もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑯

こんばんは!
甲子園オタクです。

松方弘樹さんが
お亡くなりになりましたね。

ヤクザ映画など活躍された
“昭和の大スター”
なんでしょうけど…

僕的には『元気が出るTV』の
すぐ泣いちゃう
照れ屋さんのイメージ…

高田純次さんの
テキトー感と共に
好きだったなぁ。

ご冥福を
お祈り致します。

さてさて、
今日も仕事中…
妄想全開でしたー

2012年
季節は夏真っ盛り!

第94回全国高校野球選手権大会

準々決勝・第3試合

春夏連覇を目指す
王者・大阪桐蔭が…

昼寝から目を覚ますと…

札幌第一 003 000 0
大阪桐蔭 000 000

0対3?!

負けてる…

札幌第一は3回
長打力満点の1・2番

巨漢・斉藤慎次郎クン!
サラブレッド主将・高石クン!

まさかの連続アーチ!!

背番号10ながら
全国屈指の好投手
澤田クンから3点先制!!

ただ、おおよその野球ファンは…
『ちょっとは面白なるやん』
そんな感じだったでしょう。

ところがところが!
本日の札幌第一先発
知久投手は…

最高の出来!
まさに神ピッチ!!

知久クンは好不調の波が
激しめですが…

この日はまさに
絶好調day!!!

南北海道大会・準決勝
前年の選抜ベスト8
対北海戦もキレッキレでした。

好投手玉熊クンも
キレてましたが
それ以上にキレッキレ♪

増量トレで築いた
重く伸びのある直球が
天下の大阪桐蔭を封じ込める。

バックも
捕手・村田クン
遊撃手・高橋クン
左翼手・加勢クン

能力の高い野手陣が
好守を連発!!

聖光学院斎藤監督が
『全国5指に入る』と評した
力量はホンモノ。

斎藤監督さすがです。

しかし…

この流れを
簡単に変えてしまう
二人の男が立ちはだかる…

藤浪晋太郎クンと森友哉クンの
超高校級凸凹バッテリー!!

リリーフ藤浪クンは
全く危なげのないピッチング。

流れを徐々に引き寄せ…

7回裏

下位と言っても
全国クラスの強打者
笠松クン妻鹿クンが
好機を演出し…

打席には…

『1番 キャッチャー 森クン』

天下の藤浪クンが
冗談で“森さん”と言う程の
ふてぶてしい面構え!

この顔に飲まれてしまった?!
知久クンのボールが
真ん中高めに…

かぶせるように
“しばいた”打球は…

小柄な体からは
信じられない勢いで
右中間スタンド一直線!!!

森クンの今大会2号!
春も合わせると甲子園第3号!

劇的同点3ラン!!!

札幌第一 003 000 0
大阪桐蔭 000 000 3

あっという間の同点劇。
マウンドの知久クン呆然…

畳み掛ける大阪桐蔭。
連打で再度チャンスを作り…

復活の4番田端クン
あっさり犠牲フライで
大阪桐蔭勝ち越しに成功。

後続は強気な2年生
横内クンがピシャリでしたが…

春の王者の
マウンドには藤浪晋太郎。

なんとなんと“完全救援”

結局…

準々決勝・第3試合
大阪桐蔭 4ー3 札幌第一

北の実力派
横綱に詰め寄るも
無念の逆転負け。

投手の交代機って
すっごい難しいですよね~

既に準決勝の
組み合わせが決まっており…

準決勝
①桐光学園ー第4試合の勝者

②光星学院ー大阪桐蔭

おぉっ!
センバツ決勝の組み合わせが
準決勝で激突!!

苦戦を強いられても
強さを感じさせる横綱・大阪桐蔭!

安定感抜群の勝ち上がり
上げ潮ムードの充実・光星学院!

ワクワクが止まらない♪

そして…
準々決勝・第4試合
花巻東 ー 済々黌

投打二刀流の新怪物の活躍に
日本中のワクワクが
甲子園に向けられる中…

スタメン発表のアナウンスに
場内がどよめく…

『3番 センター 大谷クン』

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑮

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日嬉しい出来事が!
野球飲み会の
友達の友達さんが…

この拙いブログを
読んでくれたみたいで…

熱闘甲子園の
テーマソングで
盛り上がりましたー♪

1993年
石川よしひろさん
『明日への卒業』

改めて名曲です!
貴乃花関も好きだったんですよね!

たらればですが…
もし宮沢りえと結婚していたら
どうなっていたでしょ~

まぁ、恋愛話は苦手なので
僕は野球の妄想をしまーす。

2012年夏
第94回全国高校野球選手権大会

大谷クンフィーバーに
松井クンの快記録など
話題性豊富なこの大会も…

いよいよ!
準々決勝!!

ここからは
一気に駆け足ですね。

ズラリ好カードのベスト8は
全て目の離せない
好ゲームとなりました。

『大会12日目』
◆準々決勝・第1試合
桐光学園 5ー4 東海大甲府

2試合で43奪三振!
3試合連続20奪三振を狙う
甲子園の新星・松井クンが…

猛打の東海大甲府から
序盤、なかなか三振を奪えない。

東海甲府 121
桐光学園 000

3回終了時点で
4対0と甲府が圧倒!

しかし…
やはりモノが違うぞ
松井裕樹!!

腕が振れ、
エンジンが掛かり始めると…

4回は
連続KKK!!

猛ダッシュで
ベンチに戻る姿は
もはや甲子園名物!!

いやぁ、今更ですが…

早朝の第1試合って
大変ですよね~

オッサンの朝野球とは
訳が違うから…
苦手な選手は苦手だろうなぁ。

東海大甲府の神原クンも
肩幅が半端ない
好投手ですが…

しつこい桐光打線が
コツコツ反撃。

逆に甲府の猛打線は
キレッキレ状態の松井クンに
為す術が無く…

流れは完全に桐光学園。

そして8回裏
桐光期待の1年生
武クンが逆転タイムリーで…
勝負アリ!!

松井クンはこの日も
結局二桁の13K!!

3試合で56K!!!

1試合平均18K超え!!!

仮の話ではありますが、
もしこのペースで決勝戦迄
駆け上がると…

タレント板東英二さんの持つ
1大会83奪三振の記録が…

ついについに、
破れられるかもしれません。

ちなみに板東さんは
世界の王貞治さんと同級生。

契約金は
なんと王さんより高かった!
なんて話も!!

お喋りも高校時代から
達者だったらしい。

さすが…

◆準々決勝・第2試合
光星学院 3ー0 常総学院

光星はついに
3季連続のベスト4!!

これって代替わりも含むから
凄すぎる記録ですよね。

いつ以来でしょう?

もしかしたら
KK全盛のPL以来?!

北條クンがKKのひとり
清原さんの記録に迫る
大会4号ホームラン!!

エース金沢クンも
粘り強いピッチング
うるさい常総打線を7安打完封!!

投打の柱がガッチリ
青森光星学院
堂々のベスト4進出。

それにしても…
光星の投手体型は
とにかく毎年ガッチリクンだ~

夏の甲子園
仕事サボって
ビール飲みながら見てると…

だいたい
昼寝をしてしまう。

目が覚めると
つけっぱなしのTVから
驚きのスコアが…

札幌第一 003 000 0
大阪桐蔭 000 000

マジですかぁ!!!

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑭

こんばんは!
甲子園オタクです。

年齢を重ねると
涙腺が弱くなる一方です。

『STAND BY ME ドラえもん』

今晩楽しみだな~
のび太くんの勇気に
また泣いちゃうだろうなぁ…

その前に、
本日の妄想を
お伝え致します♪

2012年
夏の甲子園

ついに、
この夏の“全国ベスト8”
出揃いました!!

一番面白いと言われる
準々決勝の4試合。

やっぱり1日で
一気に4試合
行う形式が好きだな~
(なので妄想上2日に分けません!)

注目の、
組み合わせ抽選が行われ…

◆大会12日目
①桐光学園 - 東海大甲府

②光星学院 - 常総学院

③札幌第一 - 大阪桐蔭

④花巻東 - 済々黌

以上に決定。

残っているエリアは
関東勢が3校!
東北勢が2校!

第1試合
その関東勢が激突。

2試合43奪三振!

超新星桐光・松井クン
3試合連続の20奪三振
恐るべき記録に期待大!

対するは猛打の東海大甲府
大型遊撃手・渡邉クンは
ここまで13打数10安打!

注目の逸材2年生対決に
胸踊ります♪

第2試合
昨夏・今春準優勝校
光星学院が順当にベスト8進出!

完全に強豪の風格。
田村クンは2ホームラン!
北條クンは3ホームラン!

試合巧者の常総学院が
どのように立ち向かうか注目。

第3試合
春夏連覇を目指す
絶対王者・大阪桐蔭が登場。

この夏も磐石の試合運び。

3回戦では
関東王者の浦学を
藤浪クンが見事な完封。

その藤浪クンの
陰に隠れがちですが
背番号10の好投手
澤田クンも好調!

初の8強入り
勢いに乗る札幌第一は
大黒柱・知久クン次第。

好不調の波がある
エースの踏ん張りが絶対。
全国屈指の強力打線に挑む。

そして第4試合…

2試合連続160キロを記録
2本目の本塁打がサヨナラアーチ

投で、打で、
いよいよ二刀流が本格化してきた
大谷翔平クン擁する
花巻東が登場!!

全野球ファンに加え…

普段は野球に興味の無い
ギャルやおばちゃんなど
女性ファンも引き込む
“大谷フィーバー”

2006年夏
“ハンカチフィーバー”以来かなぁ。
こりゃ凄い事になるぞ~

圧倒的な実力と話題性!
元々チーム力も十分!

みちのく初の大旗へ
突き進みます。

伝統の済々黌も
文武両道の人気校!

顔半分の古葉監督や
くりーむしちゅーがOB。

確かに頭良さそう。

クレバーな
2年生左腕大竹クンが
丁寧なピッチングで
接戦に持ち込みたい。

実はこの両校…

1990年夏
甲子園1回戦で
対戦があります。

当時の花巻東は
グレー地のユニフォームでは無く
左胸に縦に花巻東の文字。

当時、
これほどの強豪校になるとは…
全く予想出来ませんでした。

試合は7対5
済々黌の大逆転勝ち。

終盤一気の7得点でした…

試合内容と共に…

花巻の太っちょ右腕の佐々木クン
済々黌の左腕の右田クン

印象的なエースゆえ
妙に覚えていました。

昔の北国勢…

1993年夏
久慈商業も7対0から
終盤大逆転のサヨナラ負け…

川上憲伸擁する徳島商から
大金星を逃したように…

北海道・東北勢は
終盤に四球やエラーから
逆転を許し続けたイメージでした。

それが、今では…
『雪国のハンデ』
もう死語なのかもしれませんね。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑬

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日も野球をつまみに
美味しいお酒を頂きました。

話題はWBCに♪
本当に楽しみですね~

もっと昔から
仮にWBCがあったら…
ついつい妄想が…

二次会のキャバクラより
妄想が楽しい
悲しい独身男です!笑

さてさて
妄想ワールドの季節は夏。

2012年
第94回全国高校野球選手権大会

ベスト8を賭けた
戦いの結果です。

◆大会11日目
①光星学院 8ー0 今治西

②花巻東 3×ー1 愛工大名電

③札幌第一 4ー3 倉敷商

④大阪桐蔭 2ー0 浦和学院

なんと言っても
ハイライトは…

高校BIG3が激突した
第2試合!

ついに…
“甲子園160キロ”
大台を記録した大谷クンに挑んだ
剛球左腕濱田クン。

この夏、荒々しさを増した
左腕のピッチングは…

今で言う、神ピッチでした!!

初回、
立ち上がりの大谷クンから
スクイズで上げた1点を…

濱田クンが
威風堂々の神ピッチ!!

虎の子の1点を
守り続けます。

花巻東のキーマン
3番大谷クンから3奪三振!
4番太田クンをノーヒットに抑え…

うるさい花巻東打線に
得点を与えません。

しかし9回表…

この男が甲子園球場の空気を
“宇宙空間”の空気を…

一変させました。

9回2死ランナー無し
マウンドは大谷クン。

打者・濱田クンに対する初球…

『160㎞』

スコアボードの表示
TV中継の表示に…

日本中が
驚愕しました!!!

だってもう9回ですよ…
球数140近いですよ…
めちゃくちゃクソ暑い中ですよ…

高校の頃の大谷クンって
若干スタミナに
不安があったんじゃ…

やっぱり高校球児にとって
高3の夏って特別なのかなぁ。

空気を変えるのに
流れを変えるのに
この1球で十分でした。

その裏…

花巻東9回の攻撃は
トップのキャプテン大沢クン。

ボテボテの内野ゴロも…

気迫溢れる
スピードスターの
ヘッドスライディング!

無死一塁。

2番は千葉クン!

こんな場面こそ…
彼の最大の見せ場!!

重圧の大きい場面でも…
高い技術で
ファールを稼ぎ…

お見事!!
四球を“勝ち取りました”

無死一・二塁。

そして…
最大の見せ場で…

回ってくるんですね~

『3番 ピッチャー 大谷クン』

地鳴りのような大歓声!!!

マウンドは濱田クン。
ここまで…
大谷クンから3奪三振!!

仮に出せば、
無死満塁。

4番太田クンが控える。

もちろん勝負の場面。
BIG3の直接対決に…

甲子園球場の
ボルテージは最高潮!!!

結果は…

左中間スタンドへ…

信じられないような…
伝説に残るような…

逆転サヨナラ3ラン!!!!!

濱田クン渾身の
145キロの外角直球を…

そこまで持っていくかい…

狂喜乱舞の花巻東ナイン。
うずくまる濱田クン。

そのコントラストに…
完全に貰い泣き。

大谷翔平クンの
二刀流伝説は
まだ序章…

さらに物凄い記録と記憶を
刻み込んでいきます。

この夏は本当に最高だ…

花巻東高校。
菊池雄星クン世代以来
3年ぶり2度目の
ベスト8進出を決めました。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑫

こんばんは!
甲子園オタクです。

狩野英孝ちゃん!
やってしまった~

年齢を本当に
騙されていたのかな…

好きな芸人さんだけに
可哀想な気もしますが…

職場の女帝は
『ダメでしょ』と
一刀両断でした!笑

英孝ちゃんみたいに
モテないから…
とりあえず妄想します♪

2012年
夏の甲子園

ベスト16が出揃いました。

投打に異次元の実力を発揮
花巻東・大谷翔平クンを筆頭に
高校球界を代表する
逸材選手がズラリ!

ここまでタレントが
揃ったのは…

2006年夏
ハンカチフィーバーに
駒苫V3挑戦…

あの夏以来かもしれません。

そして今日も…

またまた快記録を
あの左腕が達成しました!!

◆大会10日目
①桐光学園 5ー1 佐世保実

②常総学院 9-4 聖光学院

③東海大甲府 13ー7 神村学園

④済々黌 4×ー3 平安
(延長10回)

第1試合
彗星のごとく現れた
桐光学園・松井裕樹クン!

初戦の23Kに続き…

この日も20奪三振の快投!!!

連続奪三振は
初戦を上回る…

13連続奪三振を記録!!!

自身の記録を
次戦で早くも更新って…

大谷クンの160キロに
勝るとも劣らない
恐るべき記録。

もう漫画やん。
凄っ…

それにしても、
2試合連続20奪三振かぁ。

こんな記録
地方大会でも
よー聞かんわ~

江川卓も松坂大輔も
マー君も…

実は奪三振記録保持者の
ゆで卵大好き
板東英二でさえも…

とにかく、
聞いた事無い!!!

ちなみに
地方大会の話ですが…

その昔、
長崎海星高校に…

怪物・サッシーと呼ばれた
とんでもない
剛球右腕がいたそうです。

※指原さんではありません

後にヤクルトから
ドラフト1位で指名された
酒井圭一投手

彼は長崎県大会で
16連続奪三振を記録!!
(これこそ漫画だ…)

夏の甲子園でも
ベスト4に進出!!

人気絶頂だった
東海大相模の原辰徳と
人気を二分する程
時の人だったそうな…

しかしプロの世界では
期待とは程遠い成績…

『コーチが悪いんじゃ~』

野球オタク飲み会で
長老が熱く熱く
語られていました。

人との出逢いも
“運”なのかもしれませんね。

この日の夜…
『熱闘甲子園』

松井クンのとんでも記録に
大谷クンの前日情報に
大阪桐蔭に名電も!

もう尺が足りませんね~

一時間番組にしましょうよ!

て言うか、昔みたく
22時から放送しましょうよ!

そんなこんなで
明日の組み合わせ…

◆大会11日目
①光星学院 ー 今治西

②花巻東 ー 愛工大名電

③札幌第一 ー 倉敷商

④浦和学院 ー 大阪桐蔭

ベスト8を賭けた戦い
どんなドラマが生まれるか…

大谷クンのお陰で
ワクワクが止まらない
夏が続きます♪

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑪

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日のドラマ
『東京タラレバ娘』

たられば繋がりで?!
オジサンも観ちゃいました♪

率直に面白かった~
吉高由里子可愛かった~

ただ、職場の女性陣と
ちょっとした話題に!

東京オリンピックの時…
独り身だと…
辛すぎますね!涙

モテないオジサンですが
本日も妄想は絶好調!
(怪しいか…)

2012年夏
甲子園は大会9日目を
終えました。

◆大会9日目
①札幌第一 3-0 松阪

②浦和学院 7-4 遊学館

③大阪桐蔭 10-3 仙台育英

第1試合
札幌第一は
エース知久クンが完封!

打線も2試合連続の
二桁安打と好調。

元々、強豪聖光学院
斎藤監督から
『全国5指に入る実力』

そう認められたチーム力。
チーム初の一大会2勝!
快進撃に期待大!!

第2試合
浦学先発は
1年生左腕の小島クン!

甲子園初登板は…
堂々のマウンド!
しっかりと試合を作り…

2年生の豪腕山口瑠偉クン
エース佐藤クンと繋ぎ
北陸の実力派
遊学館に快勝!!

関東の横綱・浦学も
虎視眈々と頂点を狙う。

そして第3試合
春夏連覇を狙う
大阪桐蔭が登場!

東北の雄・仙台育英を…
初回から圧倒!

小刻みに点数を重ね
6回迄、毎回得点で勝負アリ!

背番号10沢田クンが好投。
背番号11平尾クンが締めて…

藤浪晋太郎クン温存で
堂々の勝ち名乗り!!

94回目の夏。

多士済々
魅力溢れる顔ぶれ
ベスト16が出揃いました。

◆大会10日目
①桐光学園 - 佐世保実

②聖光学院 ー 常総学院

③東海大甲府 ー 神村学園

④平安 ー 済々黌

◆大会11日目
①光星学院 ー 今治西

②花巻東 ー 愛工大名電

③札幌第一 ー 倉敷商

④浦和学院 ー 大阪桐蔭

楽しみな
好カードがズラリ♪

特に…
花巻東と名電!

大谷クンと濱田クンの
BIG3激突は大注目の一戦!!

楽しみすぎる~
甲子園行きますよ~
飲み過ぎ注意だ…

浦学と大阪桐蔭も
激戦必至!

センバツ準々決勝の再戦!!

王者・大阪桐蔭を
最も苦しめたのは浦学でした。

23K松井クンの
2戦目にも期待大。

平安と済々黌の
古豪対決も渋くていいなぁ。

エリア別
16強の内訳は…

北海道 1/2
東北 3/6
関東 4/6
東京 0/2
東海 1/4
北信越 0/5
近畿 2/6
中国 1/5
四国 1/4
九州 3/9

東北・関東勢
変わらず好調!

みちのく初の大旗へ…

花巻東、光星、聖光と
可能性たっぷりのチームが
残りましたね!!

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑩

こんばんは!
甲子園オタクです。

突然ですが…

課長島耕作で有名な
弘兼憲史先生の『黄昏流星群』

素晴らしい漫画ですね♪

どの物語も素敵ですが…

真面目一筋だっあ
お爺ちゃんが
ソープ嬢にハマっていくお話。

文章だけだと
下世話に聞こえるかもですが…

涙無しには読めない
最高傑作でした。

本当に泣けた…

さてさて、
僕の妄想ワールドでは♪

2012年夏
第94回全国高校野球選手権大会

甲子園最速
159キロ更新を
日本中からの期待を
一身に受けた…

花巻東
大谷翔平クン…

ついに…

やってくれました!!!!!

◆大会8日目
①今治西 3-2 常葉橘

②花巻東 3-2 日大三

③愛工大名電 7-2 旭川工

④倉敷商 4ー1 滝川ニ

第2試合。
超満員の甲子園。

史上初の大台。
記録は生まれました。

前年優勝校
日大三高相手に

5回途中
先発の左腕
小原クンからマウンドを継ぎ…

ピンチの場面
強打者の金子クンへの
第5球目…

甲子園のスコアボードに

『160㎞』

大観衆が大歓声!!!!!

岩手県大会
準決勝・一関学院戦で見せた
160キロと同じ
左打者内角膝元へ
糸を引くようなストレート…

全国屈指の強打者
金子主将も手が出ません。

見逃しの三振。

こりゃ仕方ないわ…

小倉監督もそんな表情です…

日大三 100 100 0
花巻東 010 100

大谷クンの
スーパーリリーフで
流れは徐々に花巻東へ。

7回裏

千葉クンが
粘りに粘ってダメージ与え

大谷クンが
しっかり四球

そして4番の太田クン
仕留める!!

左中間を抜ける当たりで
大谷クンが
長いストライドを生かし
長駆、ホームイン!!

この1点が決勝点となり
花巻東ベスト16進出。

好救援大谷クンは
甲子園2勝目。

打っても1安打ながら
2つの四球を選び
好機を演出。

この日は
名電濱田クンも16Kの快投!

大阪桐蔭
藤浪クンも初戦16K!

桐光学園
超新星・松井クンは23K!

高校BIG3に加え
2年生の超新星も生まれた
94回目の夏。

役者が揃う夏ですが、
やはり主役は大谷クンでした。

160キロ新記録を
ニュースが報道が
各紙・各局
飛び交いまくり。

当然、その夜の
『熱闘甲子園』でも…

最高の構成力で
“異次元160㎞エース”を
ピックアップ♪

エンディングの
日大三高
最後のミーティングも
最高でした…涙

小倉監督大好きだ~

過去、最も涙した
ミーティングは…

ゴジラ松井クン2年時
星稜高校・山下監督

選手と肩を組み
『オトコなら~』と
熱唱していたシーン…

これはヤバすぎた!涙

さぁ、
大谷翔平クン
次なる対戦相手は…

豪腕濱田クン擁する
愛工大名電!!

3回戦で早くも
BIG3同士が
ぶつかり合います。

花巻東高校
みちのく勢初制覇に向け
難敵が…
立ちはだかります。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑨

こんばんは!
甲子園オタクです。

『アメトーーク!』
高校野球大大大大好き芸人

何度観ても
面白すぎる!!

そして芸人さん達の
高校野球愛が
伝わりすぎます♪

それにしても…
渡部建さん!
佐々木希ちゃんかぁ…

男として凄いわ~

さてさて、
本日も妄想ワールドは
絶好調!!

2012年
夏の甲子園

出場全49校が
登場しましたよ!

◆大会7日目
①神村学園 5ー2 酒田南

②平安 7ー5 秋田商

③済々黌 2ー1 新潟明訓
(延長11回)

④光星学院 4ー3 天理

初戦終了の時点で
残っている地域は…

北海道 2/2
東北 4/6
関東 4/6
東京 1/2
東海 3/4
北信越 1/5
近畿 4/6
中国 1/5
四国 1/4
九州 3/9

北海道・東北地区が好調。
大健闘なんて言葉は
もう完全に不要ですね。

東海・近畿も
実力を十分に発揮。

逆に北信越エリアが
躍進著しい地区だけに
意外な結果に。

西日本勢は…
全般に寂しい戦績です。

これまでの歴史は
圧倒的に西高東低でしたが…

もうどのエリアが
勝ち進んでも
不思議ではないですね~

そして、
2回戦に突入した
94回目の夏は…

明日第2試合
甲子園史上最速
159キロを記録した…

花巻東・大谷翔平クンが登場!!

◆大会8日目組み合わせ
①常葉橘-今治西

②花巻東-日大三

③旭川工-愛工大名電

④滝川ニ-倉敷商

『熱闘甲子園』では
前日から“異次元160㎞エース”を
徹底的にピックアップ!!

振り返ると…
この番組も長いですよね。

マニア大好き番組
『速報甲子園への道』

通称“への道”と共に
季節限定の
立派な長寿番組♪

番組が始まると
『キターー』って感じで
テンション上がりますよ~

昔々は淡々と進行する
イメージでしたが…

90年代から徐々に
イメージが変わり…

1998年!
伝説の夏に
長嶋三奈さんが登場!!

通称“甲子園の母”
お姉さんでも
いいと思うけど…

母がピッタリかも!笑

1998年は
オープニングテーマも
最高でした!!

エレファントカシマシの
『ココロのままに』

過去に例のない
ロックなオープニング♪
大好きでしたね~

毎年毎年、
オープニングが
本当に素晴らしすぎ!

最近だとファンモン
昔だと浜田麻里や石川よしひろ
(若い方わからないよね)

名曲がズラリですが…

勝手に心のベスト3は!

●第3位
2015年
Superfly『On Your Side』 

最初はおとなしくない?
って思ったけど
聴くたびどんどん大好きになる♪

●第2位
2006年
スキマスイッチ『スフィアの羽根』

伝説の60本塁打大会
やはり浮かぶのは決勝!
ハンカチ王子vsマー君のドラマ♪♪

●第1位
2009年
秦基博『Halation』

最終日名物
エンディングの使われ方が
たまらんかったです♪♪♪

菊池雄星クンの
大物感演出が秀逸!

九国大の納富クンの
サヨナラシーンは歴代最強に泣ける!!

秦さんの声が
とてつもなく合う…涙

番外編では…

1999年・エンディング
皆谷尚美さん『セピアの日』

そしてなんて言っても
80年代ずーーっと流れてた
『君よ八月に熱くなれ』

歌詞無しのオープニング…
オールドファンには
感涙モノです。

明日は大谷クンも
熱くなれ~

甲子園史上初
160キロに期待大です。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑧

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日の名球会フェス
王貞治さん
一本足打法披露って!

76歳ですよ~
お元気すぎる…

最近の高齢の方って
皆さんお元気ですよね。

僕も呆けないよう
妄想膨らませていくぞー

2012年
夏の甲子園。

連日、
大谷クンの159キロが
マスコミを賑わす中…

また新たな
凄すぎる記録が
樹立されました!!

◆大会5日目
①大阪桐蔭 6-2 智弁和歌山

②仙台育英 4-2 宮崎工

③桐光学園 12-0 杵築

第1試合
春夏連覇を目指す
注目の大阪桐蔭が登場!

強打の2年生捕手
森クンが先頭打者本塁打!

エース藤浪クンが
16Kの快投!!

先輩辻内クンの
19Kに迫るような
鬼ピッチ!!!

投打の主役揃い踏みで
強豪・智弁和歌山相手に
快勝発進です。

それにしても…
どんな強豪校でも
徐々に徐々に勢いが
無くなっていくものですね…

同じ和歌山の箕島高校や
徳島の池田高校…

四国四商なんかも…
やっぱり公立校が多いかな。

あっ、PL学園もそうか…

あの強さこそ
永久の学園の校歌通り
ずっとずっと
続くと思ったのに。

そう考えると、
高松商業の昨春準優勝は
素晴らしいですね。

ずっとずっと強さを維持する
早実や中京大中京や平安…
名門校って改めて
凄すぎます!!

長い歴史を考えると
神奈川のまだまだ新鋭
桐光学園から…

凄い投手が誕生しました!!!

2年生サウスポー
松井祐樹投手が…

第3試合
対杵築高校戦

毎回&全員の
甲子園新記録の23K!!!!!

しかも11連続奪三振
これも甲子園新記録!!!!!

2安打完封&豪快な一発も…
またすんごいの来た…

高校野球は
いきなり来るんだよなぁ。

マスコミは大谷クン一色から
一気に松井松井!
松井フィーバーですね~

これに…

春の優勝投手
初戦16Kの藤浪クン!

BIG3の一角
初戦完封の名電濱田クン!

そして…

注目度No.1
初戦159キロの大谷クン!

94回目の夏は
役者が揃いましたね。

迎え撃つ強打者も…

光星学院
田村クン・北条クンコンビ!

大阪桐蔭
森クン・復活田端クン!

さらにさらに…

◆大会6日目
①佐世保実 4-1 県岐阜商

②常総学院 7-3 鳥取城北

③聖光学院 3-0 飯塚

④東海大甲府 9-2 広島工

第4試合で
またまたまた快記録が~

東海大甲府
注目の2年生遊撃手
渡邉クン!

なんと
6打数6安打!!

最強KK時代
毎回の29点取った試合時の
PL9番打者笹岡クン

強打日大三高
腕っぷしヤバすぎ
パワフルすぎる1番松島クン
(相手はPL1年生投手マエケン!)

彼らに並ぶ
1試合最多安打記録達成!!!

一体どんな夏になるんだろう。

これだけ役者が揃うのは
1985年・1998年・2006年を…

凌ぐかもしれない。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑦

こんばんは!
甲子園オタクです。

サウナでだらだらと過ごし
二日酔いをぶっとばし
そしてまたビールを飲む…

最低だけど最高ですね♪

風呂に浸かりながら
妄想も膨らみました~

2012年
夏の甲子園

マスコミは連日
大谷、大谷、また大谷!

大谷クンの159キロが
騒がれまくってますが…

高校野球通の皆さんは
大谷クンのライバル
大阪桐蔭・藤浪晋太郎クンの
登場を心待ちにしています。

その他、実力校も
虎視眈々と頂点を狙う中
大会4日目も…

全て1点差の
好ゲームが続きました!

◆大会4日目
①松阪 3x-2 福井工大福井

②札幌第一 5-4 立正大淞南

③浦和学院 6-5 明徳義塾
(延長13回)

④遊学館 1-0 鳴門

なんと言っても
第3試合!

大会屈指の好カード
浦学vs明徳

痺れましたね~

とにかく初戦に負けない
明徳義塾が…
馬淵史郎監督が…

ついに敗れたり。

しかも2点差
9回2死ランナー無しから
追い付かれ…

悔しい敗戦となりました。

まぁ逆に凄い事って
しみじみ思いますけどね。

これまでも
数々のドラマを刻んできた
人気チームですよね。

特に敗れ方が
実に印象的…

1982年春
明徳甲子園初出場。

時代の盟主・箕島に
延長14回の死闘の末
サヨナラ負け。

老将松田昇監督の言葉
『老いた武蔵が若き小次郎にやられました』

監督は同年秋に亡くなられ
最後の言葉は…
『ユニホームは用意してあるか?』

なんだか凄い…

1998年夏
伝説の大会の準決勝。

対横浜。
0対6からの大逆転負け…

松坂クンの
テーピングをグルグル外して
マウンドに向かった
あの場面も…

最後の
サヨナラのシーン
うずくまる寺本クンの姿も…

本当に印象的です。

そして…
1992年夏

敗れてはいないけど…
やっぱりゴジラさんへの
5打席連続敬遠!!

とにかく
強烈な印象を残す
そんなチームですね。

逆に浦学は
関東王者の常連!

実力は十分なだけに
上位進出の可能性大!!

エースで3番佐藤クンは
13回を完投
打っても決勝打~

プリティフェイスで
アイドル選手に
なっていくかも♪

そして、明日5日目は…

大阪桐蔭の藤浪クン!
桐光学園の松井クン!

注目の怪腕が登場。

大谷クンのライバル達の
ナイスピッチングに
期待大です。