もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑨

LINE証券

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日のテレ朝特番
『神様に選ばれた試合』
凄くよかったですね~

イチローとダルビッシュ…

投打の軸となる
二人の天才の心模様…

こういう番組
大好物です!!

侍戦士からの
イチローに対する
ストッキングの話…

言葉を超えた
男同士の物語に…

オッサンまた涙腺が(T_T)

あと、イチローが
ダルビッシュを
“ビッシュ”って呼ぶの…

個人的に、
ツボでした(^o^)

さてさて、、

今日もしっかり
お仕事中に…
妄想させてもらったので~

5年目を迎えた落合さん
勝手に妄想話
描いていきます♪

◆1983年・5年目
.336 27本塁打 94打点

ついに、
グランドからONが去り
新時代を迎えたプロ野球。

世間は、ファンは、
新たなスーパースターを
欲していました。

前年、江川卓を抑え
MVPを獲得した落合博満。

成長著しい人気者
若大将原辰徳。

さらには実績十分
メジャーリーガー
レジー・スミスが加入。

彼らが新章を迎えた
日本プロ野球界で
どのような活躍をするか?

寂しさと期待が
入り混じる中…
始まったペナントレースは…

長嶋巨人軍が圧勝!!!

堂々リーグ4連覇達成!!!

とにかく打つわ打つわ
3割打者が実に5人。

強力なラインナップを
振り返ってみましょう♪

【1983巨人スタメン】
8松本 .294 6本
9淡口 .302 10本
6篠塚 .307 13本
4落合 .336 27本
7スミス.285 28本
5辰徳 .312 36本
3中畑 .300 15本
2山倉 .254 6本

トップの
“青い稲妻”松本さん
セ・リーグ新記録の76盗塁!

ここから
“コンコルド”淡口さんが
規定打席に届く大活躍!

時に、篠塚さんと入れ替わり
3番打者として
勝負強さを発揮!

4番の落合さんは
この年、無冠ながら
打点を稼ぎまくり!

そして、
最大の“落合効果”
気軽に打てる
史上最強の6番打者として…

原辰徳!大爆発!!

中日大島康徳選手と並ぶ
36本塁打!!
見事ホームラン王獲得。
(大島さん…癌に打ち勝ってね)

さらには
打点王のタイトルも!!

2冠の大活躍に加え
無類の“勝負強さ”で
6番打者ながら
セ・リーグMVPに輝く…

東海大相模時代からの
辰徳ファンとしては…
感無量です(T_T)

これだけの面子に加え
“50番トリオ”
駒田徳広・吉村禎章ら
若手も台頭♪

チーム打率は実に
2割8分超え!!

脅威的な数字ですが…

最高記録を
ちょっと調べてみたら~

とんでもない
チーム打率が存在しました。

まずセ・リーグ記録!
1999年 横浜ベイスターズ

驚きの.294!!
まさにマシンガン打線!!

【1999 横浜スタメン】
6石井 .292 8本
8波留 .298 15本
7鈴木 .328 17本
4ローズ.369 37本
3駒田 .291 9本
9佐伯 .309 10本
5進藤 .286 14本
2谷繁 .295 11本

ピッチャーの9番除いたら
チーム打率3割ですよ…

なのに、3位って…
日本一の翌年に
ファンは悔しいですよね(>_<)

そして、、、

両リーグを通じてだと…

2003年 福岡ダイエーホークス

な、なんと.297!!
もう3割じゃん…

では脅威のラインナップを!

【2003ダイエースタメン】
8村松 .324 6本
5川崎 .294 2本
4井口 .340 27本
3松中 .324 30本
2城島 .330 34本
7バルデス.311 26本
Dズレータ.266 13本
9柴原 .333 4本
6鳥越 .212 1本

井口、松中、城島、バルデス
100打点カルテットなんて
呼ばれてましたね~

鳥越さんは…
守備の名手でしたから…

チームは見事に
日本一を達成しました!!

話を、、、

1983年の
強い強い巨人に戻します♪

投手陣も磐石でした。

怪物エース江川卓
努力のライバル西本聖
円熟のベテラン小林繁

さらに“50番トリオ”
快速球槙原寛己も加わり…

ベンチに並ぶ
長嶋監督・王助監督
ONコンビもホクホク顔(*^^*)

そんな中、
またひとりV9戦士が
グランドを去ります。

絶対的なV9エース
堀内恒夫…

引退試合で
彼らしいドラマが
生まれました…

プロミス

コメントを残す

*