たらればプロ野球

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑮

こんばんは!
甲子園オタクです。

侍JAPAN!
WBC開幕5連勝!!

強い!凄い!
本当に連日面白い(^o^)

みーんな大好きになった
山田哲人選手!

少年への約束通り
“ハッキリわかる”
豪快なホームラン2本!!

履正社高校の
恩師・岡田監督は
少年への言葉に対し…

『ホンマに言うたんか?』
爆笑して質問したそうです。

それに対して山田選手は…
『また球場に来てほしいんで』

何度聞いても、
いい話や~(T_T)

小久保監督のインタビューも
凄く良かったですね♪

ホークスの4番を張る
内川選手に対して…

彼のプライドを尊重しつつ
感謝の意を伝える発言に…

たまらなく、
嬉しくなりました。

チームとして
日々成熟していく
侍JAPAN!!

世界一の予感大です\(^^)/

さてさて、
僕の妄想ワールドでは…

今から33年前の
日本シリーズが
始まろうとしています♪

◆1984年秋

日本シリーズの組み合わせは
巨人vs阪急と決まりました。

なんと言っても注目は
阪急の4番打者
怪物・ブーマー!!

驚異的なパワーで
三冠王に輝いた打撃で
巨人の5連覇を防げるか?!

ブーマーを筆頭に
阪急ブレーブスは
強打者ズラリです。

【1984阪急ラインナップ】
7福本.258 9本
6弓岡.304 6本
9簑田.280 26本
3ブーマー .355 37本 130打点!
5松永.310 19本
D小林晋.277 13本
4福原.268 6本
2藤田.287 22本
8山森.205 6本

投手陣も
大エース・山田久志14勝!
奥尻島出身・佐藤義則17勝!

そして…
酒仙投手・今井雄太郎21勝!!

若い方々は
知らないでしょう。

伝説の飲酒投球を…

“ノミの心臓”と
呼ばれるほど気が弱く…

極度のあがり症の
“ブルペンエース”

1972年 対南海戦

トリプルスチールを
決められる程に
キョドってしまう(^^;

※三塁ランナーは
なんと野村克也。
鈍足ノムさんにやられた…

しかし、、、

1978年
新投手コーチ・梶本隆夫が
無類の酒好きに目をつけ…

ビールを飲ませてから(凄い…)
マウンドにあげたところ、
別人のような好投!!

眠っていた才能が…
一気に開花!!

1978年8月 対ロッテ戦

史上14人目の
完全試合を達成!!!

昭和のエピソードって…
めちゃくちゃで面白い(*_*)

対するジャイアンツ。

こちらの4番打者も
本塁打・打点の
“二冠”を達成した
落合博満が君臨はする。

5連覇に向け…
王貞治政権
初の日本シリーズ。

国民栄誉賞監督に
世界のホームラン王に
負けは許されない。

眉間のシワが…
深まります。

カープを大逆転をした
充実の戦力はこちら。

【1984巨人ラインナップ】
7松本 .259 3本
6篠塚 .334 12本
8クロウ .280 35本
4落合 .328 37本
3中畑 .294 31本
5辰徳 .288 29本
9吉村 .342 13本
2山倉 .241 12本

このメンバーに加え…

大リーガー・レジースミス
左殺し・山本雅夫
お尻プリプリ・淡口憲治
満塁男・駒田徳広

ベンチも凄いわ~

投手陣も…

江川・西本・小林繁の
三本柱に加えて…

槙原・定岡・加藤初に
鹿取・中条・角ら
コマが豊富。

さらに“若手”の
斎藤雅樹がシーズン
4勝0敗と頭角を表し…

ドラフト1位
“阿波の金太郎”
水野雄仁が終盤に来て…

快速球を武器に絶好調!!

池田高校で
甲子園を沸かせた右腕が
ムードを一気に盛り上げる♪

見所たっぷり日本シリーズ。

三冠王vs二冠王
4番打者対決以外にも…

江川卓vsブーマーウェルズ
日米怪物対決

山田久志vs落合博満
秋田県の英雄対決

ドラマの予感が高まる
1984日本シリーズは…

秋色に染まった
後楽園球場で
プレイボールです!!

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑭

こんばんは!
甲子園オタクです。

今回のWBCは
ほんっとに面白い!!

そんな中、
またまた心温まる話が♪

日曜日の
死闘オランダ戦

8回裏、
日本屈指の中継ぎ左腕
“百戦錬磨”宮西尚生が…

まさかの、
満塁のピンチを招き降板。

ファイターズの同僚
増井浩俊は…

『絶対に助けてやろうと思った』

その言葉通りの
火の玉ストレートを連発!!

気迫溢れる表情も
最高に良かった…

そして見事に
大ピンチを凌ぐ。

ベンチから
真っ先に駆け寄る宮西…

苦楽を共にする
ファイターズの
リリーバーだからこそ…

支え合ってきた
男の熱き友情…

こういう話
大好きだなぁ(T_T)

世界一奪還へ…

がんばれー
侍戦士達!!!

さてさて、

妄想ワールドでは…

入団6年目の
落合さんが…

巨人軍V5に向け
苦戦を強いられてました…

◆1984年5月

首位の広島カープが
大きく独走中!!

名将・古葉監督が
壁から半分だけ姿を表し
ニンマリする毎日

ミスター赤ヘル・パンチ山本浩二
とにかく休まない・鉄人衣笠
背中が冷蔵庫・ルーキー小早川

千両役者が
揃っていましたー!!

【1984広島カープスタメン】
9山崎 .319 6本
6高橋慶彦 .303 23本
3小早川 .280 16本
7山本浩二 .293 33本
5鉄人衣笠 .329 31本
8長嶋 .276 13本
4アイルランド .254 6本
2達川 .244 7本

投手陣も
エース格ズラリ♪

16勝の山根!(懐かし…)
平野ノラでお馴染み北別府!
軟式から這い上がった大野!

さらにさらに…

ピアノのCMまで出た川口に
“炎のストッパー”津田恒実…

赤ヘル軍団の
快進撃の前に…

絶対的優勝候補
読売ジャイアンツは
5割を行ったり来たり…

強い強い
広島、中日との差は
なかなか縮まりません。

そこで、ついに、
世界の王貞治監督が
動きました。

4番・落合博満の復活!!

それと共に完成した
大逆転Vへの新オーダー!!

7松本
6篠塚
8クロマティ
4落合
3中畑清
5辰徳
9吉村禎章
2山倉

落合さんの前に
出なきゃいけない
プレッシャーから解放された
青い稲妻・松本が走る!!

この年の
首位打者・篠塚が
右に~左に~♪
巧打連発!!

日本野球に慣れた
クロウは連日のアーチ!
チューインガムが膨らむ!!

御大・落合博満は
どこであろうと打ちまくる!!

まさに、オレ流…

絶好調・中畑清は
飛躍の一年
自己最多31ホームラン!!

“史上最強の6番打者”
返り咲き?!
気軽になった原さんは…
やっぱり能力高いんです!!

固まらなかった
7番には…

3年前のセンバツ甲子園
PL学園優勝キャプテン
天才打者・吉村禎章
遂に頭角を表す!!
(背番号は55でしたね♪)

強力打線が機能し
夏場には連戦連勝の
快進撃!!!

王監督の眉間のシワも
徐々に消え…

文化人(どんな人?!)となった
長嶋茂雄氏も…

日テレナイターの
スペシャルゲストとして
毎晩饒舌に語りまくる♪

いわゆるひとつの…
キーが高いですね~♪♪

9月には、、、

広島と巨人のデットヒート。

そんな中、
篠塚利夫が打つ打つ打つ!

草野球でも
みんな流し打ちを真似♪

落合博満も負けじと
打つ打つ打つ!

熾烈を極めた
首位打者争いは…

結局6厘差で…

長嶋チルドレン篠塚利夫
初の首位打者獲得!
オートバックスも大喜び(^-^)

篠塚・落合を中心に打ちまくり
投ではベテラン加藤初さん
“鉄仮面”が大車輪の活躍!!
(ご冥福をお祈り致します…)

最後は…

王者・ジャイアンツ
徳光さんも、ヨネスケさんも涙!
広島東洋カープを大逆転!!

見事にリーグ5連覇を達成!!!

さらに…
個人タイトル争い…

落合さんは
こちらも絡んでいました!
打点王争い!!

シーズン最終戦
鉄人衣笠と並ぶ102打点!

見事2度目の
打点王を獲得!!

本塁打王も…

中日宇野勝との
デットヒートを経て
最後は“敬遠合戦”の末に…

共に37ホームランで終幕。

ホームラン王も獲得し
落合さん初の二冠獲得!!

首位打者争いの
6厘差を考えると…

“三冠王”のタイトルは
すぐそこまで来ていました。

ただ、パ・リーグには
現実に三冠王を達成した
怪物打者が存在しました。

阪急ブレーブス
ブーマー・ウェルズ

2メートル100キロの怪物が…
日本シリーズの対戦相手です。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑬

こんばんは!
甲子園オタクです。

WBC日本代表!
侍戦士がチーム一丸!!
感動の勝利でしたね(T_T)

おそらく、
職場や学校など
皆さんそれぞれの環境で
話が盛り上がったのでは?

まずなんと言っても
主砲・中田翔!!
男気溢れる5打点!!

インタビューも
後輩思いで最高でした(^o^)

菊池涼介は
野球を普段見ない方にも
すっかり大人気ですねー

メジャーも驚く鉄壁の守備!
ジャパニーズ忍者ですよ♪

千賀、増井、則本の
気迫溢れるストレート

青木、内川、牧田の
経験組の冷静なナイスプレー

どれもこれも感動して
話が尽きないですが…

最も感動をくれたのは
キャッチャー小林誠司!!

本当に素晴らしかった!!

もうラッキーボーイなんて
呼べないですね♪

打撃も当然
素晴らしかったですが…

彼はとにかく、
後ろに逸らさない!!

小久保監督執念の継投策…

9人の侍投手陣の
低目の物凄い変化球を
よくぞ受け止めてくれました。

本当に、本当に…
野球はやっぱり面白い。

さてさて、
オッサンの独り言
長くなってしまいましたが…

久しぶりに
趣味の妄想に入ります♪

落合さん
6年目のシーズンは…

球史に残る
ペナントレース
“大混セ”となりました。

◆1984年・6年目
.328 37本塁打 102打点

懐かしの…

フジテレビ看板番組
『プロ野球ニュース』では…
(何故無くしたんだろう)

開幕直前恒例の
順位予想が各解説者から
発表されていました。

カール大好き
別所毅彦氏や
悲運すぎる名将
西本幸雄氏から

“若手”解説者
エモヤンこと
江本孟紀氏まで…

なんと、全員一致で…

セ・リーグの優勝予想は
巨人・巨人・巨人の…
オンパレードでした!!!

それもそのハズ…

四年連続
日本一を達成中。

江川卓・落合博満
投打の絶対的柱を筆頭に…

若大将・原辰徳
絶好調・中畑清
みんな真似した・篠塚利夫

彼ら主力に加え…

青い稲妻・松本匡史
意外性の男・山倉和博
現役大リーガー・レジースミス

個性溢れる面々。

圧倒的な攻撃陣に加え
投手陣も…

鬼のシュート・西本聖
ベテランハンサム・小林繁
顔が変わったね・槙原寛己

リーグ屈指の先発陣!

超絶アイドルでした・定岡正二
左横手から快速球・角三男
ピッチャー鹿取・鹿取義隆

中継ぎ・抑えも豊富。

充実の陣容は
若手や中堅が中心。

V9を超えるのでは…
そんな期待の声も上がる中…

国民栄誉賞監督
王貞治新政権がスタートします。

しかし、、、

昭和59年・春

超攻撃野球掲げた
世界のホームラン王
王貞治監督は…

開幕戦で
驚きのオーダーを
発表しました。

【1984巨人開幕オーダー】
9松本
4落合
8クロマティ
5辰徳
7スミス
6篠塚
3中畑清
2山倉
1江川

2番打者・落合博満!!

世界の王貞治
だからこそ出来る
超攻撃オーダーに…

当時の解説者は
昭和を生き抜いた猛者達。

相手が…
国民栄誉賞だろうが
非難轟々!!

金田正一や青田昇から
ノムさん張さんまで
皆々様言いたい放題!!

ただ、これが、
当たるカタチに…

出塁して走る予定の
トップ松本大不振…

2番落合は
安定した成績も…
制約のある打撃に
周囲から“もったいない”の声…

3番は新外国人クロマティ
まだまだ日本野球に
慣れてません…

新4番原辰徳
プレッシャーから
チャンスで
ポップフライ連発…

5番レジースミス
実績十分のメジャーリーガーも
年齢には勝てず…

とにかく、繋がりません。

絶対的優勝候補が…

5月の声を聞いても
なんと5割を
行ったり来たり…

王監督のトレードマーク?!
眉間のシワが
徐々に出始める中…

投手王国
広島カープが快進撃!

恐竜打線
中日ドラゴンズも猛追!

読売ジャイアンツ
V5へ黄信号…

そんな中、
4番打者・落合博満
復活待望論が
広まっていました。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑫

こんばんは!
甲子園オタクです。

今大会のWBCも…
めちゃくちゃ面白いですね!

改めて野球って
ドラマがあるなぁ。

中田翔と筒香クン
スカッとしましたー!
ありがとう!!

お立ち台の
二人の掛け合いも
微笑ましかったー

最後のハグには
爆笑しました(^-^)

個人的には
キャッチャー小林誠司が
ヘロヘロの岡田俊哉に
『ど真ん中に来い』の一言が…

なんだか頼もしくて
嬉しかったですね♪

放心状態の岡田クンが
ピンチを切り抜けましたからねー

今後の小林捕手に期待大!

そして、今日は職場でも
この話題で持ちきり!

山田哲人選手の“いい話”

ホームラン?!を捕っちゃった
話題の中学生クンに…

『またグローブ持って観に来てね』
『練習してもっと大きいHR打つから』

なんて、いいひとー!!!

少年も救われましたね~

職場の全員が一気に
山田哲人ファンになりました(^o^)

さてさて、

妄想ワールドでは…

昭和58年、球史に残る
日本シリーズが…

ついにクライマックスを
迎えようとしています。

◆1983年11月7日

日本シリーズ第7戦
巨人vs西武

ONがグランドを立ち去り
新時代元年と呼ばれた
1983年の日本プロ野球。

新たな時代の
球界の盟主は
どちらとなるのか…

超満員の西武球場に
日本中からの
熱視線が送られました。

第3戦以降、
先制したチームが負け続け…

その内容も
逆転に次ぐ逆転の連続で
屈指の名勝負となり…

視聴率は、連日40%!!
(当時は全てデーゲームですよ…)

ミスター管理野球
クールでDRYな
天下の広岡監督でさえ…

『もうどちらが勝ってもいいや』

そこまでの
心境になったと言う程…

死闘、激闘の連続でした。

前日の雨により
中1日空いて
月曜日のデーゲーム。

埼玉所沢は
ちょっぴり冷えますが…

第一次長嶋茂雄政権の集大成
ラストゲームでもあり
スタンドの熱気は最高潮!!

昔の日本シリーズは、、、

デーゲームだったので
授業中に先生の計らいで
テレビ観戦
出来たりすると…

本当に嬉しかったな~♪

長嶋茂雄監督から
『総決算は総動員で行く』

その言葉通り
三本柱を全て投入!!

先発・江川卓
中継ぎ・小林繁
抑え・西本聖

江川卓から小林繁への
リレーって…

感慨深いものが…

後の、、、

1994年 10.8
国民的行事と謳った
巨人vs中日の優勝決定戦でも…

先発・槙原寛己
中継ぎ・斎藤雅樹
抑え・桑田真澄

この究極の継投で
優勝を勝ち取ったように…

江川卓も小林繁も…

シリーズ4ホームラン
田淵幸一を軸とした
ライオンズ強力打撃陣を
見事に抑え込む。

一方の西武投手陣も…

松沼兄やん→オトマツの
兄弟リレーから
左殺しの永射保を挟み
森繁和、東尾修のリレー

必死の防戦!!

安打記録・打率記録
二つの新記録を狙う
4番落合博満も
ノーヒットに抑え込む。

ついに、無得点のまま
延長に突入…

重苦しい、
試合展開が続く中…

思わぬ形で
均衡が崩れます。

延長10回表

淡口、篠塚と倒れ
打席に4番落合博満。

東尾修の内角攻め
鋭いシュートが
ユニフォームを掠める。

『デッドボール!!』

ここから
レジー・スミス
原辰徳と連打!!

打席には…

このシリーズ
絶好調では無かった
中畑清が鼻息荒く登場!!

『かっ飛ばせー!キ・ヨ・シー!!燃えろー!!!』

お馴染みの応援歌が
レフトスタンドから
大音量で鳴り響く♪♪

憧れの恩師
長嶋茂雄監督のラストゲーム

打ちたい、絶対に勝ちたい、
有終の美を飾ってほしい…

その想いが…
乗り移った打球が…

得意の右中間方向へ!!!

伸びて、伸びて、
グングン伸びて…

入ったー!!!
満塁ホームラン!!!

涙のガッツポーズ中畑清。

ベンチの長嶋監督・王助監督
ONコンビが抱き合って絶叫。

マウンドの東尾修は…
崩れ落ちた。

2塁ベースを回り
涙の中畑清に
駒澤大学の後輩
石毛宏典も祝福のポーズ…

この時ばかりは
鼻の穴が誇張される
ムードメーカー石毛さんも
超真顔で悔しさを露に…

その数分後、、、

力尽きた
西武ライオンズ

西本聖が必殺シュートで
デッドボーラー
金森栄治を打ち取り…

あっという間に
歓喜の輪が…

長嶋茂雄監督が
カクテル光線に照らされ
何度となく宙に舞う。

涙の、胴上げ。

そして、
長嶋茂雄と落合博満が
熱い包容を交わす。

歓声と拍手が
いつまでも、いつまでも
鳴り響いた。

▽日本シリーズ第7戦
巨人 000 000 000 4=4
西武 000 000 000 0=0
(西)松沼兄、松沼弟、永射、森繁、東尾ー伊東、大石
(巨)江川、小林、西本聖ー山倉
【本】中畑①

ありがとう。
長嶋茂雄監督。

4連覇を置き土産に…

1958年・昭和33年から
日本中に夢と希望を与えてくれた
長嶋茂雄が遂に…
ユニフォームを脱ぎました。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑪

こんにちは!
甲子園オタクです。

昨日のWBC!
痺れましたねー!!

メジャーリーガー
青木宣親の存在感

熱男松田宣浩の
世界一元気なプレー

小林誠司のラッキーと
山田哲人のアンラッキー

筒香の素晴らしい4番の仕事に
中田の盗塁、菊池の好守備、
坂本に、石川に、則本に…

ほんっとに
みんな素晴らしい!!

世界一へ
最高の船出ですね\(^^)/

それにしても…

山田哲人の
ホームランボール?!

キャッチした
あの中学生クン…

勝ってくれて
心底ホッとしたでしょ!笑

よかったよかった(^o^)

さてさて、
妄想ワールドでは…

盟主巨人の
4番・落合博満

伝説の日本シリーズ
GL決戦に挑みます。

◆1983年・秋

日本シリーズの
組み合わせは…

前年に続き
巨人vs西武の黄金カード!

この年のパ・リーグ覇者
西武ライオンズは…

本当に強かった!!

後の常勝軍団を
強く予感させる戦いで
ペナントを圧倒。

充実の戦力は
ご覧の通り!!

【1983西武スタメン】
6石毛 .303 16本
4山崎 .287 18本
5スティーブ.321 17本
D田淵幸一 .293 30本
7大田 .297 20本
3片平 .278 19本
9テリー.278 38本
8立花 .309 8本
2大石 .210 4本

投手陣も充実!!

石田純一のお義父さん
東尾修の18勝を筆頭に…

松沼兄弟、杉本、
ヒゲが整ってた高橋直樹と
5人の10勝投手が誕生!

抑えには中日新監督
森繁和が控えており
34セーブを記録!

シーズン86勝で
貯金は実に46!!

広岡監督以下
管理野球が浸透した選手達は
打倒・巨人
雪辱に燃えています。

同じく、
セ・リーグを圧勝した
ジャイアンツは…

9年間続いた
長嶋政権のラストイヤー

マスコミの注目も
選手の意気込み
思い入れが違います。

V9戦士が晩年を迎える中
地獄の伊東キャンプを始め…

天下の長嶋茂雄に
徹底的に鍛え上げられた
若手選手達が…

現在の主力選手。

長嶋茂雄にV4で
有終の美を
飾ってもらいたい…

その想いは
シリーズ中の
プレーに繋がります!!

松本匡史が走りまくり
篠塚利夫が流しまくり
中畑清が絶好調と吠えまくり

そして落合博満が、、、

第6戦迄に
23打数13安打!
打ちまくりました。

率にして
実に.565!!

6試合終了時点で
V9戦士・柴田勲に並ぶ
最多安打記録!!

5番に絶好調レジー・スミス

さらには
“史上最強の6番打者”
原辰徳も勝負強さを
発揮しているだけに…

落合さんとの勝負は
避けられません。

それでも3勝3敗…

前年に続き第7戦迄
もつれ込む展開…

死闘と呼ぶに相応しい
連日の接戦、延長、サヨナラ…

読売ジャイアンツも
西武ライオンズも
改めて、強かった。

本当に強かった。

安打記録が
落合博満ならば…

本塁打記録は
田淵幸一が更新するのか…

注目が集まります。

ペナントレース
わずか83試合で…
30本塁打をかっ飛ばした
男・田淵さん!!
(規定打席未満30発は史上初)

シリーズでも
豪快に4ホームラン!!

あと一本で
日本シリーズ新記録!!

昨年に続く第7戦は
昨年に続く両軍4番打者の
“ホームラン競争”が
あるのでしょうか…

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑩

こんばんは!
甲子園オタクです。

WBC!
いよいよ!
始まりましたね!

世界一奪還へ
胸踊る毎日が始まる…

血圧気をつけよ(^^;

先発メンバーは…
D 山田哲人
4 菊池涼介
8 青木宣親
7 筒香嘉智
3 中田翔
6 坂本勇人
9 鈴木誠也
5 松田宣浩
2 小林誠司

ピッチャーは石川歩

ワクワクする、、、

どんなドラマが…
生まれるか…

とにかく、
応援します!!!!

さてさて、
妄想の世界では…

V9エース
堀内恒夫さんの
引退試合が始まりました。

◆1983年10月22日

舞台は後楽園球場
曇り空のデーゲーム

背番号18堀内恒夫
現役最後の試合です。

8回表から登板。
大洋ホエールズの攻撃を
見事三者凡退で打ち取り…

後楽園球場に
温かい拍手が沸き起こる!

その裏、、、

『ホリさんまで回そうぜ~』

強打者としても
活躍をした堀内さん。

現役最後の打席に
立って欲しい…

そんな願いが込められた
ベンチの声でした。

それもそのはず!
通算21本塁打!!

若き日には
悪太郎の名でも知られた
天才ピッチャーは

野球センスの塊でした。

極めつけは…

1967年
堀内恒夫19歳の秋…

驚きの…
3打席連続ホームランを記録!!

4打席連続を
狙った打席では…

見事なセンター前ヒット。

それに対し堀内さんは…

『ちっ、仕方ねぇ』
『ノーヒットノーランでも狙うか』

仕方ねぇの意味が…笑

そして…
ノーヒットノーラン達成!!!

大谷翔平もビックリの
快記録を持ってます(^o^)

だからこその…

『ホリさんまで回そうぜ』

言葉通り…
なんと回りました…

駒田、石渡、クルーズ
山本功児、吉村、鈴木康友…

優勝決定後の試合
主力はベンチにいます。

若手、控え、助っ人…
皆がひとつになって
ホリさんまで回りましたー!!

そのホリさん…
自身最終打席で…

打ちましたー
なんと豪快ホームラン!!!

これには後楽園が揺れた…

ベンチの長嶋監督・王助監督
ONコンビもビックリ…

まだ眉間に
シワの無い王さん。

目を真ん丸にして
大喜びです♪

主力の原、中畑、篠塚に
普段クールな
落合博満も大興奮♪

テレビ中継では
お母さんにインタビュー
涙、涙です。

昔のこういうのいいね…
復活してほしいなぁ。

“エース”堀内恒夫が
リーグ4連覇に
花を添えてくれました。

さぁ日本シリーズ
相手は宿敵西武ライオンズ
2年連続のGL決戦。

ジャイアンツのV4は…
達成されるでしょうか。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑨

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日のテレ朝特番
『神様に選ばれた試合』
凄くよかったですね~

イチローとダルビッシュ…

投打の軸となる
二人の天才の心模様…

こういう番組
大好物です!!

侍戦士からの
イチローに対する
ストッキングの話…

言葉を超えた
男同士の物語に…

オッサンまた涙腺が(T_T)

あと、イチローが
ダルビッシュを
“ビッシュ”って呼ぶの…

個人的に、
ツボでした(^o^)

さてさて、、

今日もしっかり
お仕事中に…
妄想させてもらったので~

5年目を迎えた落合さん
勝手に妄想話
描いていきます♪

◆1983年・5年目
.336 27本塁打 94打点

ついに、
グランドからONが去り
新時代を迎えたプロ野球。

世間は、ファンは、
新たなスーパースターを
欲していました。

前年、江川卓を抑え
MVPを獲得した落合博満。

成長著しい人気者
若大将原辰徳。

さらには実績十分
メジャーリーガー
レジー・スミスが加入。

彼らが新章を迎えた
日本プロ野球界で
どのような活躍をするか?

寂しさと期待が
入り混じる中…
始まったペナントレースは…

長嶋巨人軍が圧勝!!!

堂々リーグ4連覇達成!!!

とにかく打つわ打つわ
3割打者が実に5人。

強力なラインナップを
振り返ってみましょう♪

【1983巨人スタメン】
8松本 .294 6本
9淡口 .302 10本
6篠塚 .307 13本
4落合 .336 27本
7スミス.285 28本
5辰徳 .312 36本
3中畑 .300 15本
2山倉 .254 6本

トップの
“青い稲妻”松本さん
セ・リーグ新記録の76盗塁!

ここから
“コンコルド”淡口さんが
規定打席に届く大活躍!

時に、篠塚さんと入れ替わり
3番打者として
勝負強さを発揮!

4番の落合さんは
この年、無冠ながら
打点を稼ぎまくり!

そして、
最大の“落合効果”
気軽に打てる
史上最強の6番打者として…

原辰徳!大爆発!!

中日大島康徳選手と並ぶ
36本塁打!!
見事ホームラン王獲得。
(大島さん…癌に打ち勝ってね)

さらには
打点王のタイトルも!!

2冠の大活躍に加え
無類の“勝負強さ”で
6番打者ながら
セ・リーグMVPに輝く…

東海大相模時代からの
辰徳ファンとしては…
感無量です(T_T)

これだけの面子に加え
“50番トリオ”
駒田徳広・吉村禎章ら
若手も台頭♪

チーム打率は実に
2割8分超え!!

脅威的な数字ですが…

最高記録を
ちょっと調べてみたら~

とんでもない
チーム打率が存在しました。

まずセ・リーグ記録!
1999年 横浜ベイスターズ

驚きの.294!!
まさにマシンガン打線!!

【1999 横浜スタメン】
6石井 .292 8本
8波留 .298 15本
7鈴木 .328 17本
4ローズ.369 37本
3駒田 .291 9本
9佐伯 .309 10本
5進藤 .286 14本
2谷繁 .295 11本

ピッチャーの9番除いたら
チーム打率3割ですよ…

なのに、3位って…
日本一の翌年に
ファンは悔しいですよね(>_<)

そして、、、

両リーグを通じてだと…

2003年 福岡ダイエーホークス

な、なんと.297!!
もう3割じゃん…

では脅威のラインナップを!

【2003ダイエースタメン】
8村松 .324 6本
5川崎 .294 2本
4井口 .340 27本
3松中 .324 30本
2城島 .330 34本
7バルデス.311 26本
Dズレータ.266 13本
9柴原 .333 4本
6鳥越 .212 1本

井口、松中、城島、バルデス
100打点カルテットなんて
呼ばれてましたね~

鳥越さんは…
守備の名手でしたから…

チームは見事に
日本一を達成しました!!

話を、、、

1983年の
強い強い巨人に戻します♪

投手陣も磐石でした。

怪物エース江川卓
努力のライバル西本聖
円熟のベテラン小林繁

さらに“50番トリオ”
快速球槙原寛己も加わり…

ベンチに並ぶ
長嶋監督・王助監督
ONコンビもホクホク顔(*^^*)

そんな中、
またひとりV9戦士が
グランドを去ります。

絶対的なV9エース
堀内恒夫…

引退試合で
彼らしいドラマが
生まれました…

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑧

こんばんは!
甲子園オタクです。

引き続き
金八先生part2に
ハマり続け…

一気に最終回まで
見てしまいましたー

独身男の
なんて地味な…
休日なんでしょう(^^;

海援隊の主題歌
人として~♪
イントロ流れただけで
泣けるようなりました!笑

クライマックスの
荒谷二中に乗り込んだシーン…

『加藤ー!松浦ー!』

金八っつぁんの絶叫……

中島みゆきの
名曲『世情』が流れ
護送車を加藤優の母親が
追うシーン………

ダメだ、また泣ける(T_T)

最後は金八先生が
加藤と松浦をぶっ叩いて…

『貴様達は俺の生徒だ』
『忘れんなよ、忘れんなよ…』

抱きしめる…

名作すぎます!!!

しかも叩いたシーンは
なんと武田鉄矢のアドリブ…

昭和のドラマって
重厚で素晴らしいですね。

独り言が…
長くなりすぎましたが…

僕のもうひとつの悪趣味!
妄想ワールドを
今日も勝手に進めまーす。

落合さんにとって
プロ入り4年目
総決算の1日は…

野球史に名を残す
1日となりました。

そして、、、

900号ホームランを達成した
王選手兼助監督にとっても…

24年間のプロ生活
最後の公式戦でした。

◆1982年10月31日

日曜日の後楽園球場
超満員のスタンドから
鳴り止まぬ大歓声。

長嶋ジャイアンツ
見事に三連覇達成の瞬間。

球場には、
興奮と共に
大記録の余韻が…
未だに収まりません。

パイオニアのネオンが
眩しく懐かしい
後楽園の電光掲示板に
激闘を物語るスコアが…

▽日本シリーズ第7戦
西武 310 040 000=8
巨人 201 202 20X=9
(西)松沼兄、永射、東尾、森ー大石
(巨)江川、加藤初、鹿取、角ー山倉
【本】田淵①② 落合①②③ 王①

両軍の4番打者に
痺れました…

共に稀代の
天才アーティストですが
1982年シーズンは
全く別の道程でした。

落合博満は
スターダム一直線。
初タイトル打点王に加え
MVP候補と言われる大活躍。

一方の
がんばれタブチクン…
いえ、田淵幸一は
打率2割そこそこと低迷。

シリーズにおいても
全試合安打の落合に対し
田淵は1割台と苦しみました。

しかし、天才と呼ばれ
ミスタータイガースとも
謳われた男は…

最後の最後で
やってくれました!!

絶好調の先発江川卓から
見事な先制アーチ!!
(昔は第1戦先発すると、4戦も7戦もフツーに先発でした。そりゃ大変だ…)

さらに5回、
田淵幸一らしい
高々と舞い上がる
逆転満塁ホームラン!!

しかし、
天才落合博満は…
田淵さんを上回る
3打席連続ホームラン!!!

1982年時点では
憧れの長嶋茂雄以来の
日本シリーズ記録。

右に左に
バックスクリーンに…

放り込む度に…

まだまだ若かったミスター!
『ヘイ!オチ!グッド!』
『スリーホームラン!OK!』

落合さんに横文字並べて
最大級の喜びでお出迎え♪♪

田淵と落合…

東京出身のエリートと
秋田出身の紆余曲折の人生…

顔立ちや発言も含め
比べてみると面白いですね。

シリーズ史に残る
“ホームラン合戦”に
世代交代の予感も感じました。

そして、、、

7回裏

巨人は…
長嶋監督が出てきて…

『代打 ワンちゃん!』

世界のホームラン王
王貞治が
現役最後の打席に…

球場全体から
鳴り止まぬ大歓声と拍手…

ついにグランドから
ONが消える日が来ました。

日本の高度経済成長の
象徴でもあったON…

ひとつの時代が終わった。

涙を流すファンも多数…
おそらく徳光さんも(T_T)

そんな王さんが
ヤングジャイアンツに
最後の贈り物…

シリーズ大車輪の活躍
ロングリリーフ東尾修から…

打った瞬間、
それとわかる…

巨人の日本一を…
引き寄せる…

ライトスタンドへ一直線
豪快な豪快な
決勝ホームラン!!!!

別の意味で、
サヨナラホームラン。

日本中が涙しました。

当然、選手達も涙。
長嶋監督の目にも
熱いものが…

秋の夜の
後楽園球場。

カクテル光線に照らされ…

長嶋監督に続き
王貞治の胴上げが
何度も、何度も…

繰り返し行われました。

“長嶋ジャイアンツ3連覇”

長嶋茂雄が
手塩にかけて育て上げた
現状の若き布陣を考えたら…

本当にV9の再現は
可能ではないでしょうか。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑦

こんばんは!
甲子園オタクです。

地味な独身男の趣味は
妄想とDVD観賞♪

だいたい借りてくるのは
昭和の名作ドラマ

今日みたのはですね…
なんとなんと…
『金八先生part2』

人に話すと…

僕のチョイスに
クスッと
笑われちゃいます(^^;

まぁ、舞台が昭和55年
テーマは校内暴力ですからね~

かの有名な
“腐ったみかん”です。

ただ、ほんと、
金八が熱くて
泣けるんですよ(T_T)

生徒役も最高で…

加藤優は男気あるし
川上麻衣子は可愛いし
ひかる一平もいい味出てるし

沖田浩之は…
ダルビッシュに似てたな…笑

さてさて、
もうひとつの悪趣味
妄想の世界では…

プロ入り4年目
初タイトルの打点王を
獲得した落合さん♪

盟主・巨人の4番打者として
3年連続の日本シリーズに
挑みますよ~

◆1982年・秋

日本シリーズは
GL決戦となりました。

常勝・西武ライオンズ

ひとつの時代を
築きましたが…

黄金時代突入への
第一歩となったのは…

この1982年でした。

僕が物心ついた頃の
ライオンズは…

弱かったんですよー!!!

すぐ球団名変わるし
ユニフォームは奇抜だし
背番号が前番号になるし

九州から埼玉に来たら
いきなり開幕12連敗するし…

そんなライオンズを
久~しぶりの優勝へ導いたのが…

“管理野球”で有名な
広岡達朗監督でした。

僕にとっては…

名作おふざけアニメ
『がんばれ‼タブチくん‼』の
ヒロオカさんのイメージですが…
(若い方は???ですね…)

まぁまぁまぁ、
とっても厳しかったんですねー

当時の野球選手なんて…
夜遊びや暴飲暴食上等!!

それら全てを
シャットアウト!!

さらには
禁煙に禁麻雀!!

そうなると…

パンチパーマが
流行るような時代の
選手達は反発しまくり!!

東尾さんや田淵さんら
遊びが好きそうだった皆さんは
特に堪えたのでは…
※僕の勝手なイメージです(^^;

ちなみに、、、

東尾理子のパパ
石田純一のお義父さん
東尾修さんは…

大先輩の田淵幸一様を
おっさんと呼んでいたらしい…

さすがっす!!

色々あったみたいですが…

反発を乗り越え
広岡さんは成果を上げ…

根拠の無い勘や経験頼りの
昔ながらのプロ野球界に
科学的視点を取り入れ
常勝チームの基礎をつくりました♪

今では当たり前ですが
情報の少ない時代から
食事管理の徹底とか…

先見の明がある方って
心底尊敬しますね。

そんなレオ軍団の
V1メンバーはこちら!

【1982年西武スタメン】
6石毛 .259 15本
4山崎 .246 7本
5スティーブ.307 11本
D田淵 .218 25本
8テリー.292 25本
7大田 .279 17本
3片平 .277 14本
2大石 .185 1本
9立花 .251 1本

数字だけ見ると
巨人と比べ見劣ります。

投手陣も東尾さんに
兄やんとオトマツの
松沼兄弟が健在でしたが…

こちらも巨人と比べ
見劣りします。

期待の若手に
工藤公康や伊東勤が
出始めましたが…

まだまだ、
これからの選手でした。

日本シリーズ前の
評論家予想は
圧倒的に長嶋巨人!!

“さようなら王貞治”

そんな意味合いも含まれ
注目度の高かった
日本シリーズは…

予想外の展開に!!

3勝3敗…

最終第7戦迄
もつれ込みました。

“ケンカ投法”
エース東尾修を
リリーフに起用し…

抑えの森繁和と共に
後ろを磐石にした西武が
接戦を制し続け
食らいつく展開に。

昔からGL決戦は
もつれるのが宿命なのか…

さぁ、最終第7戦!

先発投手は
巨人・江川卓
西武・松沼兄

そして、
スターティングメンバー

両軍の4番打者には
巨人・落合博満
西武・田淵幸一

稀代のスラッガーが
名を連ねました。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑥

こんばんは!
甲子園オタクです。

今週のモーニング!
『バトルスタディーズ』
マエケンのインタビュー含め
最高の内容でしたね~

“DL学園”の
ユニフォームを着た
表紙の前田健太イラストも
最高だったなぁ♪

“刑務所よりツラい”
そう言われてきた
PL学園の野球部寮…

漫画のワンシーンで
もう一回、
1年生をやり直すなら…

なんぼ積まれたら
やってもいい?

この質問に3年生が…

『100億』
『2兆』
『美女8000人』

それでもイヤや!

思い出すだけで
ゲー吐くわって!!

どんだけ…笑

作者がPL野球部出身
なきぼくろ先生だけに…

話がリアルで恐いわ~

ただ救いとして、
マエケンとなきぼくろ先生の
インタビューは
微笑ましかったなぁ。

さてさて…

漫画どころか
絵心0%オジサンは
本日も勝手な妄想で
楽しみたいと思います(^o^)

◆1982年・秋

江川卓と落合博満
投打の主役が健在の
長嶋ジャイアンツ。

充実の陣容に加え
王貞治900号達成フィーバー
日本中が沸きました。

そして引退を決意した
王選手兼任助監督の為にも
優勝で花道を飾ってあげたい。

それが選手とファンの
切なる願いでした。

この時代は…

連日当然のように
巨人戦中継が行われ
高い高い視聴率を
誇っていました。

そんな毎日ですから
全国に巨人ファンが
めちゃくちゃ存在しました♪

ざっくり極端に言えば
日本中がジャイアンツ優勝を
祈るムードの中…

デットヒートを繰り広げた
チームがありました。

策士・近藤貞雄監督率いる
中日ドラゴンズ!!

この年は強かった~

まずは充実の先発陣!

“カーブの握りで牽制球”
16勝左腕エース・都裕次郎

“台湾から来た若武者”
時代の先駆者・郭源治

“スピードガン導入のきっかけ”
鬼フェイスの速球王・小松辰雄

そして抑えには…

“浪商の番長って本当なの?”
理論派ストッパー・牛島和彦

加えて、
晩年だったとは言え
天下の星野仙一も健在!!

星野vs落合
牛島vs落合

そんな因縁の対決も
妄想ワールドでは存在します♪

吼える星仙に
(昔の人はホシセンと呼んだ)
対峙する落合…

いや~
面白そうだー!!

加えて打撃陣も
素晴らしかったのです。

【1982中日スタメン】
9田尾 .350 14本
8平野 .288 4本
5モッカ.311 23本
3谷沢 .280 21本
7大島 .269 18本
6宇野 .262 30本
2中尾 .282 18本
4上川 .227 2本

モッカ好きだったなぁ…

名手平野謙さんは
解雇予定を近藤監督が
才能を見抜いたらしい♪

さすが!
“スーパーカートリオ”の
名付け親だ~

秋深まり
ペナントレースは…

逆転、また逆転の
歴史的デットヒート!!

熾烈な首位争いの
決め手になったのは…

最後の巨人中日
天王山3連戦!

▽第1戦
いぶし銀・河埜決勝打
定岡が完投15勝目!

▽第2戦
小林繁好投に角が好救援
絶好調中畑清サヨナラ打!!

▽第3戦
鹿取の好ロングリリーフ
最後はホワイトが
サヨナラホームラン!!!

篠塚・落合・原の
クリーンアップが
目立たなくなるほど…

神憑り的な全員野球で
後楽園決戦を
3タテで制した
ミラクル長嶋巨人!!

このまま勢いに乗って
見事にリーグ3連覇を
果たしました。

さぁ、1982日本シリーズは
因縁のGL決戦!!

イケイケの長嶋ジャイアンツ
管理野球の広岡ライオンズ

かつての
三遊間コンビが…

対照的なカラーの
チームを率い激突!!

落合博満vs田淵幸一

対照的な
4番打者対決が
シリーズの鍵を握る…

そんな予感も大ですね(*^^*)