もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑦

LINE証券

こんばんは!
甲子園オタクです。

地味な独身男の趣味は
妄想とDVD観賞♪

だいたい借りてくるのは
昭和の名作ドラマ

今日みたのはですね…
なんとなんと…
『金八先生part2』

人に話すと…

僕のチョイスに
クスッと
笑われちゃいます(^^;

まぁ、舞台が昭和55年
テーマは校内暴力ですからね~

かの有名な
“腐ったみかん”です。

ただ、ほんと、
金八が熱くて
泣けるんですよ(T_T)

生徒役も最高で…

加藤優は男気あるし
川上麻衣子は可愛いし
ひかる一平もいい味出てるし

沖田浩之は…
ダルビッシュに似てたな…笑

さてさて、
もうひとつの悪趣味
妄想の世界では…

プロ入り4年目
初タイトルの打点王を
獲得した落合さん♪

盟主・巨人の4番打者として
3年連続の日本シリーズに
挑みますよ~

◆1982年・秋

日本シリーズは
GL決戦となりました。

常勝・西武ライオンズ

ひとつの時代を
築きましたが…

黄金時代突入への
第一歩となったのは…

この1982年でした。

僕が物心ついた頃の
ライオンズは…

弱かったんですよー!!!

すぐ球団名変わるし
ユニフォームは奇抜だし
背番号が前番号になるし

九州から埼玉に来たら
いきなり開幕12連敗するし…

そんなライオンズを
久~しぶりの優勝へ導いたのが…

“管理野球”で有名な
広岡達朗監督でした。

僕にとっては…

名作おふざけアニメ
『がんばれ‼タブチくん‼』の
ヒロオカさんのイメージですが…
(若い方は???ですね…)

まぁまぁまぁ、
とっても厳しかったんですねー

当時の野球選手なんて…
夜遊びや暴飲暴食上等!!

それら全てを
シャットアウト!!

さらには
禁煙に禁麻雀!!

そうなると…

パンチパーマが
流行るような時代の
選手達は反発しまくり!!

東尾さんや田淵さんら
遊びが好きそうだった皆さんは
特に堪えたのでは…
※僕の勝手なイメージです(^^;

ちなみに、、、

東尾理子のパパ
石田純一のお義父さん
東尾修さんは…

大先輩の田淵幸一様を
おっさんと呼んでいたらしい…

さすがっす!!

色々あったみたいですが…

反発を乗り越え
広岡さんは成果を上げ…

根拠の無い勘や経験頼りの
昔ながらのプロ野球界に
科学的視点を取り入れ
常勝チームの基礎をつくりました♪

今では当たり前ですが
情報の少ない時代から
食事管理の徹底とか…

先見の明がある方って
心底尊敬しますね。

そんなレオ軍団の
V1メンバーはこちら!

【1982年西武スタメン】
6石毛 .259 15本
4山崎 .246 7本
5スティーブ.307 11本
D田淵 .218 25本
8テリー.292 25本
7大田 .279 17本
3片平 .277 14本
2大石 .185 1本
9立花 .251 1本

数字だけ見ると
巨人と比べ見劣ります。

投手陣も東尾さんに
兄やんとオトマツの
松沼兄弟が健在でしたが…

こちらも巨人と比べ
見劣りします。

期待の若手に
工藤公康や伊東勤が
出始めましたが…

まだまだ、
これからの選手でした。

日本シリーズ前の
評論家予想は
圧倒的に長嶋巨人!!

“さようなら王貞治”

そんな意味合いも含まれ
注目度の高かった
日本シリーズは…

予想外の展開に!!

3勝3敗…

最終第7戦迄
もつれ込みました。

“ケンカ投法”
エース東尾修を
リリーフに起用し…

抑えの森繁和と共に
後ろを磐石にした西武が
接戦を制し続け
食らいつく展開に。

昔からGL決戦は
もつれるのが宿命なのか…

さぁ、最終第7戦!

先発投手は
巨人・江川卓
西武・松沼兄

そして、
スターティングメンバー

両軍の4番打者には
巨人・落合博満
西武・田淵幸一

稀代のスラッガーが
名を連ねました。

プロミス

コメントを残す

*