2017年センバツ 大会10日目    ~準決勝展望・清宮記録更新へ~

LINE証券

こんばんは!
甲子園オタクです。

明日から、
お仕事の方も多いのでは?

もう少し…
ゴロゴロしていたいけど…
いっちょやりますかー!!

さぁ、妄想の世界では
2017年春センバツ
ついに準決勝に突入♪

●第1試合
早稲田実業(東京) – 東海大市原望洋(千葉)

両校 今大会勝ち上がり
『早稲田実業』
◆1回戦
高岡商 10-4

◆2回戦
静岡 2x-0 (9回サヨナラ)

◆準々決勝
履正社 8-7

『東海大市原望洋』
◆1回戦
市呉 3-1

◆2回戦
福岡大大濠 1-0

◆準々決勝
明徳義塾 2-1

大会前から注目度No.1の早実。
清宮クン3本・野村クン2本と
マスコミを賑わす大砲二門が
劇的ホームランの共演!!

5番の雪山クンも絶好調。
巧みなバットコントロールで
打点を稼ぐ“嫌がられる”存在に。

投手陣も中川クンら
下級生投手陣が踏ん張り
経験豊富な服部クンが
締めるパターンが確立。

一方の東海大市原望洋は
完全男・金久保クンが
絶対的エースとして君臨。

27イニングで
ここまでわずか2失点と
安定感抜群のピッチング。

完全試合達成の2回戦。
9回にMAX更新の
151キロを記録するなど
無尽蔵のスタミナも驚異。

注目の首都圏対決は
金久保クンvs清宮クン
どんなドラマが生まれるか。

そしてなんと言っても
清宮幸太郎の
大会新記録に注目が集まります!!

●第2試合
大阪桐蔭(大阪) – 札幌第一(北海道)

両校 今大会勝ち上がり
『大阪桐蔭』
◆1回戦
前橋育英 6x-5 (9回サヨナラ)

◆2回戦
仙台育英 5-3

◆準々決勝
日大三 11-9

『札幌第一』
◆1回戦
高田商 11-5

◆2回戦
福井工大福井 8-6

◆準々決勝
滋賀学園 4-2

大阪桐蔭は若き新怪物・根尾クンが
投攻守全てに存在感を発揮。
大車輪の活躍でチームを牽引。

チーム打率も4割を超え
藤原クン中川クンら上位打線は
2年生中心ながら
さすがのポテンシャルを発揮。

ただ、計算出来る投手が
今大会に限っては根尾クンのみ。

その根尾クンが準々決勝
デカプリオ金成クンから
強烈なピッチャーライナーを受け…
 
休養日を挟むとは言え
その影響が心配されます。

対する札幌第一も
チーム打率は実に.429
上位下位ムラのない打線は驚異!

若干の攻めあぐねが
懸念されますが
宮沢クン・高階クン・佐藤クンら
昨春経験者が悔しさをぶつけ…

一気に注目株に浮上した
3番打者柴田クンが
そのセンスを遺憾なく発揮!

『来年は根尾と野村、そして柴田や…』

ネット裏常連の
ラガーさんとは毛色の違う
ダミ声オヤジの評価も高まってます。

札幌第一に追い風が吹く今大会。

根尾クンの負傷も幸運ですが
準々決勝は背番号10前田クンが
2失点完投と地力も付いてきました。

ネームバリューでは大阪桐蔭。
ただこの試合も…
札幌第一が“ひと暴れ”する…

そんな予感が高まります。

春と夏の違いはありますが
駒大苫小牧以来
北海道勢3年連続の
ファイナル進出なるでしょうか…

プロミス

コメントを残す

*