2012年の高校野球 もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉞

こんばんは!
甲子園オタクです。

清水富美加ちゃん…
突然でしたね。

『幸福の科学』
全く詳しくはないですが
きっと大川隆法さんって
凄い方なんでしょうね。

ただ、CMとか映画とか
契約の損害賠償額…
超売れっ子さんだから
震えるほどヤバいかと~

オッサン勝手に
超心配しています(^^;

さてさて、
今日も僕の妄想は
平和に進みました!

時は…
2012年・盛夏

第94回全国高校野球選手権大会

剛腕対決となった
決勝戦は…

大桐蔭 000 00
花巻東 000 00

5回を終了して
両チーム無得点。

そして、なんと…
両投手無安打ピッチング!!!

“ナニワのダルビッシュ”
藤浪晋太郎クンは
大谷翔平クンに与えた
2四球のみ。

“みちのくのダルビッシュ”
大谷クンはなんとまぁ…
5回迄パーフェクト!!!

試合を重ねるごとに
とんでもない成長曲線を描く
両剛腕投手ですが…

この決勝の舞台で
さらなる覚醒を遂げています。

凄すぎやん…
ビールも止まるわ…

6回表
全国トップクラスの
強打・大阪桐蔭が…

このまま終わるとは
思えない…

『7番 サード 笠松クン』

打順など関係ナシ。

どこの強豪校へ行こうが
主軸を打てる逸材揃いの
大阪桐蔭の2年生7番は…

ここまで大会3本塁打
長打力満点の笠松クン。

メジャーリーガーのような
独特の構えが大好きです。

西谷監督は
素材そのままに
伸ばすのかな?!

2005年
No.1アーティスト
平田良介クンの打ち方が
僕個人的に歴代最高に好き♪

あれだけ開いて
ブンブン振って
高校通算70本塁打!!

オッサンも真似しますが
当たれば飛びます!
当たれば…

WBC、お願いしますよ~

そんなパワフル笠松クン!
大谷クンの152キロの速球を…

なんと引っ張りきるー!

打球は三塁線を抜けるー!!

『フェアーー』

大谷クンから初ヒット!
しかも長打!!

8番妻鹿クン
しっかり送って
1死3塁!!

絶好の先制機に…

『9番 ピッチャー 藤浪クン』

率は高くないが
春夏共に本塁打を記録。

大きいのも期待出来る
藤浪クンの表情が凄い…

闘志満々、打席に197センチ
冷静沈着、マウンドに193センチ

日本人は一体
どこまで大きくなるんだろ?!

藤浪クンの調子を考えると
絶対に点を与えたくない
花巻東高校…

スクイズ警戒で
ランナーを溜めると
破壊力抜群の上位打線に…

ここは…
三振がベスト!!

大谷クンの初球…
力強いストレートは…

『160㎞』の表示!!!!

この試合でも
大台が出た…

一気に大観衆を
味方に付ける。

ここまで甲子園って
揺れるんだ…
拍手、大声援、
入り交じるなか…

さらに2球目も…

『159㎞』のストレート!!!!

藤波クン、豪快な空振り。

ただタイミングが
合ってるようにも見えた…

捕手佐々木クンの
要求はスライダー。

一気の、
三球勝負で…

見事空振りに仕留めた。

が、しかし、
佐々木クンが後逸してしまい…

大阪桐蔭 1ー0 花巻東

この1点が…

花巻東の夢に…
東北の悲願に…
重い重い1点となるのでしょうか。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉝

こんにちは!
甲子園オタクです。

ちょっと掃除を
頑張っていたら…

流れで、
押入れの奥まで突入♪

段ボールの底には…
大量の20世紀CD軍団!

長渕剛さん!
改めて感動しました。

とにかく歌詞が凄い!
特にバブル期のアルバム!

名作ドラマ『とんぼ』
久々に観たくなってきた~

小川英二さんに
久々に会いたい。

出来たら、
続きも観てみたい(^-^)

『とんぼ』も名作ですが
僕の妄想でも名シーンが
始まろうとしています。

時は2012年…

夏の甲子園・決勝
花巻東(岩手)ー大阪桐蔭(大阪)

TVに…
映し出される
凄すぎる数字に…

胸が踊ります。
夢じゃないんですよね…

大谷翔平(3年)
今大会の成績
14打数6安打11打点
.429 5本塁打

5本塁打って…

ついにタイ記録
ほんっとにすげぇ……

第94回全国高校野球選手権大会

決勝戦は
1回裏・花巻東の攻撃。

ここまで
30イニング連続無失点
大阪桐蔭のエース藤浪クンが
うるさい1・2番を打ち取り…

大谷クンvs藤浪クン
夢のライバル対決
第1ラウンド!!

193㎝と197㎝
ここまでの大型対決は
かつてあったかなぁ…

1987年・夏の甲子園

尽誠学園の伊良部秀輝と
浦和学院の鈴木健の
夢の対決がいきなり初戦で
ぶつかったのは…

遡ること25年前。
この時もド迫力で
凄すぎるって思いましたよ~

選手の大型化が進む
現代の高校野球。

それでも、
大谷クン藤浪クン
これ以上の選手はもうさすがに…

そんなこんな
想いを巡らせていたら
画面の表示に!!

『155㎞』

うおぉぉぉー!!!!

地鳴りのような大歓声…
藤浪晋太郎投手
自己最速を更新。

大会史上歴代2位タイの
恐ろしい直球が決まった。

気合満点の藤浪クン
ここまで表情に表れるんだ~

冷静に対峙する大谷クン
その2球目!

藤浪クンのスライダーを
見事に捉えた打球は…

ピンポン玉のように
ライトポール際へ
一直線!!!

清原選手を
超えちゃうの~?!

『ファーーール!!』

一体どこまで飛んだのー?
大観衆からの
どよめきが止まらない…

藤浪クン森クン
凸凹バッテリーも苦笑い。

ありがたい仏のような
西谷監督の表情でさえ
漫画の汗マークが
付いたかのような顔立ちに…

一方、
沸き上がる花巻東ベンチ。

このチームの一体感は
どこから来るんだろう。

“日本一雰囲気のいいチーム”
オッサンのイメージでは
そんな感じがします。

まさしく
THE・高校野球って感じ。

佐々木監督って
人格者オーラ全開ですもんね。

結局、大谷クンを歩かせ
4番太田クンは捉えた打球も
サードライナーでチェンジ。

大桐蔭 0
花巻東 0

157キロに155キロ
そして歴代最長飛距離であろう
超特大のファール…

期待高まる決勝は
1回を終了。

両チーム無得点ながら
ドラマの予感漂う
滑り出しとなりました。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉜

こんばんは!
甲子園オタクです。

取引先のお偉いさんと
何故だか『ドカベン』の話題で
盛り上がりました~

現在も連載中!
水島新司先生お元気すぎる♪

それにしても…

今の高校生の
技術や体力の向上って
本当に凄いですよね~

明訓高校が甲子園で
唯一敗れたチームが
岩手の弁慶高校!

なんと歩いて、
甲子園入りした強者達!笑

そのエース義経光の
ストレートMAXは…

140キロでした(^^;

いくらでも誇張出来る
漫画の話ですよ~

山田太郎に岩鬼や殿間が
その球威に
抑えられたんですよ~

時代ですね。

食べ物や
科学的トレーニングや
色々あるんでしょうけど…

今の高校生が
凄すぎなんですよね~

特に妄想の世界で
決勝戦を迎えた
この二人のエースは
別格過ぎる…

2012年…

夏の甲子園・決勝

花巻東(岩手)ー大阪桐蔭(大阪)

日本中…
いや、海外メディアも注目する
大谷翔平クン・藤浪晋太郎クン
二人のライバル対決に…

溢れんばかりの大観衆!!!

そして、
両チームの挨拶だけで…
割れんばかりの大歓声!!!

これほどに
注目度の高い決勝戦は…

近年なかなか
無かったのでは。

事実、昨日の準決勝
瞬間最高視聴率は
NHKとABC合わせて…

脅威の40%超え。

その瞬間はやはり…
大谷翔平選手。

9回逆転満塁ホームラン
劇的すぎる瞬間を…

日本人の
約2人に1人が
目撃した事となります。

ちなみに、
甲子園最高視聴率は
1978年夏の甲子園決勝
PL学園対高知商業戦で…

50%超でした!!

さすが、逆転のPLです。
西田ー木戸のバッテリーですね♪

2012年の決勝戦は
どのようなドラマが
生まれるのか。

決勝戦独特の緊張感が
甲子園を包む。

そんな中、
連投となる大谷クンが
淡々と投球練習を続ける。

いよいよ、始まります。

1回表
大阪桐蔭の攻撃

トップは6割超え
貫禄ありすぎ2年生
エースが冗談で“さん付け”する
この男が打席へ…

『1番 キャッチャー 森クン』

アナウンスに更に大歓声。
いきなり注目の対決。

試合開始のサイレンが
鳴り響く中…

外角によく制球された速球に
合わせるのが抜群に巧い
森クンのバットが…

空を切った。

『157㎞』

スコアボードの表示に
どよめく甲子園。

初回から
全開の大谷クン!!

全国トップクラスの
大阪桐蔭上位打線を
初回見事0点に抑える。

さぁ、今度は大谷クンの
打撃が見られる♪

長年、高校野球を見てきて
ワクワクさせてくれる選手は
沢山沢山いましたが…

大谷翔平選手が
ワクワク感MAXかもしれない。

1回裏
花巻東の攻撃

うるさい1・2番コンビを
マウンド上197センチの巨人は
全く寄せ付けない。

藤浪晋太郎投手。
ここまで30イニング
連続無失点中。

難攻不落の春V腕に
挑むのは…

『3番 ピッチャー 大谷クン』

初回からまたも大歓声
そして拍手に迎えられ
バッターボックスへ。

清原選手超えの
大会6号が出るか。

はたまた藤浪クンが
春センバツの仮を返すか。

注目の対決、
第一ラウンドです。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉛

こんばんは!
甲子園オタクです。

突然ですが、
『逃げるは恥だが役に立つ』
続編があるって!
職場で話題となり…

本当だったら
オッサン嬉しいです!笑

『半沢直樹』も
続編を匂わして終ったのに
結局未だ何もない…

ドラマ大好きなんです。
趣味は現実逃避ですから♪

そんな妄想癖の塊は、
仕事半分・妄想半分
本日もそんな感じでした~

いや、
ほとんど妄想だったなぁ…(^^;

2012年・盛夏
第94回全国高校野球選手権大会

全国約4000の高校が
参加した今大会も…

いよいよ、
決勝に残った
2校のみに絞られました。

◆決勝戦
花巻東(岩手)ー大阪桐蔭(大阪)

春センバツ
大会初日
1回戦の再戦。

春夏連覇か
東北の悲願達成か

見所満載の対決ですが
何と言っても焦点は
両校エースの投げ合い。

春センバツ優勝投手
大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手

高校生史上最速160キロ
花巻東・大谷翔平投手

共に190センチを超える
堂々たる体格。

共に150キロ超のストレートを
全試合で投げ込んでいる。

共に当然のごとく
ドラフト1位を確実視される。

そして、
共に付いた呼び名は…

ナニワの“ダルビッシュ”
みちのくの“ダルビッシュ”

共に超高校級の
絶対的エース対決は…

2006年
早実ー駒大苫小牧

ハンカチ佑ちゃん対マー君

彼らの投げ合い以来では…

マスメディアも
過熱の一途を辿る。

特に大谷クンは
ハンカチ佑ちゃん以来
連日ワイドショーでも
報道が過熱。

打っても5本塁打
ついに清原選手に並んだ
打撃での実力に加え…

端正なルックスに
マスコミも食い付く食い付く。

早実・荒木大輔に
迫るんちゃうか~

玄人のおっちゃんも
唸る人気ぶり…

そりゃあワクワク度が
半端ないもんな~

スポーツニュースや
『熱闘甲子園』でも
勿論、報道は過熱の一途!!

胸が高まる決勝戦。
明日も仕事は
サボるなこりゃ♪

おそらく…

実力的には、
大阪桐蔭が僅かにリード。

これがマニア達の見解。

しかし…

東北に勝たせてあげたい。
被災地に希望を与えてほしい。

日本中のムードが
地元なのにアウェイ感を
大阪桐蔭に与えるかなぁ。

この見えない力は
本当に大きい。

勝ち上がりを見ても…

『花巻東』
●1回戦 浦添商 6ー1
●2回戦 日大三 3ー2
●3回戦 愛工大名電 3xー1
●準々決勝 済々黌 5ー2
●準決勝 桐光学園 5ー2

3回戦、準決勝
屈指の実力校相手にも…

まるで劇画のような…

大谷翔平選手のホームランで
勝ち上がってきました。

決勝の大一番で
さらなるドラマを
見せてくれるのか。

一方のセンバツ王者は…

『大阪桐蔭』
●1回戦 智弁和歌山 6ー2
●2回戦 仙台育英 10ー3
●3回戦 浦和学院 2ー0
●準々決勝 札幌第一 4ー3
●準決勝 光星学院 2ー0(延長10回)

スコア以上に
強さを感じる戦いぶり。

やはりエース藤浪クンの
絶対的な安定感が
そう思わせてくれるのでしょう。

現在、30イニング連続無失点。

投手・藤浪クン
打者・大谷クン

この投手・打者対決も
日本中が…
釘付けになるだろうなぁ。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉚

こんにちは!
甲子園オタクです。

プロ野球キャンプ情報で
ハンカチ斎藤佑樹クンが
岡大海のバットをへし折る!

なんだか期待したくなる
ニュースですね♪

絶対にまだ
潜在能力あるし
オフのトレーニングも
いい感じだったし…

記事にあった写真も
力強いフォームに見える!

背番号1になった斎藤クン
今年は本当に楽しみです!!

さてさてさて、
今日は仕事中に妄想が
冴えてました~

2012年・盛夏
第94回全国高校野球選手権大会

準決勝
第2試合は…

センバツ王者が
追い詰められ…

大阪桐蔭 000 000 00
光星学院 000 000 04

…と言う展開になっても
全くおかしくない程の
4番北條クンの
素晴らしい当たりでしたが、、

レフト安井クンの
超美技に阻まれ無得点。

20年以上前の
たらればを言っても
仕方がありませんが…

オッサンの発想として
ラッキーゾーンが
もしあったらな~

なんて思うのは
女々しさ丸出しですね!

僕の何倍も
気持ちの切り替えが早い
百戦錬磨の光星ナインは…

9回表
桐蔭の攻撃を
見事にゼロに抑える。

試合は0対0のまま…
いよいよ延長戦に突入。

青森県勢の
0対0での延長と言えば!

伝説の
三沢高校対松山商業
決勝戦延長18回再試合!!

本当に、本当にあと一歩
届かなかった夢。

それから約40年の間…

磐城高校、東北高校…

大船渡に金足農業
経法大付に利府に羽黒…

様々なチームが
挑んできた頂点への夢。

実に二季連続
甲子園準優勝。

充実の陣容。
盤石の勝ち上がり。
頂点だけを見てきた
光星学院も…

ついに、力尽きました。

10回表
王者・大阪桐蔭に奪われた
2失点はあまりにも大きく…

その裏、
田村クン・北條クンまで
もう回ることは無く…

大阪桐蔭 2ー0 光星学院

延長10回激闘の末…
青森の夢、敗れ去る。

奇しくも…

東北の雄・仙台育英が
悲願の優勝へ
あと一歩に迫った…

1989年
夏の甲子園決勝と全く同じ
イニングスコアでした。

勝者・大阪桐蔭
史上7校目の春夏連覇へ
あと、1勝。

エース藤浪晋太郎クン
ついに30イニング連続無失点。

打撃陣も打率6割超!
強打のリードオフマン
森友哉クンを筆頭に…

水本クン、田端クン、
安井クン、白水クン…

全国屈指のタレントに加え
2年生笠松クンが
今大会3本塁打!!

彼らが決勝戦で
挑む相手は…

投げて
高校生史上最速
160キロ。

打って
甲子園大会タイ記録
5本塁打。

投打に
異次元の力を見せつける
大谷翔平クン擁する
花巻東高校が相手。

春夏連覇か
東北の悲願か

ナニワのダルビッシュか
みちのくのダルビッシュか

日本中が、
注目する決勝戦。

全国の野球ファン…

普段は興味の無い
ギャルやオバチャン…

地元の大声援…

そして、
被災地からの願い…

かつての長嶋茂雄監督の
言葉を借りるならば
“国民的行事”が
始まろうとしています。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉙

こんばんは!
甲子園オタクです。

プロ野球は
キャンプ真っ只中♪

今日注目したのは
ヤクルトのドラ1
履正社出身の寺島クン!

いい意味で、
ふてぶてしいわ~

『石井一久並のマイペース』
『コーチにしっかり自己主張』

まだ高校生ですよ。
凄いなー
動じないって顔に出てる!

彼はかなり早い段階で…
活躍しそうだなぁ。

楽しみです!!

ただ、昨夏の甲子園。
寺島クンに藤平クン高橋クン…

高校BIG3は
いずれも先発せずに
敗れたんだよな~

いつか、
もし先発していたら…

そんな“たられば”も
妄想したいですね。

さてさて
只今、
絶賛?連日妄想中…

2012年夏・盛夏
第94回全国高校野球選手権大会

準決勝・第2試合

大阪桐蔭 000 000 00
光星学院 000 000 0

8回裏
毎回のように
ピンチを凌いできた
光星がついに…

“ナニワのダルビッシュ”
センバツV腕・藤浪晋太郎クンから
2死ながら1・2塁の好機を作り…

田村クン・北條クン
大砲二門に繋いだ!!

『3番 キャッチャー 田村クン』

甲子園での経験値は
全国屈指の田村キャプテン。

仲井監督と目が合う。
表情には余裕すら感じる。
お互いにいい顔してるな~

想像で申し訳ないが、
お互い酒が強そうだな~

一方の藤浪クンは
苦しい表情…

マウンドで
凸凹バッテリー
捕手森クンと話し込む。

春夏通じて
ここまで苦しい場面は
無かったのでは…

裏を返せば
常に横綱相撲だった
王者・大阪桐蔭。

めちゃくちゃ痺れる場面。
それでも…

ベビースター大好き西谷監督
いつもの余裕の表情!
ほんっと凄いわ。
(インタビュー上手すぎやし)

エースとキャプテンの対決は…
4度目にして
田村クンが捉えたー!!

強烈な打球が
三遊間を襲う!!

桐蔭ショート妻鹿クン
やっぱり上手ーい!!

抜かせない。
しかし何処にも投げられない。

『4番 ショート 北條クン』

2死満塁で…

今度はエース対4番。

27回無失点男と
大会4ホームラン男の
THE・対決!!

甲子園球場が
異様な雰囲気に。

両アルプスから
悲鳴にも似た大声援。

勝負の行方は…
北條クンの勝ち!!

青森の夢、
被災地の希望、
東北の地の悲願…

様々な想いを乗せ
浜風に乗り
打球はグングン伸びる。

勝負の行方は…
北條クンの勝ち…

だったハズですが……

レフト安井クンが
スーパーキャッチ!!!!

延長17回世代の
PL学園田中クンもビックリの
背面超美技が飛び出し
大阪桐蔭は大ピンチ脱出。

桐蔭のレフトと言えば
初優勝時の強打者井上クン!

準々決勝・帝京戦
ホームランボールを
当時のラッキーゾーンに
よじ登り奇跡的な好捕。

20年以上の時を超え
同いユニフォームを着た
左翼手が物凄いプレーを
再度見せてくれました。

盛り上がる!!
盛り上がる桐蔭ベンチ!!

一方…
ガックリ光星ナイン。

試合はついに
0対0のまま…

9回に突入します。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉘

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日の『アメトーーク』
大谷翔平スゴイぞ芸人!

録画してたので
深夜に見ましたが…

遅い時間なのに
笑いすぎちゃった~

お隣さんゴメンナサイ!!

それにしても…
“人生の目標シート”

オッサン本気で
感動しました。

『俺がやらなくて誰がやる!?』
『人生が夢を作るんじゃない。夢が人生を作るんだ!!』

高校生の時の言葉かぁ…

尊敬します!
勇気をもらいました!
ますますファンになった(^-^)

さてさて、

そんな大谷クンに
リスペクトの意味も込め?!
勝手に妄想してきた
2012年夏の甲子園も…

いよいよ佳境!

準決勝・第2試合も
終盤を迎えています。

大阪桐蔭 000 000 0
光星学院 000 000 0

スコアボードには
キレイに0が並んでいますが…

その内容は…

塁上を常に賑わす
桐蔭に対し…

光星は初回のチャンス以降
藤波クンにほぼ完璧に
抑え込まれる展開。

藤浪晋太郎投手の
無失点記録は
27イニングに到達。

その数字以上に
磐石の投球内容。

“160キロに5本塁打”

世間の話題は
二刀流・大谷翔平選手に
偏りがちですが
安定感と言う意味では…

“春センバツ優勝投手”

藤浪晋太郎投手が
一歩リードかもしれません。

しかし、
8回表の大阪桐蔭も…

光星学院2番手
エースナンバー金沢投手の前に
絶好機を逃してしまう。

城間クン・金沢クン
ダブルエースの粘投リレーに加え
光星野手陣の、
リベンジに燃える再三の好守!!

毎回のように
残塁を重ねる桐蔭…

こうなると、
野球は流れのスポーツ。

実力十分の大阪桐蔭にも
焦りが生じる…

8回裏
藤波クンにも
徐々にプレッシャーか?!

抜群だった制球が乱れ始め…

田村クン・北條クン
強打者コンビを
意識しすぎたのか…

この二人の前に
ランナーを溜めてしまった。

2死1・2塁

『3番 キャッチャー 田村クン』

沸き上がる光星アルプス!!

小柄ながら
4季連続の甲子園で
実に17試合目。

北條クンと共に
常に安定感抜群の
打撃を誇ったキャプテン…

集大成の打席と言っても
いいでしょう!!

関西圏を中心とした
野球留学生が大半を占める
青森代表・光星学院。

批判的な声も
ぶっちゃけよく耳にするけど…

凄い事だと思う。
凄い覚悟だと思う。

15歳で親元を離れて
遠く離れた地で
甲子園だけを目指し
日々を捧げる生活。

批判を声にする人の
言いたい事は
わかるつもりだけど…

リアルに自分に
置き換えたら…

簡単に、
出来る事じゃない。

だからこそ応援したい。

そして、
8回裏に得点を上げ
9回表を抑えると…

当たり前の事だが
光星学院が勝利する。

その瞬間、
みちのく勢の悲願
春夏通じて初めて優勝旗が…
東北の地に渡るのです。

エース藤波クン。
キャプテン田村クン。

4度目の対決の結末は
甲子園の歴史を
変えるかもしれません。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉗

こんばんは!
甲子園オタクです。

書店にて、
『Standard』と言う
スポーツマガジンを発見!

大谷クンの
花巻東時代の表紙に
目を奪われ
手にしたのですが…

想いがひしひし伝わる
地域密着の素晴らしい内容!

岩手発祥で
今は東北3県に
神奈川版に愛知版迄
出ていたんですね~

特別増刊号だから
全国に出荷したのかな?

『怪物前夜』

このコピー通り、
岩手が産んだ怪物の原点を
興味深く読ませて頂きました。

そんな怪物の高校時代
今日もオッサン勝手に
妄想させてもらいました~

2012年・盛夏
第94回全国高校野球選手権大会

準決勝・第2試合

スコアボードには
センバツ両雄の校名が

大阪桐蔭
光星学院

そして、その下に…

花巻東 5ー2 桐光学園

一足先に、
決勝進出を果たした
花巻東の激戦を物語る
スコアも表示されている。

大谷クンの
9回2死逆転満塁
第5号本塁打の余韻が残る中…

第2試合が
プレイボール!

春夏連覇を狙う
大阪桐蔭・打の主役
2年生捕手森クンが…

いきなり右中間を破る
3ベースヒット!!

これで今大会
実に19打数12安打!!

6割を超えるバッティングは…

平成の名将・西谷監督が
『確率的なモノは桐蔭史上No.1』

おかわり・西岡クン・中田翔…

多くの逸材を送り続ける
同校OBを差し置いての言葉には
説得力があります。

マウンドには
技巧派右腕城間クン。

背番号4の投手で
春夏共に完封勝利を達成した
史上初の投手!!

真骨頂は…
走者を出してからの投球。

スライダーを軸とした
巧みなピッチングは
準決勝の大舞台でも健在!

全国トップ級の選手が
ズラリと並ぶ
桐蔭の上位打線を…

見事、無失点に抑え
上々の立ち上がり。

その裏…

こちらは
無失点記録を続ける
“ナニワのダルビッシュ”
先発藤波クンの立ち上がりを…

沖縄からやって来た
青森・光星学院の核弾頭
ヒットメーカー
天久クンが捉える!!

きっちり、
1死2塁のカタチを作り…

光星学院が誇る
大砲二門
田村クン・北條クンが登場。

まずは、3番打者!
よーく喋る陽気な関西人
キャッチャー田村クンが打席に。

田村クンも
今大会2本塁打。

北條クンと合わせて6本塁打!
脅威の3・4番コンビ!!

今となっては
考えられませんが…

青森県勢の初本塁打は…

なんとなんと
1997年!!

最近やないかーい。

同じく光星学院
同じく大阪からの留学生
キャプテン山根クンの
先頭打者本塁打でした。

しかし、試合は…

好投手児玉クンを擁しながら
名門佐賀商に
9ー10サヨナラ負け…

今でこそ、
甲子園で上位進出の常連
光星学院ですが…

思い返せば…
負けから這い上がる歴史が…

洗平クンと言う
後に中日から
ドラフト2位指名を受けた
好投手が1年夏から…

3年連続
夏の青森大会
決勝戦で惨敗。

優勝候補筆頭に
挙げられながら
あと一歩が、遠かった…

ついに、
壁を打破したものの…

今度は甲子園で
3季連続の惨敗。

それが、今では…
2季連続の甲子園準優勝!!

さぁ、藤波クンに挑む
田村クン・北條クンの
第1ラウンドはいかに…

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉖

こんばんは!
甲子園オタクです。

今日のスポーツ新聞も
大谷クンの記事が
紙面を賑わせてましたね。

手術の可能性も…

開幕に間に合わなくても
仕方がないです!

ファンとしては
万全の状態で
戻ってきてほしい!

スポニチの
石井一久コメントを読んで
本当にそう思いましたよ♪

さてさて、
妄想ワールドでは…

2012年・盛夏
第94回全国高校野球選手権大会

準決勝第1試合は…

大谷クンの神憑り的な活躍で
花巻東が県勢初の
決勝進出を果たしました。

TVに映る
インタビューの様子。

桐光学園
松井祐樹投手の嗚咽が
止まらない…

よく頑張った!
君には来年があるぞ~

それにしても…
球史に残る
物凄い投手戦でした。

仕事サボって
本当によかった!!

続いての
準決勝第2試合は…

大阪桐蔭
光星学院

スコアボードに
春センバツ決勝で争った
両雄の校名が表示される。

まだ第1試合の
熱戦の余韻が残る甲子園…

しかし、
スタメン発表のアナウンスに
球場内の空気は一変する。

大阪桐蔭の先発投手は…

『8番 ピッチャー 藤波クン』

大阪が誇る
超高校級右腕の先発に
スタンド全体から大歓声!!

背番号10
澤田クンも
全国クラスの好投手ですが…

背番号1
春センバツ優勝投手
“ナニワのダルビッシュ”

やはり人気は絶大!!

一足先に決勝進出を決めた
“みちのくのダルビッシュ”
大谷クンとの投げ合いは
実現するでしょうか。

対する光星学院の
先発投手は…

『6番 ピッチャー 城間クン』

準々決勝
常総学院を完封した
背番号1
金沢クンかと思いましたが…

背番号4
技巧派の好投手城間クンが
春のリベンジへ…
再度先発のマウンド。

タレントが揃い
堂々の勝ち上がりを見せた
春の両雄の“この夏”を
振り返ってみましょう。

光星学院
●1回戦 香川西 9ー1
●2回戦 天理 4ー3
●3回戦 今治西 8ー0
●準々決勝 常総学院 3ー0

大阪桐蔭
●1回戦 智弁和歌山 6ー2
●2回戦 仙台育英 10ー3
●3回戦 浦和学院 2ー0
●準々決勝 札幌第一 4ー3

なんと言っても注目は
藤波クンと北條クンの
エース対4番の対決!!

“桐蔭のエース”
藤浪晋太郎クンは…

初戦の智弁和歌山戦の
5回からここまで
無失点を継続中!!

大谷クンと共に
登板した試合は
全て150キロ台を計測。
(すんげえ時代だ~)

勝ち方を知るV腕は
春夏連覇へ向けて
今大会も磐石の投球内容!!

対する“光星学院の4番”
北條史也クンは…

ここまで絶好調!
4ホームランを記録。

準決勝第1試合の
大谷クンに続き
レジェンド清原選手の
大記録に並べるか?!

もしも…

光星学院が
春のリベンジを果たし
3季連続決勝進出の
偉業を達成した瞬間…

決勝のカードは…

光星学院(青森)ー花巻東(岩手)

ついに、ついについに…
東北勢初優勝の
悲願が達成されるのです。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㉕

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日の『アメトーーク!』
スクールウォーズ芸人!
大爆笑させてもらいました~

●番長水原への気付け薬
●大木大助すぐ殴る
●梅宮辰夫の幽霊とバイク
●マネージャー胴上げ50回

そして滝沢先生の
『花園だな♪』

どれもこれも
涙涙の名シーンですが
芸人さんが語り出すと…

リスペクトしつつ
笑わせてくれる!!
やっぱりさすがですねー

山下真司さん
サプライズ登場!
愛の鉄拳も最高でした!!

さてさてさて、
妄想ワールドでは…

160キロ右腕vs23K左腕
大注目の投げ合いに
いよいよ終止符が…
打たれようとしています。

2012年・盛夏
第94回全国高校野球選手権大会

準決勝・第1試合
花巻東ー桐光学園

甲子園球場のスコアボード

9回表
4の文字が点灯する…

花巻東 000 000 014
桐光学 000 020 00

それはまるで、
劇画のような…

9回2死
土俵際で飛び出した
大谷翔平選手の
逆転満塁大会第5号ホームラン。

伝説の男…

PL学園・清原和博選手に
27年の時を超えて並んだ…

1大会5本目の
本塁打でもありました。

大逆転を食らった
神奈川の桐光学園は…

9回裏の攻撃も
ツーアウトランナー無し…

今度は土俵際に
追い込まれました。

バッターは
6番キャプテン田中クン。

下級生も多く
言いたいことを
ハッキリ言いそうな
やんちゃなタメ口エースを始め…

個性的な面々を
まとめてきたキャプテンが
最後の打者となるのか。

マウンドには
難攻不落の160キロ右腕
大谷クンが仁王立ち。

ネクストには
祈る松井クン。

その表情は
憔悴しきったように見える。

5回先制アーチの
松井クンに繋がる事は…

無かった…

『ゲーームセット!!』

花巻東 5ー2 桐光学園

サイレンが鳴り響く中
死闘を終えた両軍選手が
ガッチリ握手を交わす。

鳴りやまない
鳴りやむ事のない
大観衆からの拍手の中で…

晴れやかの表情の大谷クンと
号泣の松井クンも…
何か言葉を交わしたようだ。

いいシーンだ…
日本の高校野球だ…

神奈川県代表
桐光学園の2年生左腕
松井祐樹投手

“4試合70奪三振”

この数字は
徳島商・ゆで玉子板東英二投手
早実・ハンカチ斎藤祐樹投手

彼らに次ぐ
史上3位の数字。

しかもわずか4試合で…

長い長い大会史の中で
1試合最多23奪三振
13連続奪三振
とんでもない数の新記録を樹立。

さらには
2試合連続20奪三振など
三振に関するありとあらゆる
記録と記憶を残し…

全国ベスト4で
甲子園を去りました。

一方、
岩手県代表
花巻東高校は…
夏・県勢初の決勝戦進出!!

悲願の
東北勢初優勝に向け…

被災地の
大いなる夢と希望を乗せ…

高校野球史上に残る
大谷翔平選手を中心に
ベンチ・スタンドも含めた
抜群のチーム力で頂点を狙う。

全国制覇へ…
あと、1勝。