オーダー】
7駒田.287 15本
6篠塚.333 7本
8クロ.300 28本
4落合.332 37本
5辰徳.313 36本
7吉村.322 30本
3中畑.321 6本
2山倉.273 22本

シーズン途中から
超大型トップ・駒田徳弘が定着!

2番~7番まで
6人の3割打者が続く(*_*)

クロマティの
ガッツポーズと
ばんざーいポーズ…

毎日見ている感覚です(笑)

8番には
有田に触発され
甦ったMVP男が座る!!

分厚い打線だぁ…

投手陣も
江川西本を押し退けて
ヤングジャイアンツが躍進♪

打線の強力すぎる援護で
若手が育つ育つ~(^.^)

2年目桑田真澄が
一気に17勝と飛躍!!

阿波の金太郎
水野も能力が完全開花し
12勝6セーブ!!

投攻走守のバランスに
経験値も最高水準。

日本シリーズも
パ・リーグ3連覇
西武ライオンズも圧倒!!

クロマティの返球が緩慢でも
辻発彦が神走塁を見せても…

怪物清原和博が
泣く間も無いほど…

圧倒的な力量
読売ジャイアンツが
日本シリーズ8連覇を達成。

遂に、夢の、V9へ…

死角は見当たりません。

阻むチームは人物は…
現れるのでしょうか。

プロミス

コメントを残す

*