2017年〈選抜高校野球〉組み合わせ決定!!

こんにちは!
甲子園オタクです。

僕の今クール
一押しのドラマ
『就活家族』
終わっちゃいました…

~きっと、うまくいく~

サブタイトル通り
微笑ましいエンディング♪

ただ、終わると、
ちょっぴり寂しいな(^^;

完全に独身オジサンの
独り言ですが…

家族って、
やっぱりいいですね。

このブログで
お嫁さん募集かけたら…
奇跡的に来ないかな~(苦笑)

またまた、
妄想の世界に
入りそうになりましたが…

今日は現実世界のお話!

春センバツの
組み合わせが決定ー!

ワクワクドキドキで
僕も早速チェックしました♪

1回戦から…
屈指の好カード多数!!

組み合わせは
以下の通りです。

◆第1日(19日)

①至学館(愛知) -呉(広島)

②日大三(東京)-履正社(大阪)

③熊本工(熊本)-智弁学園(奈良)

◆第2日(20日)

①高岡商(富山)-盛岡大付(岩手)

②報徳学園(兵庫)-多治見(岐阜)

③中村(高知)-前橋育英(群馬)

◆第3日(21日)

①創志学園(岡山)-福岡大大濠(福岡)

②東海大市原望洋(千葉)-滋賀学園(滋賀)

③健大高崎(群馬)-札幌第一(北海道)

◆第4日(22日)

①福井工大福井(福井)-仙台育英(宮城)

②高田商(奈良)-秀岳館(熊本)

③作新学院(栃木)-帝京第五(愛媛)

◆第5日(23日)

①東海大福岡(福岡)-神戸国際大付(兵庫)

②早稲田実(東京)-明徳義塾(高知)

③静岡(静岡)-不来方(岩手)

◆第6日(24日)

①宇部鴻城(山口)-大阪桐蔭(大阪)

いや~
楽しみなカードが並びました!!

その中でも特に…

履正社vs日大三!!

神宮チャンプ・履正社と
優勝候補の一角・日大三高が激突!

安田クンと金成クン
左の超大型スラッガー対決に
日曜日の甲子園は
絶対に盛り上がりますねー!!

両チーム共に
総合力も非常に高いだけに
激戦は必至。

個人的には金成クンの
“デカプリオ弾”に期待大です♪

そして、何と言っても…

最も注目のカードは…

早稲田実業vs明徳義塾!!!

期待しかない
79発男・清宮幸太郎クンと
とにかく初戦は負けない
こちらも候補の一角・明徳義塾が…

いきなり激突ー!!!

僕の妄想甲子園
2017春では…

優勝・早実
準優勝・札幌第一

勝手にこのような
結果となりましたが…

明徳も馬淵監督が
珍しく『行けまっせ』宣言する
充実の陣容!!
(前回の2002年は宣言通り優勝!)

名勝負となる
予感が大ですね!!

もしくは、、、

明徳vs超大物の左打者だけに…

あの、伝説の、
敬遠作戦が繰り返される…

そんなドラマがも
あるかもですね。

ゴジラ松井は
その経験で大きくなった。

改めて凄い人だ~

ベスト8予想
そして、優勝予想は…

野球オタク飲み会で
しっかり行ってきます(笑)

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑫

こんばんは!
甲子園オタクです。

今大会のWBCも…
めちゃくちゃ面白いですね!

改めて野球って
ドラマがあるなぁ。

中田翔と筒香クン
スカッとしましたー!
ありがとう!!

お立ち台の
二人の掛け合いも
微笑ましかったー

最後のハグには
爆笑しました(^-^)

個人的には
キャッチャー小林誠司が
ヘロヘロの岡田俊哉に
『ど真ん中に来い』の一言が…

なんだか頼もしくて
嬉しかったですね♪

放心状態の岡田クンが
ピンチを切り抜けましたからねー

今後の小林捕手に期待大!

そして、今日は職場でも
この話題で持ちきり!

山田哲人選手の“いい話”

ホームラン?!を捕っちゃった
話題の中学生クンに…

『またグローブ持って観に来てね』
『練習してもっと大きいHR打つから』

なんて、いいひとー!!!

少年も救われましたね~

職場の全員が一気に
山田哲人ファンになりました(^o^)

さてさて、

妄想ワールドでは…

昭和58年、球史に残る
日本シリーズが…

ついにクライマックスを
迎えようとしています。

◆1983年11月7日

日本シリーズ第7戦
巨人vs西武

ONがグランドを立ち去り
新時代元年と呼ばれた
1983年の日本プロ野球。

新たな時代の
球界の盟主は
どちらとなるのか…

超満員の西武球場に
日本中からの
熱視線が送られました。

第3戦以降、
先制したチームが負け続け…

その内容も
逆転に次ぐ逆転の連続で
屈指の名勝負となり…

視聴率は、連日40%!!
(当時は全てデーゲームですよ…)

ミスター管理野球
クールでDRYな
天下の広岡監督でさえ…

『もうどちらが勝ってもいいや』

そこまでの
心境になったと言う程…

死闘、激闘の連続でした。

前日の雨により
中1日空いて
月曜日のデーゲーム。

埼玉所沢は
ちょっぴり冷えますが…

第一次長嶋茂雄政権の集大成
ラストゲームでもあり
スタンドの熱気は最高潮!!

昔の日本シリーズは、、、

デーゲームだったので
授業中に先生の計らいで
テレビ観戦
出来たりすると…

本当に嬉しかったな~♪

長嶋茂雄監督から
『総決算は総動員で行く』

その言葉通り
三本柱を全て投入!!

先発・江川卓
中継ぎ・小林繁
抑え・西本聖

江川卓から小林繁への
リレーって…

感慨深いものが…

後の、、、

1994年 10.8
国民的行事と謳った
巨人vs中日の優勝決定戦でも…

先発・槙原寛己
中継ぎ・斎藤雅樹
抑え・桑田真澄

この究極の継投で
優勝を勝ち取ったように…

江川卓も小林繁も…

シリーズ4ホームラン
田淵幸一を軸とした
ライオンズ強力打撃陣を
見事に抑え込む。

一方の西武投手陣も…

松沼兄やん→オトマツの
兄弟リレーから
左殺しの永射保を挟み
森繁和、東尾修のリレー

必死の防戦!!

安打記録・打率記録
二つの新記録を狙う
4番落合博満も
ノーヒットに抑え込む。

ついに、無得点のまま
延長に突入…

重苦しい、
試合展開が続く中…

思わぬ形で
均衡が崩れます。

延長10回表

淡口、篠塚と倒れ
打席に4番落合博満。

東尾修の内角攻め
鋭いシュートが
ユニフォームを掠める。

『デッドボール!!』

ここから
レジー・スミス
原辰徳と連打!!

打席には…

このシリーズ
絶好調では無かった
中畑清が鼻息荒く登場!!

『かっ飛ばせー!キ・ヨ・シー!!燃えろー!!!』

お馴染みの応援歌が
レフトスタンドから
大音量で鳴り響く♪♪

憧れの恩師
長嶋茂雄監督のラストゲーム

打ちたい、絶対に勝ちたい、
有終の美を飾ってほしい…

その想いが…
乗り移った打球が…

得意の右中間方向へ!!!

伸びて、伸びて、
グングン伸びて…

入ったー!!!
満塁ホームラン!!!

涙のガッツポーズ中畑清。

ベンチの長嶋監督・王助監督
ONコンビが抱き合って絶叫。

マウンドの東尾修は…
崩れ落ちた。

2塁ベースを回り
涙の中畑清に
駒澤大学の後輩
石毛宏典も祝福のポーズ…

この時ばかりは
鼻の穴が誇張される
ムードメーカー石毛さんも
超真顔で悔しさを露に…

その数分後、、、

力尽きた
西武ライオンズ

西本聖が必殺シュートで
デッドボーラー
金森栄治を打ち取り…

あっという間に
歓喜の輪が…

長嶋茂雄監督が
カクテル光線に照らされ
何度となく宙に舞う。

涙の、胴上げ。

そして、
長嶋茂雄と落合博満が
熱い包容を交わす。

歓声と拍手が
いつまでも、いつまでも
鳴り響いた。

▽日本シリーズ第7戦
巨人 000 000 000 4=4
西武 000 000 000 0=0
(西)松沼兄、松沼弟、永射、森繁、東尾ー伊東、大石
(巨)江川、小林、西本聖ー山倉
【本】中畑①

ありがとう。
長嶋茂雄監督。

4連覇を置き土産に…

1958年・昭和33年から
日本中に夢と希望を与えてくれた
長嶋茂雄が遂に…
ユニフォームを脱ぎました。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑪

こんにちは!
甲子園オタクです。

昨日のWBC!
痺れましたねー!!

メジャーリーガー
青木宣親の存在感

熱男松田宣浩の
世界一元気なプレー

小林誠司のラッキーと
山田哲人のアンラッキー

筒香の素晴らしい4番の仕事に
中田の盗塁、菊池の好守備、
坂本に、石川に、則本に…

ほんっとに
みんな素晴らしい!!

世界一へ
最高の船出ですね\(^^)/

それにしても…

山田哲人の
ホームランボール?!

キャッチした
あの中学生クン…

勝ってくれて
心底ホッとしたでしょ!笑

よかったよかった(^o^)

さてさて、
妄想ワールドでは…

盟主巨人の
4番・落合博満

伝説の日本シリーズ
GL決戦に挑みます。

◆1983年・秋

日本シリーズの
組み合わせは…

前年に続き
巨人vs西武の黄金カード!

この年のパ・リーグ覇者
西武ライオンズは…

本当に強かった!!

後の常勝軍団を
強く予感させる戦いで
ペナントを圧倒。

充実の戦力は
ご覧の通り!!

【1983西武スタメン】
6石毛 .303 16本
4山崎 .287 18本
5スティーブ.321 17本
D田淵幸一 .293 30本
7大田 .297 20本
3片平 .278 19本
9テリー.278 38本
8立花 .309 8本
2大石 .210 4本

投手陣も充実!!

石田純一のお義父さん
東尾修の18勝を筆頭に…

松沼兄弟、杉本、
ヒゲが整ってた高橋直樹と
5人の10勝投手が誕生!

抑えには中日新監督
森繁和が控えており
34セーブを記録!

シーズン86勝で
貯金は実に46!!

広岡監督以下
管理野球が浸透した選手達は
打倒・巨人
雪辱に燃えています。

同じく、
セ・リーグを圧勝した
ジャイアンツは…

9年間続いた
長嶋政権のラストイヤー

マスコミの注目も
選手の意気込み
思い入れが違います。

V9戦士が晩年を迎える中
地獄の伊東キャンプを始め…

天下の長嶋茂雄に
徹底的に鍛え上げられた
若手選手達が…

現在の主力選手。

長嶋茂雄にV4で
有終の美を
飾ってもらいたい…

その想いは
シリーズ中の
プレーに繋がります!!

松本匡史が走りまくり
篠塚利夫が流しまくり
中畑清が絶好調と吠えまくり

そして落合博満が、、、

第6戦迄に
23打数13安打!
打ちまくりました。

率にして
実に.565!!

6試合終了時点で
V9戦士・柴田勲に並ぶ
最多安打記録!!

5番に絶好調レジー・スミス

さらには
“史上最強の6番打者”
原辰徳も勝負強さを
発揮しているだけに…

落合さんとの勝負は
避けられません。

それでも3勝3敗…

前年に続き第7戦迄
もつれ込む展開…

死闘と呼ぶに相応しい
連日の接戦、延長、サヨナラ…

読売ジャイアンツも
西武ライオンズも
改めて、強かった。

本当に強かった。

安打記録が
落合博満ならば…

本塁打記録は
田淵幸一が更新するのか…

注目が集まります。

ペナントレース
わずか83試合で…
30本塁打をかっ飛ばした
男・田淵さん!!
(規定打席未満30発は史上初)

シリーズでも
豪快に4ホームラン!!

あと一本で
日本シリーズ新記録!!

昨年に続く第7戦は
昨年に続く両軍4番打者の
“ホームラン競争”が
あるのでしょうか…

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑩

こんばんは!
甲子園オタクです。

WBC!
いよいよ!
始まりましたね!

世界一奪還へ
胸踊る毎日が始まる…

血圧気をつけよ(^^;

先発メンバーは…
D 山田哲人
4 菊池涼介
8 青木宣親
7 筒香嘉智
3 中田翔
6 坂本勇人
9 鈴木誠也
5 松田宣浩
2 小林誠司

ピッチャーは石川歩

ワクワクする、、、

どんなドラマが…
生まれるか…

とにかく、
応援します!!!!

さてさて、
妄想の世界では…

V9エース
堀内恒夫さんの
引退試合が始まりました。

◆1983年10月22日

舞台は後楽園球場
曇り空のデーゲーム

背番号18堀内恒夫
現役最後の試合です。

8回表から登板。
大洋ホエールズの攻撃を
見事三者凡退で打ち取り…

後楽園球場に
温かい拍手が沸き起こる!

その裏、、、

『ホリさんまで回そうぜ~』

強打者としても
活躍をした堀内さん。

現役最後の打席に
立って欲しい…

そんな願いが込められた
ベンチの声でした。

それもそのはず!
通算21本塁打!!

若き日には
悪太郎の名でも知られた
天才ピッチャーは

野球センスの塊でした。

極めつけは…

1967年
堀内恒夫19歳の秋…

驚きの…
3打席連続ホームランを記録!!

4打席連続を
狙った打席では…

見事なセンター前ヒット。

それに対し堀内さんは…

『ちっ、仕方ねぇ』
『ノーヒットノーランでも狙うか』

仕方ねぇの意味が…笑

そして…
ノーヒットノーラン達成!!!

大谷翔平もビックリの
快記録を持ってます(^o^)

だからこその…

『ホリさんまで回そうぜ』

言葉通り…
なんと回りました…

駒田、石渡、クルーズ
山本功児、吉村、鈴木康友…

優勝決定後の試合
主力はベンチにいます。

若手、控え、助っ人…
皆がひとつになって
ホリさんまで回りましたー!!

そのホリさん…
自身最終打席で…

打ちましたー
なんと豪快ホームラン!!!

これには後楽園が揺れた…

ベンチの長嶋監督・王助監督
ONコンビもビックリ…

まだ眉間に
シワの無い王さん。

目を真ん丸にして
大喜びです♪

主力の原、中畑、篠塚に
普段クールな
落合博満も大興奮♪

テレビ中継では
お母さんにインタビュー
涙、涙です。

昔のこういうのいいね…
復活してほしいなぁ。

“エース”堀内恒夫が
リーグ4連覇に
花を添えてくれました。

さぁ日本シリーズ
相手は宿敵西武ライオンズ
2年連続のGL決戦。

ジャイアンツのV4は…
達成されるでしょうか。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑨

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日のテレ朝特番
『神様に選ばれた試合』
凄くよかったですね~

イチローとダルビッシュ…

投打の軸となる
二人の天才の心模様…

こういう番組
大好物です!!

侍戦士からの
イチローに対する
ストッキングの話…

言葉を超えた
男同士の物語に…

オッサンまた涙腺が(T_T)

あと、イチローが
ダルビッシュを
“ビッシュ”って呼ぶの…

個人的に、
ツボでした(^o^)

さてさて、、

今日もしっかり
お仕事中に…
妄想させてもらったので~

5年目を迎えた落合さん
勝手に妄想話
描いていきます♪

◆1983年・5年目
.336 27本塁打 94打点

ついに、
グランドからONが去り
新時代を迎えたプロ野球。

世間は、ファンは、
新たなスーパースターを
欲していました。

前年、江川卓を抑え
MVPを獲得した落合博満。

成長著しい人気者
若大将原辰徳。

さらには実績十分
メジャーリーガー
レジー・スミスが加入。

彼らが新章を迎えた
日本プロ野球界で
どのような活躍をするか?

寂しさと期待が
入り混じる中…
始まったペナントレースは…

長嶋巨人軍が圧勝!!!

堂々リーグ4連覇達成!!!

とにかく打つわ打つわ
3割打者が実に5人。

強力なラインナップを
振り返ってみましょう♪

【1983巨人スタメン】
8松本 .294 6本
9淡口 .302 10本
6篠塚 .307 13本
4落合 .336 27本
7スミス.285 28本
5辰徳 .312 36本
3中畑 .300 15本
2山倉 .254 6本

トップの
“青い稲妻”松本さん
セ・リーグ新記録の76盗塁!

ここから
“コンコルド”淡口さんが
規定打席に届く大活躍!

時に、篠塚さんと入れ替わり
3番打者として
勝負強さを発揮!

4番の落合さんは
この年、無冠ながら
打点を稼ぎまくり!

そして、
最大の“落合効果”
気軽に打てる
史上最強の6番打者として…

原辰徳!大爆発!!

中日大島康徳選手と並ぶ
36本塁打!!
見事ホームラン王獲得。
(大島さん…癌に打ち勝ってね)

さらには
打点王のタイトルも!!

2冠の大活躍に加え
無類の“勝負強さ”で
6番打者ながら
セ・リーグMVPに輝く…

東海大相模時代からの
辰徳ファンとしては…
感無量です(T_T)

これだけの面子に加え
“50番トリオ”
駒田徳広・吉村禎章ら
若手も台頭♪

チーム打率は実に
2割8分超え!!

脅威的な数字ですが…

最高記録を
ちょっと調べてみたら~

とんでもない
チーム打率が存在しました。

まずセ・リーグ記録!
1999年 横浜ベイスターズ

驚きの.294!!
まさにマシンガン打線!!

【1999 横浜スタメン】
6石井 .292 8本
8波留 .298 15本
7鈴木 .328 17本
4ローズ.369 37本
3駒田 .291 9本
9佐伯 .309 10本
5進藤 .286 14本
2谷繁 .295 11本

ピッチャーの9番除いたら
チーム打率3割ですよ…

なのに、3位って…
日本一の翌年に
ファンは悔しいですよね(>_<)

そして、、、

両リーグを通じてだと…

2003年 福岡ダイエーホークス

な、なんと.297!!
もう3割じゃん…

では脅威のラインナップを!

【2003ダイエースタメン】
8村松 .324 6本
5川崎 .294 2本
4井口 .340 27本
3松中 .324 30本
2城島 .330 34本
7バルデス.311 26本
Dズレータ.266 13本
9柴原 .333 4本
6鳥越 .212 1本

井口、松中、城島、バルデス
100打点カルテットなんて
呼ばれてましたね~

鳥越さんは…
守備の名手でしたから…

チームは見事に
日本一を達成しました!!

話を、、、

1983年の
強い強い巨人に戻します♪

投手陣も磐石でした。

怪物エース江川卓
努力のライバル西本聖
円熟のベテラン小林繁

さらに“50番トリオ”
快速球槙原寛己も加わり…

ベンチに並ぶ
長嶋監督・王助監督
ONコンビもホクホク顔(*^^*)

そんな中、
またひとりV9戦士が
グランドを去ります。

絶対的なV9エース
堀内恒夫…

引退試合で
彼らしいドラマが
生まれました…

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑧

こんばんは!
甲子園オタクです。

引き続き
金八先生part2に
ハマり続け…

一気に最終回まで
見てしまいましたー

独身男の
なんて地味な…
休日なんでしょう(^^;

海援隊の主題歌
人として~♪
イントロ流れただけで
泣けるようなりました!笑

クライマックスの
荒谷二中に乗り込んだシーン…

『加藤ー!松浦ー!』

金八っつぁんの絶叫……

中島みゆきの
名曲『世情』が流れ
護送車を加藤優の母親が
追うシーン………

ダメだ、また泣ける(T_T)

最後は金八先生が
加藤と松浦をぶっ叩いて…

『貴様達は俺の生徒だ』
『忘れんなよ、忘れんなよ…』

抱きしめる…

名作すぎます!!!

しかも叩いたシーンは
なんと武田鉄矢のアドリブ…

昭和のドラマって
重厚で素晴らしいですね。

独り言が…
長くなりすぎましたが…

僕のもうひとつの悪趣味!
妄想ワールドを
今日も勝手に進めまーす。

落合さんにとって
プロ入り4年目
総決算の1日は…

野球史に名を残す
1日となりました。

そして、、、

900号ホームランを達成した
王選手兼助監督にとっても…

24年間のプロ生活
最後の公式戦でした。

◆1982年10月31日

日曜日の後楽園球場
超満員のスタンドから
鳴り止まぬ大歓声。

長嶋ジャイアンツ
見事に三連覇達成の瞬間。

球場には、
興奮と共に
大記録の余韻が…
未だに収まりません。

パイオニアのネオンが
眩しく懐かしい
後楽園の電光掲示板に
激闘を物語るスコアが…

▽日本シリーズ第7戦
西武 310 040 000=8
巨人 201 202 20X=9
(西)松沼兄、永射、東尾、森ー大石
(巨)江川、加藤初、鹿取、角ー山倉
【本】田淵①② 落合①②③ 王①

両軍の4番打者に
痺れました…

共に稀代の
天才アーティストですが
1982年シーズンは
全く別の道程でした。

落合博満は
スターダム一直線。
初タイトル打点王に加え
MVP候補と言われる大活躍。

一方の
がんばれタブチクン…
いえ、田淵幸一は
打率2割そこそこと低迷。

シリーズにおいても
全試合安打の落合に対し
田淵は1割台と苦しみました。

しかし、天才と呼ばれ
ミスタータイガースとも
謳われた男は…

最後の最後で
やってくれました!!

絶好調の先発江川卓から
見事な先制アーチ!!
(昔は第1戦先発すると、4戦も7戦もフツーに先発でした。そりゃ大変だ…)

さらに5回、
田淵幸一らしい
高々と舞い上がる
逆転満塁ホームラン!!

しかし、
天才落合博満は…
田淵さんを上回る
3打席連続ホームラン!!!

1982年時点では
憧れの長嶋茂雄以来の
日本シリーズ記録。

右に左に
バックスクリーンに…

放り込む度に…

まだまだ若かったミスター!
『ヘイ!オチ!グッド!』
『スリーホームラン!OK!』

落合さんに横文字並べて
最大級の喜びでお出迎え♪♪

田淵と落合…

東京出身のエリートと
秋田出身の紆余曲折の人生…

顔立ちや発言も含め
比べてみると面白いですね。

シリーズ史に残る
“ホームラン合戦”に
世代交代の予感も感じました。

そして、、、

7回裏

巨人は…
長嶋監督が出てきて…

『代打 ワンちゃん!』

世界のホームラン王
王貞治が
現役最後の打席に…

球場全体から
鳴り止まぬ大歓声と拍手…

ついにグランドから
ONが消える日が来ました。

日本の高度経済成長の
象徴でもあったON…

ひとつの時代が終わった。

涙を流すファンも多数…
おそらく徳光さんも(T_T)

そんな王さんが
ヤングジャイアンツに
最後の贈り物…

シリーズ大車輪の活躍
ロングリリーフ東尾修から…

打った瞬間、
それとわかる…

巨人の日本一を…
引き寄せる…

ライトスタンドへ一直線
豪快な豪快な
決勝ホームラン!!!!

別の意味で、
サヨナラホームラン。

日本中が涙しました。

当然、選手達も涙。
長嶋監督の目にも
熱いものが…

秋の夜の
後楽園球場。

カクテル光線に照らされ…

長嶋監督に続き
王貞治の胴上げが
何度も、何度も…

繰り返し行われました。

“長嶋ジャイアンツ3連覇”

長嶋茂雄が
手塩にかけて育て上げた
現状の若き布陣を考えたら…

本当にV9の再現は
可能ではないでしょうか。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑦

こんばんは!
甲子園オタクです。

地味な独身男の趣味は
妄想とDVD観賞♪

だいたい借りてくるのは
昭和の名作ドラマ

今日みたのはですね…
なんとなんと…
『金八先生part2』

人に話すと…

僕のチョイスに
クスッと
笑われちゃいます(^^;

まぁ、舞台が昭和55年
テーマは校内暴力ですからね~

かの有名な
“腐ったみかん”です。

ただ、ほんと、
金八が熱くて
泣けるんですよ(T_T)

生徒役も最高で…

加藤優は男気あるし
川上麻衣子は可愛いし
ひかる一平もいい味出てるし

沖田浩之は…
ダルビッシュに似てたな…笑

さてさて、
もうひとつの悪趣味
妄想の世界では…

プロ入り4年目
初タイトルの打点王を
獲得した落合さん♪

盟主・巨人の4番打者として
3年連続の日本シリーズに
挑みますよ~

◆1982年・秋

日本シリーズは
GL決戦となりました。

常勝・西武ライオンズ

ひとつの時代を
築きましたが…

黄金時代突入への
第一歩となったのは…

この1982年でした。

僕が物心ついた頃の
ライオンズは…

弱かったんですよー!!!

すぐ球団名変わるし
ユニフォームは奇抜だし
背番号が前番号になるし

九州から埼玉に来たら
いきなり開幕12連敗するし…

そんなライオンズを
久~しぶりの優勝へ導いたのが…

“管理野球”で有名な
広岡達朗監督でした。

僕にとっては…

名作おふざけアニメ
『がんばれ‼タブチくん‼』の
ヒロオカさんのイメージですが…
(若い方は???ですね…)

まぁまぁまぁ、
とっても厳しかったんですねー

当時の野球選手なんて…
夜遊びや暴飲暴食上等!!

それら全てを
シャットアウト!!

さらには
禁煙に禁麻雀!!

そうなると…

パンチパーマが
流行るような時代の
選手達は反発しまくり!!

東尾さんや田淵さんら
遊びが好きそうだった皆さんは
特に堪えたのでは…
※僕の勝手なイメージです(^^;

ちなみに、、、

東尾理子のパパ
石田純一のお義父さん
東尾修さんは…

大先輩の田淵幸一様を
おっさんと呼んでいたらしい…

さすがっす!!

色々あったみたいですが…

反発を乗り越え
広岡さんは成果を上げ…

根拠の無い勘や経験頼りの
昔ながらのプロ野球界に
科学的視点を取り入れ
常勝チームの基礎をつくりました♪

今では当たり前ですが
情報の少ない時代から
食事管理の徹底とか…

先見の明がある方って
心底尊敬しますね。

そんなレオ軍団の
V1メンバーはこちら!

【1982年西武スタメン】
6石毛 .259 15本
4山崎 .246 7本
5スティーブ.307 11本
D田淵 .218 25本
8テリー.292 25本
7大田 .279 17本
3片平 .277 14本
2大石 .185 1本
9立花 .251 1本

数字だけ見ると
巨人と比べ見劣ります。

投手陣も東尾さんに
兄やんとオトマツの
松沼兄弟が健在でしたが…

こちらも巨人と比べ
見劣りします。

期待の若手に
工藤公康や伊東勤が
出始めましたが…

まだまだ、
これからの選手でした。

日本シリーズ前の
評論家予想は
圧倒的に長嶋巨人!!

“さようなら王貞治”

そんな意味合いも含まれ
注目度の高かった
日本シリーズは…

予想外の展開に!!

3勝3敗…

最終第7戦迄
もつれ込みました。

“ケンカ投法”
エース東尾修を
リリーフに起用し…

抑えの森繁和と共に
後ろを磐石にした西武が
接戦を制し続け
食らいつく展開に。

昔からGL決戦は
もつれるのが宿命なのか…

さぁ、最終第7戦!

先発投手は
巨人・江川卓
西武・松沼兄

そして、
スターティングメンバー

両軍の4番打者には
巨人・落合博満
西武・田淵幸一

稀代のスラッガーが
名を連ねました。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑥

こんばんは!
甲子園オタクです。

今週のモーニング!
『バトルスタディーズ』
マエケンのインタビュー含め
最高の内容でしたね~

“DL学園”の
ユニフォームを着た
表紙の前田健太イラストも
最高だったなぁ♪

“刑務所よりツラい”
そう言われてきた
PL学園の野球部寮…

漫画のワンシーンで
もう一回、
1年生をやり直すなら…

なんぼ積まれたら
やってもいい?

この質問に3年生が…

『100億』
『2兆』
『美女8000人』

それでもイヤや!

思い出すだけで
ゲー吐くわって!!

どんだけ…笑

作者がPL野球部出身
なきぼくろ先生だけに…

話がリアルで恐いわ~

ただ救いとして、
マエケンとなきぼくろ先生の
インタビューは
微笑ましかったなぁ。

さてさて…

漫画どころか
絵心0%オジサンは
本日も勝手な妄想で
楽しみたいと思います(^o^)

◆1982年・秋

江川卓と落合博満
投打の主役が健在の
長嶋ジャイアンツ。

充実の陣容に加え
王貞治900号達成フィーバー
日本中が沸きました。

そして引退を決意した
王選手兼任助監督の為にも
優勝で花道を飾ってあげたい。

それが選手とファンの
切なる願いでした。

この時代は…

連日当然のように
巨人戦中継が行われ
高い高い視聴率を
誇っていました。

そんな毎日ですから
全国に巨人ファンが
めちゃくちゃ存在しました♪

ざっくり極端に言えば
日本中がジャイアンツ優勝を
祈るムードの中…

デットヒートを繰り広げた
チームがありました。

策士・近藤貞雄監督率いる
中日ドラゴンズ!!

この年は強かった~

まずは充実の先発陣!

“カーブの握りで牽制球”
16勝左腕エース・都裕次郎

“台湾から来た若武者”
時代の先駆者・郭源治

“スピードガン導入のきっかけ”
鬼フェイスの速球王・小松辰雄

そして抑えには…

“浪商の番長って本当なの?”
理論派ストッパー・牛島和彦

加えて、
晩年だったとは言え
天下の星野仙一も健在!!

星野vs落合
牛島vs落合

そんな因縁の対決も
妄想ワールドでは存在します♪

吼える星仙に
(昔の人はホシセンと呼んだ)
対峙する落合…

いや~
面白そうだー!!

加えて打撃陣も
素晴らしかったのです。

【1982中日スタメン】
9田尾 .350 14本
8平野 .288 4本
5モッカ.311 23本
3谷沢 .280 21本
7大島 .269 18本
6宇野 .262 30本
2中尾 .282 18本
4上川 .227 2本

モッカ好きだったなぁ…

名手平野謙さんは
解雇予定を近藤監督が
才能を見抜いたらしい♪

さすが!
“スーパーカートリオ”の
名付け親だ~

秋深まり
ペナントレースは…

逆転、また逆転の
歴史的デットヒート!!

熾烈な首位争いの
決め手になったのは…

最後の巨人中日
天王山3連戦!

▽第1戦
いぶし銀・河埜決勝打
定岡が完投15勝目!

▽第2戦
小林繁好投に角が好救援
絶好調中畑清サヨナラ打!!

▽第3戦
鹿取の好ロングリリーフ
最後はホワイトが
サヨナラホームラン!!!

篠塚・落合・原の
クリーンアップが
目立たなくなるほど…

神憑り的な全員野球で
後楽園決戦を
3タテで制した
ミラクル長嶋巨人!!

このまま勢いに乗って
見事にリーグ3連覇を
果たしました。

さぁ、1982日本シリーズは
因縁のGL決戦!!

イケイケの長嶋ジャイアンツ
管理野球の広岡ライオンズ

かつての
三遊間コンビが…

対照的なカラーの
チームを率い激突!!

落合博満vs田淵幸一

対照的な
4番打者対決が
シリーズの鍵を握る…

そんな予感も大ですね(*^^*)

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら⑤

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日のWBCに向けた
日本代表壮行試合!

よかったですね~
スッキリしました♪

山田哲人クンは
トップに固定かな?

もし2番に
青木宣親が入れば
ヤクルトの背番号1を背負った
1・2番コンビが誕生!!

(僕は未だ若松勉のイメージ…笑)

勝手な予想ですが
この二人と、
キャッチャー大野クンが
存在感を発揮しそう!!

世界一奪還へ…
オッサンは
期待感しかありません♪

さてさて、
本日も大好きだった
落合選手の妄想を
勝手にさせてもらいまーす(^o^)

◆1982年・4年目
.329 34本 108打点

球界の盟主
巨人の4番打者として
チームの顔として
早くも風格十分の落合博満。

『オロナミンC』のCMでも
センターで元気ハツラツ~
笑顔が弾けてます!!

現実世界では
この年、史上最年少で
見事“三冠王”に輝きましたが…

セ・リーグでも
天才落合さんは
三冠王達成なるかなぁ?!

ちょっと話が
脱線しますけど…

1982年
現実世界での
落合さんの成績
.325 32本塁打 99打点

この成績について
御意見番・豊田泰光氏は…

『三冠王の資格無し』

そうバッチリ評した…

えぇ~?!

これに対して
落合さん…

『取った事ない人に言われたくない』

おぉ~!!

なんか凄い…

そして怖っ(^^;

サムライ同士の…
昭和なエピソードでした。

話を、、、
三冠王どうなった?
このテーマに戻します♪

まず打点!

2位の阪神・掛布雅之に
10打点以上の差をつけて
見事に打点王獲得!!

61盗塁を記録した
“青い稲妻”松本匡史から
始まる打線が…

落合さんの前に
チャンスを演出~

【1982年巨人スタメン】
8松本 .282 1本
9淡口 .266 13本
6篠塚 .315 7本
4落合 .329 34本
5辰徳 .275 33本
3中畑 .267 25本
7山本功.220 13本
2山倉 .196 7本

う~ん、
ファンにはたまらない
ラインナップ♪

上位打線が
塁上を賑わせましたー

大型の左バッター
山本功児さんも
持ち前の長打力を発揮…

息子の武日志(ムサシ)クンも
甲子園3ホームランの
力はホンモノ!!

天国のお父さんの為にも
育成から這い上がれ~

最後の1割打者となった
山倉和博さん…

後にMVPを獲得~

“意外性の男”
そう言われた粗い打撃も
1987年 .273 22ホームラン!

イケメン小林クンも
絶対まだまだイケるよ~

そして…

時に、
代打の切り札…

時に、
大一番でのスタメンとして…

活躍された
王貞治選手兼助監督は…
12本塁打を記録!!

ついに…
通算900本塁打達成!!!

男の花道を
飾られました。

日本の復興の象徴でした。
ワンちゃんが
みんな大好きでした。

昭和34年から
長きに渡り…

国民に夢と希望を
本当にありがとう!
世界のビッグワン(T_T)

次に、、、
本塁打王は…

こちらは阪神掛布雅之に
わずか1本及ばず2位!

さすがミスタータイガース…

カッ、カッ、カッ、カッ
蚊のかっちゃん♪

CMでも一世を風靡!
カケフくんって
子役もいたな~

最後に…
首位打者争い…

こちらは
ベストテンの3位でした…

なんたって、
ハイレベルな争いだもの~

1位 長崎慶一(大洋).351
2位 田尾安志(中日).350

最後は日本球界の悩みの種
“敬遠地獄”に対して…

若き日の田尾さん!
敬遠球に空振りして抵抗!!

涙々のエピソードですね。

そんな田尾さんが
1番打者として牽引した
昭和57年の中日は…

強かった!!!

長嶋ジャイアンツ3連覇か?
近藤ドラゴンズのV1か?

歴史的デットヒートを
繰り広げた結果は…
いかに?!

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら④

こんばんは!
甲子園オタクです。

突然ですが!
“バブル景気”の
お話を少しだけ…

この時代って
そこまで遠い昔では
無いんですよね~

山本昌さん
中日入団してたし~

たまたま取引先の
お偉いさんから
その時代の武勇伝を
たっくさん頂きまして…

経費使いまくり話
無茶苦茶な学生青田買い話
そして、お給料の話…

面白すぎました。

そして、羨ましい~

東京オリンピックで
少しだけでもバブルの空気
戻ってくれたら…

とりあえず
オッサンも浮かれたい!笑

さてさて、
そんな日本が浮かれまくった
80年代の妄想話♪

落合さんは
入団3年目を迎えました。

大ブレークを果たします(^-^)v

◆1981年・3年目
.335 32本塁打 98打点

当時の…
スポーツ新聞1面は
巨人!巨人軍!ジャイアンツ!

そんな時代でしたが…

この1981年は
例年以上に巨人一色!!

長嶋政権延長!
王貞治900号カウントダウン!
二刀流・江川卓大人気!

そして、
ゴールデンルーキー
プリンス原辰徳入団!!

話題に事欠かない
そんな中…

シーズンに入ると
天才バッター落合博満
開花した彼の打棒が
G党のハートを鷲掴み♪

開幕から、
王さんを差し置き
堂々と4番に座る。

1981年巨人軍
強力打線はこちら!!

7松本 .284 3本
9淡口 .313 15本
6篠塚 .357 7本
4落合 .335 32本
3中畑 .322 16本
5辰徳 .268 22本
8トマソン.261 20本
2山倉 .205 11本

このラインナップに加え…

王貞治選手兼助監督
まだまだイケる
20本塁打!!

通算888本塁打達成!!

900号迄
あと12本だ~

さらには
ホワイトに河埜も
二桁本塁打!!

充実の打撃陣の関係で
(トマ損は可哀想だったけど…)
ほぼ投手に専念した
怪物・江川卓は…

“入団8年目”となる
この年、更なる覚醒を遂げ…

24勝3敗!!!

防御率1.85!!!

投手タイトル総なめ!!!

投の江川・打の落合
両輪がガッチリ機能し…

断トツぶっちぎりで
セ界を連覇!!!

MVP候補は…

落合さん、篠塚さん、
ライバル西本聖さん…

候補がズラリ
1981ジャイアンツの
充実っぷりでしたが…

こちらもぶっちぎり
江川卓さんMVP獲得!!!

日本ハムとの
史上初・後楽園シリーズとなった
日本シリーズも…

江川卓・西本聖・小林繁ら
先発投手陣が磐石。

ルーキー原辰徳も大活躍♪

充実のパ・リーグ覇者
ファイターズも…

核弾頭・島田誠
怪物・ソレイタ
15勝0敗・間柴茂有

そして、、、
優勝請負人・江夏豊

タレントが揃い
必死に食い下がるが…

4勝1敗で
ジャイアンツ圧勝~
堂々のV2達成。

スタメンが
大幅に若返った長嶋巨人。

80年代に再度V9も…
そんな期待感たっぷり
ヤングジャイアンツ!!!

そして、落合さんは…

三冠王に向けて
どんな歩みを
見せるのでしょうか(^o^)