もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉝

LINE証券

こんにちは!
甲子園オタクです。

ちょっと掃除を
頑張っていたら…

流れで、
押入れの奥まで突入♪

段ボールの底には…
大量の20世紀CD軍団!

長渕剛さん!
改めて感動しました。

とにかく歌詞が凄い!
特にバブル期のアルバム!

名作ドラマ『とんぼ』
久々に観たくなってきた~

小川英二さんに
久々に会いたい。

出来たら、
続きも観てみたい(^-^)

『とんぼ』も名作ですが
僕の妄想でも名シーンが
始まろうとしています。

時は2012年…

夏の甲子園・決勝
花巻東(岩手)ー大阪桐蔭(大阪)

TVに…
映し出される
凄すぎる数字に…

胸が踊ります。
夢じゃないんですよね…

大谷翔平(3年)
今大会の成績
14打数6安打11打点
.429 5本塁打

5本塁打って…

ついにタイ記録
ほんっとにすげぇ……

第94回全国高校野球選手権大会

決勝戦は
1回裏・花巻東の攻撃。

ここまで
30イニング連続無失点
大阪桐蔭のエース藤浪クンが
うるさい1・2番を打ち取り…

大谷クンvs藤浪クン
夢のライバル対決
第1ラウンド!!

193㎝と197㎝
ここまでの大型対決は
かつてあったかなぁ…

1987年・夏の甲子園

尽誠学園の伊良部秀輝と
浦和学院の鈴木健の
夢の対決がいきなり初戦で
ぶつかったのは…

遡ること25年前。
この時もド迫力で
凄すぎるって思いましたよ~

選手の大型化が進む
現代の高校野球。

それでも、
大谷クン藤浪クン
これ以上の選手はもうさすがに…

そんなこんな
想いを巡らせていたら
画面の表示に!!

『155㎞』

うおぉぉぉー!!!!

地鳴りのような大歓声…
藤浪晋太郎投手
自己最速を更新。

大会史上歴代2位タイの
恐ろしい直球が決まった。

気合満点の藤浪クン
ここまで表情に表れるんだ~

冷静に対峙する大谷クン
その2球目!

藤浪クンのスライダーを
見事に捉えた打球は…

ピンポン玉のように
ライトポール際へ
一直線!!!

清原選手を
超えちゃうの~?!

『ファーーール!!』

一体どこまで飛んだのー?
大観衆からの
どよめきが止まらない…

藤浪クン森クン
凸凹バッテリーも苦笑い。

ありがたい仏のような
西谷監督の表情でさえ
漫画の汗マークが
付いたかのような顔立ちに…

一方、
沸き上がる花巻東ベンチ。

このチームの一体感は
どこから来るんだろう。

“日本一雰囲気のいいチーム”
オッサンのイメージでは
そんな感じがします。

まさしく
THE・高校野球って感じ。

佐々木監督って
人格者オーラ全開ですもんね。

結局、大谷クンを歩かせ
4番太田クンは捉えた打球も
サードライナーでチェンジ。

大桐蔭 0
花巻東 0

157キロに155キロ
そして歴代最長飛距離であろう
超特大のファール…

期待高まる決勝は
1回を終了。

両チーム無得点ながら
ドラマの予感漂う
滑り出しとなりました。

プロミス

コメントを残す

*