2012年の高校野球 もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑤

こんにちは!
甲子園大好き芸人です。

大好きな愛読紙
日刊スポーツ様にて…

毎日掲載している
「野球の国から」~高校野球編~

今回の黒田博樹編も
ほんっっとうに
面白いですねー( ☆∀☆)

思わず押し入れから
昔の報知高校野球を
引っ張り出しましたよ~

さすが安心安定の
報知高校野球さん!

当時の“上宮高校3番手”
黒田投手の事も
的確に記載されてました♪

他にも・・・

ゴジラ命名前の
強打者・松井秀喜を始め…

帝京・三澤クン
広陵・塩崎クン
村野工・安達クン
東海大相模・吉田クン

多士済々の顔ぶれ\(^-^)/

なんだかんだで
25年前の雑誌ですからね~

本当に懐かしい。。。

そう考えると
当時のPL学園背番号1
松井“和夫”選手が…

今も現役って、
改めて凄すぎですね!!

古巣・ライオンズでも
若々しいプレーを
期待しています☆

さてさてさて、、、

今日も寒い一日でしたが…

僕の頭の中、
妄想ワールドは…

真夏の甲子園
真っ只中です!!

では本日も続きを、
勝手に記載していきます(^-^;

2012年・夏──

第94回全国高校野球選手権大会

大観衆で埋まった
阪神甲子園球場

大会2日目
第3試合は6回迄終了…

浦添商 000 000
花巻東 110 102

5対0で花巻東がリード。

日本中大注目、
160キロ右腕大谷クンは…

MAX156キロを
4度計測するなど
噂の剛腕ぶりを存分に披露♪

6回を投げて…

浦添商の強力打線を
散発3安打の
無失点ピッチング!

奪三振は二桁10K!!

打撃は
四球、ニゴロ、四球、左飛

まだ2の0と
安打こそ出ていませんが…

好投手宮里クン
151キロ右腕照屋クン

両投手を捉えており
大器の片鱗は
十分に感じられます。

それにしても・・・

花巻東は毎年毎年
しぶとい打線に
仕上げてくるなぁ。

実際のチーム打率より…

得点を重ねるのが
“非常に巧い”
そんな印象のチームです。

そして7回、、、

佐々木監督から
『この回迄だな』
そう受けた大谷クンは…

ギアをひとつ上げます。

その初球!
スコアボードには

『157㎞』の表示!!!

さらに3球目!

『158㎞』の表示!!!

2001年・夏──

宮崎の日南学園
寺原クンの豪速球を…

メジャーのスカウトさんの
スピードガンが158キロと記録。

マスコミは
当然大きな数字を好むので
158キロが独り歩きしましたが…

スコアボード
そしてテレビ中継での
158キロは初の快挙。

そんなこんな言ってる間に…

このイニング
最後のボールは…

『159㎞』を計測!!!!

とんでもねーー!!!!

アナウンサー絶叫するよね…
ABC系列は特にね…

個人的には
NHKよりも好きですが♪

投げる方の大谷クン
7イニングを無失点
散発3安打で無四球ピッチング!

最後は豪快に
三者三振で、計13K!!

素晴らしい…
噂通り…
とにかくすげぇ…

どよめく甲子園球場を
大谷クンまたすぐに…

どよめかせました!!!

7回裏──

バッターの大谷クン
右中間スタンド中段まで運ぶ
素晴らしいホームラン…

打たれた照屋クンもあんぐり。

無理もない…

149キロの
素晴らしい直球を
あそこまで運ばれたら…

投げて打って・・・

規格外の怪物の
夏はまだ始まったばかり。

やっぱり甲子園で見れて…
超嬉しいですね(涙)

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら④

こんにちは!
甲子園大好き芸人です。

愛すべきファイターズが
期待の新外国人選手
オズワルド・アルシアを獲得♪

アルシア外野手は
メジャー通算44本塁打!

2014年には
20本塁打ですかー!!

そして今季は3Aで
.326 24本塁打 87打点

まだ若い26歳♪
レアードみたいに
日本で成長してほしい☆

もしアルシアが
期待通りの長打力を
発揮してくれたら~

2018年ファイターズ打線
さらに期待出来ますよ(^o^)

素人オヤジの妄想オーダー
こんな感じでどうかなぁ?!

8西川
9松本
2近ちゃん
3中田
Dアルシア
5寿司
7大田
4おにぎり
6石井一

キャッチャー近藤は
現実的じゃない…

そんなツッコミを
受けそうですが。。。

天下の横浜高校で
鍛えられた男です!

僕は勝手に、
イケると思ってます♪

松本剛クンと石井クンに
さらなる飛躍の予感が(^w^)

中田の大将も
気楽に本来の力を
発揮してくれたら…

優勝間違いなしでしょう(笑)

個人的には
中島卓ちゃんの
奮起に期待!!

そしてそして
夢いっぱいの清宮クンも
ここ一番で大仕事の予感大です!!

さてさてさて、、、

そんなファイターズに
劇画のような興奮をくれた
大谷翔平選手の高校時代…

妄想の続きを、
勝手に記載していきます(^-^;

2012年・夏──

大観衆で埋まった
阪神甲子園球場

大会2日目第3試合

岩手・花巻東高校の
初戦がプレイボールしました!

マウンドには
大注目の大谷翔平クン。

球場全体が
期待に包まれた
異様な雰囲気の中…

初球いきなり…

155キロ!!!
甲子園最速タイ記録!!!

続く2球目で…

156キロ!!!
甲子園最速記録更新!!!!!

実力校浦添商業の
強力な上位打線を…
三振、三振、二ゴロ

大注目の初回は
最高の立ち上がり♪

それにしても
セカンドの太田クンは上手いなぁ…

大谷クンと共に
1年時からのレギュラー!
中心選手として
彼にも期待大です。

1回裏
浦添商業のマウンドには
エース宮里クン。

MAX140キロ
総合力の高い好投手。

安定感抜群のエースに加え
MAX151キロの照屋クンも
沖縄大会ほぼ同等のイニング数!

手強い投手陣です。

しかし花巻東は
トップの大沢キャプテン
ショートへ内野安打!

2番は2年生
“あの”天才ファール職人
千葉クンが打席に!!
(峻太クンごめんなさい…)

雄星クン世代の
先輩佐藤涼平選手も
大好きでした♪

千葉クンも非常に小柄ながら
負けず劣らずの
素晴らしい2番打者。

まぁ、
しつこいしつこい!

ピッチャーは、
しんどいしんどい!

もしも中島卓ちゃんと
打順並びになったら…
恐ろしいかも!笑
(2013年、準決前の警告未だ悔し…)

ナンダカンダで
1死二塁のカタチに持っていき…

迎えるバッターは…

『3番 ピッチャー 大谷クン』

場内アナウンスに大歓声!!

現在、高校通算56ホームラン!!

同じ岩手の強豪
一関学院ベテラン沼田監督の弁

『銀次や畠山を凌ぐ、岩手県史上最高の打者でしょう』

そして…

『甲子園でみた松井秀喜と同等』

沼田さん。
さすがベテランです。

驚異の眼力!
合ってましたよ!!

ただ、ここは…
やはり敬遠気味のファーボール。

花巻東にとっては
想定内の流れ。

打席には
大谷クンに次ぐ強打者
4番太田クン。

マークすべき選手と
浦添商業バッテリーも
当然把握済みだが…

この打席は太田クンの
巧打が上回り
見事なタイムリー!!

花巻東高校が1点先制。

浦添商 0
花巻東 1

注目の南北対決は
この後、どんな展開が
待っているかな?!

そして大谷クンの
甲子園での160キロは
見られるのかな~

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら③

こんばんは!
甲子園大好き芸人です。

今日もスポーツ新聞は
大谷クン大谷クンで
溢れていましたね~

花巻東・佐々木監督の
背番号「17」に纏わる
エピソードは感慨深く…

栗山監督の
三刀流おねだりには
思わず微笑んでしまった♪

ただ、もしも…

大谷クンのショートが
実現したなら。。。

スケールが大きいなぁ!
超絶カッコいい(゚ω゚)

やっぱり栗山監督は
考える事が凄いです♪

それと改めて…
話題のリアル三刀流
大阪桐蔭・根尾クンは…

本当に超人選手ですね(*゚∀゚)

来年のセンバツが
待ちきれません!!

さてさてさて、、、

オッサンの
妄想ワールドでは…

季節は夏真っ盛り\(^-^)/

2012年
夏の甲子園が
開幕しましたー!!

役者も揃った!
160キロ右腕大谷クンが
その中心にいる!!

たまりませんねー!!!

「熱闘甲子園」でも
初日から大谷クン推しまくり♪

素晴らしい編集です( ≧∀≦)ノ

キャッチコピーは
シンプルかつインパクト大!

『異次元160キロエース大谷翔平』

テンション上がるわ~

試合も初日から
熱戦の連続てす!!

◆大会1日目
①済々黌 4-3 佐久長聖
   (延長10回)

②天理 5×-4 木更津総合

③光星学院 9-1香川西

◆大会2日目
①常葉橘 6-4 北大津

②今治西 10-5 高崎商
   (延長12回)

そして、ついに…
第3試合。

大観衆の大歓声を受け…

注目度断トツNo.1

160キロ右腕
大谷翔平擁する
花巻東高校登場!!!

『3番 ピッチャー 大谷クン』

場内のアナウンスだけで
鳥肌立つわー

最後の夏の勇姿を見られて…
本当に幸せだ。

この目に焼き付けておこう。

甲子園球場の
スコアボードに…

浦添商
花巻東

両校の校名が
表示される~♪

先行は浦添商業
つまり大谷クンのピッチングが
いきなり見られる。

ワクワクが止まらんです♪♪

仕事もサボった!
ビールと焼き鳥も準備OK!

整列後に
場内アナウンス

『ピッチャーは大谷クン』

それだけで拍手!
投球練習でどよめき!

そして。。。

『ウゥーーーーーーーー』

試合開始のサイレンの中
大谷翔平最後の甲子園
注目の第1球!!

いきなり…
155キロ!!!

いきなり…
甲子園最速タイ記録!!!

いやいやいや
すげえな~

鳥肌半端ないっす( ゚A゚ )

続く2球目!!

甲子園のスコアボードには…
156キロー!!!

甲子園最速記録更新!!!!!

大観衆から
『うおぉぉぉー!!!!!』

もう早かい!
確かに異次元…

たった2球で
涙が出そう…

この夏、
どんなドラマが生まれるんだろう…

凄く凄く凄く
楽しみな夏が始まりました。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら②

こんにちは
甲子園大好き芸人です。

いやぁ~週明け
職場の話題が
大谷翔平一色(^o^)

明るいニュースって
ホントいいですよね~

普段野球をあまり知らない
女性スタッフさんも
大谷クンには夢中です(笑)

なんだかオッサンも
嬉しくなるなー!!

そしてそして
こんなニュースも…

ロサンゼルスの
野球を好きなご老人に
何故、大谷翔平が好きか?

そんな質問に対し…

彼はお金で動いてなく
純粋に野球が好きな
爽やかな青年と言ってました♪

さらには…

自分の贔屓チームの
入団は叶わず涙したけど
彼の成功は祈るよ♪♪

なんだかこのコメント見て
オッサンも泣けました(T^T)

大谷クンは
野球の実力プラス
その人柄の良さも魅力☆

アメリカでファンを
さらに増やすと思うな!!

日本の誇り大谷クン♪

彼の高校3年の夏を
前回の更新から
妄想させてもらってます。

時は2012年・・・

夏の甲子園──

第94回全国高等学校野球選手権大会

例年以上に盛り上がる
組み合わせ抽選…

学生服姿の
大谷クン、藤浪クン、濱田クン

BIG3を取り囲む
カメラの数が尋常じゃない♪

さぁいよいよ
決定しますよー(*^^*)

大谷翔平、藤浪晋太郎
初戦の対戦相手は?!

組み合わせは以下の通りです。
(花巻東登場で歯車狂った?!)

▼第1日
①佐久長聖-済々黌 
②木更津総合-天理
③光星学院-香川西

▼第2日
①常葉橘-北大津
②高崎商-今治西
③花巻東-浦添商
④作新学院-日大三

▼第3日
①旭川工-佐賀北
②愛工大名電-宇部鴻城
③成立学園-倉敷商
④富山工-滝川二

▼第4日
①松阪-福井工大福井
②札幌第一-立正大淞南
③浦和学院-明徳義塾
④遊学館-鳴門

▼第5日
①大阪桐蔭-智弁和歌山
②仙台育英-宮崎工
③桐光学園-杵築

▼第6日
①県岐阜商-佐世保実
②常総学院-鳥取城北
③聖光学院-飯塚
④東海大甲府-広島工

▼第7日
①酒田南-神村学園
②秋田商-平安
③新潟明訓-(佐久or済々黌)

大注目の花巻東は!
2日目第3試合
沖縄代表・浦添商業と対戦。

160キロ右腕大谷クンと
151キロ右腕照屋クンが激突!!

訳わからんスピード狂や~

凄い時代に、
なったものです…

昔は何年かに一度
140キロ後半を出す
投手の出現で騒がれたのに…

忘れもしない
1987年夏の甲子園。

140キロ後半を出した
佐賀工・江口クン
尽誠・伊良部クン
沖水・上原アキラクン

彼らを筆頭に
PL橋本クン、東亜川島クン
函館有斗盛田クン、一関商工渡辺クン…

ここまで本格派投手が
揃うことあるんか…

ときめいたのは遠い昔…

今のピッチャーの
フィジカルって
本当に凄いなぁ。

春夏連覇を狙う
優勝候補筆頭の大阪桐蔭
1回戦から登場。

いきなり智弁和歌山との激突!

高校球界を
引っ張ってきた
関西屈指の強豪対決が実現!!

この世代の実力的には
大阪桐蔭でしょうが…

百戦錬磨の
高嶋監督が不気味…

後の立教大エース
澤田クンの出番も増えそう?!

期待の奪三振マシン
松井クン擁する
神奈川の桐光学園は
2回戦から登場。

2年生松井クンの
スタミナを考えると
これは意外と大きいかも?!

桐蔭も桐光も
現実世界と
また違った結果になる予感も…

好カードはなんと言っても
浦学vs明徳
作新vs日大三

甲子園8強の激突と言われても
違和感の無い
強豪対決が実現!!

個人的なマニアックな
意見ですが…

秋田商業 対 平安

なんだか昔々の昭和時代にも
対戦がありそうな
この組み合わせ…

たまらなく
ノスタルジックでヤバいです。

この感覚に同意してくれる方…
“もしいたら”嬉しいですね(笑)

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら①

こんにちは!
甲子園大好き芸人です。

エンゼルス大谷翔平誕生!!

日本人の誇りです♪
ワクワクが止まりません~

それにしても
赤のユニフォーム
似合いすぎ( ≧∀≦)ノ

メジャーでも二刀流!!

ベーブ・ルース以来
“100年ぶりの大偉業”
10勝&10本塁打なるか?!

開幕投手だって
あるかもしれません(*^^*)

とにかく、
夢は広がるばかり…

いつもいつもいつも
ワクワクを本当にありがとう。

ついつい買ってしまった
スポーツ新聞各紙を
熟読していると…

大谷クンの花巻東時代も
たくさん掲載されてました♪

改めての…
たられば話ですが…

高校3年最後の夏──

もしも・・・

大谷翔平が…
“甲子園に出場していたら”

そんな夢ある妄想が
膨らんでしまいました!!

なんたって
岩手県大会準決勝
対一関学院戦

高校最速を更新する
160キロを計測!!!!

怪物すぎるしょ…

甲子園で見たかった…

見たかったけれど…

優勝候補筆頭・花巻東高校は
実力校・盛岡大付属に
決勝戦3対5で…
惜しくも敗れてしまいました。

それも…
疑惑の3ラン判定で…

打った二橋クンは
素晴らしい打者だし…

当時の盛付も
素晴らしいチームと
地元パイセンから伺いました。

ただ、ファンとして、
ワガママを言うなら…

あの3ランは
YouTubeで何度も見ましたが
ポールの左かと……

やっぱり160キロ右腕を
甲子園で見たかった。

東北勢の初優勝を
見てみたかった。

さすがに、
閉会式の講評で
お偉いさんが…

『大谷クン出場出来ず残念』

ちょっとこの発言は
行き過ぎと思いましたが…

それくらい日本中が
大谷翔平を甲子園で
観たかったと思いますね。

これまでの
規格外の活躍を見たら
尚更でしょうね。

岩手出身を方や
コアな野球ファンの方々と…

そんなこんなの話題で
盛り上がりました♪

そこで、、、
出場させてみましょう!!

妄想の世界で──

2012年・夏

第94回全国高等学校野球選手権大会

岩手県代表は…
花巻東高校!!!!

大注目の160キロ右腕
大谷翔平を擁して
みちのく悲願の初優勝を狙います。

立ち塞がる、
ライバルも多士済々。

最大のライバルは
なんといっても
春の覇者・大阪桐蔭高校!

藤浪クンとの再戦なんて
もしあったら…
もうドキドキワクワクですよ~

センバツは大谷クンが
故障明け調整不足で
終盤大差が付きましたが…
(1回戦 2対9で敗戦)

この夏は万全の状態!

共に190センチ超え
150キロ台をビュンビュン投げる
二人の対決が
再度実現したら…

絶対に仕事サボりますね~
ビール買って帰る(笑)

他にも。。。

甲子園二季連続準優勝…

東北の悲願はお先にと意気込む
田村クン・北条クン最後の夏
青森の光星学院。

神奈川の奪三振マシン
2年生左腕松井クンが注目の
激戦区を制した桐光学園。

(今だからではなく、本当に注目してました。凄すぎる記録までは予想出来なかったけど…)

さらには
“関東王者常連”
埼玉の浦和学院。

2年生遊撃手渡邉クンを始め
投打にスケールの大きい
山梨の東海大甲府。

BIG3の一角
豪快さを増した左腕濱田に期待
愛知の愛工大名電も…

夏久々の勝利から
一気に頂点を狙いたい。

さらにさらに
優勝を狙えるチームは
まだまだいますよ~

攻守に鍛え抜かれた
常連の明徳義塾。

150キロ右腕擁する
沖縄期待の浦添商業。

名門の平安、天理、作新に
潜在能力抜群の神村学園
そして前年優勝の日大三高…

役者が揃いましたね!!!

何よりも大谷クンって言う
絶対的中心人物となる
夏の主役がいると…

やっぱり締まるなぁ~
すっごい盛り上がるなぁ~

不思議なものですね(゚ω゚)

さぁさぁ、
注目の組み合わせ抽選会。

大谷クンと藤浪クン濱田クン
BIG3の握手の光景なんて見ると…

凄い夏が…
始まるってカンジで
テンション上がりまくり!!!

花巻東高校
注目の緒戦は
どこになるのかなぁ…

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㊹

こんにちは!
甲子園オタクです。

ヤフーニュースで
飛び込んできた
1枚の写真…

“時が止まった6年”

福島県双葉町
小学校の教室に
ランドセルが置かれたまま…

荒廃が進み、
時が止まる…

僕の友人も
被害を受けました。

複数人います。

実際、被災地にも
向かわせてもらいましたが…

胸が締め付けられました。

これだけ、
科学が進んだ現代でも
放射能は消滅は
不可能なのかなぁ…

祈るばかりです。

さて、、
このブログのタイトルは
“妄想記”なので…

ここからは
ちょっとだけ?!
仕事サボって行った
妄想ワールドをお送りします(^^;

2012年…
夏の甲子園・決勝

花巻東(岩手)ー大阪桐蔭(大阪)

ラストシーンは…

延長13回裏
大阪桐蔭3点リード

2死満塁
フルカウントから…

藤浪晋太郎クンが
投げ込んだ
155キロ渾身のストレートを

大谷翔平クンが
フルスイングで
捉えた打球は…

もしも、
甲子園に屋根があるのなら
突き破るような…

高々と
舞い上がった打球…

ライトスタンドへ
一直線に飛んでいった。

誰もが、
信じて疑いませんでした
劇画のような…

“逆転サヨナラ満塁ホームラン”

大谷翔平の大会第7号で
夏の終わりは
告げられると確信した。

打った本人も
瞬間的に右手を突き上げ
ガッツポーズ!!!

喜びに満ちた
花巻東ベンチ。

勝利を確信したかのような
素晴らしい表情で
歓喜の雄叫びを上げる。

人はここまで
声を上げる事が出来るんだ。

改めて、
一生懸命は…
見るものの心を
突き動かす。

呆然と、、、

目を見開き
打球の行方を追う
藤浪晋太郎…

立ちすくむ
森友哉の祈る表情は
今にも泣き出しそう…

大阪桐蔭ベンチは
悲壮感に溢れた表情
そして悲痛な叫びが響き渡る。

大観衆の
これ以上ない大歓声が…
谺する…

東北の悲願
100年の想いが…

そして
被災地の祈りが…

真夏の青い空に
高々と舞う打球を
後押しする。

しかし………

甲子園球場の
非情な浜風は…

打球を押し戻す。

浜風はさらに
押し戻す。

ついに、
ライト水本主将が

打球の落下点に
入ったか…

フェンスに張り付いた。

どうなる?!

運命の打球は
どうなるのだろう…

『行けー!行けーー!!』

大谷翔平が叫ぶ…

『入れーー!!!』

アルプススタンドが祈る…

『そんな……………』

東北全土が
その瞬間…

肩を、落とした。

ボールは、
大阪桐蔭水本主将の…
グラブに…

収まった。

死闘は、終わった…

『優勝は大阪桐蔭高校!!!!!』
『歴史に名を刻む春夏連覇達成ー!!!!!』

ミスター決勝戦
ABCアナウンサー清水次郎さんの
名調子で絶叫した。

マウンドには歓喜の輪。
くしゃくしゃの表情で
喜びをぶつけ合う。

勝利の雄叫びを上げる
藤浪晋太郎クン。

泣きじゃくる
森友哉クン。

ニンマリフェイスの
西谷監督の目にも
光るものが…

1981年・夏

甲子園覇者
報徳学園の優勝シーンが
一番カッコいいと
思っていたけど…

眩しすぎる。
美しすぎる勝利の瞬間。

放送席の解説
横浜高校渡辺監督
星稜高校山下総監督

共に涙する…

勝者がいれば
敗者もいる

当たり前の話だが…

負けた気がしないよね。
花巻東高校。

勝者との
コントラストが…
辛すぎる。

歓喜の輪の横に
項垂れる大谷翔平クン…

崩れ落ちた
大谷クンに…

嗚咽が止まらない
花巻東ナインが…

手を、差し伸べる。

微笑みと涙を浮かべる
佐々木監督。

アルプスから
スタンドから
被災地から
東北から…

そして、日本中から…

止まない拍手が
送られる花巻東高校。

最強の準優勝校と
春夏連覇の優勝校が
整列、そして…

全選手が涙で
顔をくしゃくしゃにしながら
笑顔で健闘を称え合った。

藤浪クンと大谷クンも…
お互い目を真っ赤にしながら
ガッチリ握手を交わした。

この素晴らしい光景に
超満員全ての観衆が
立ち上がった。

更に更に
大きく温かい
拍手が送られる。

高校野球って
本当に素晴らしい。

100年も続く訳だ。

その長きに渡る
歴史の中で…

“163キロ”

そして…

“6本塁打”

投げて、打って、
誰も到達した事の無い
記録と記憶を…

大谷翔平選手が
残してくれました。

第94回全国高校野球選手権大会

◆決勝戦
大阪桐蔭 4ー1 花巻東

延長13回の大熱戦の末、
大阪桐蔭高校が
春夏連覇を達成しました。

凄い大会だった…

大谷クンを
甲子園で観られて
オッサン幸せでした。

忘れられない
夏になりました。

二刀流の原点が
凝縮された
素晴らしいドラマを
どうもありがとう。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㊸

こんばんは!
甲子園オタクです。

WBCの強化合宿!
いよいよスタート♪

個人的な
根拠の全く無い
発言ですが…

世界一の
予感しかしない!!

そして、
中田翔クンが
大爆発の予感!!

“喝!”の張本さんが
太鼓判ですから~

ネットを賑わす
辛口大御所の保証は
間違いないでしょう(^-^)

楽しい妄想って
最高ですね♪

今回は残念だった
大谷クンですが…

僕の妄想の中では、
物凄い場面を
迎えています。

時は…
2012年・夏

第94回全国高校野球選手権大会

球史に残る決勝戦…

大桐蔭 000 001 000 000 3
花巻東 000 000 001 000

延長13回裏
2死満塁。

マウンドに…
甲子園無敗・藤浪晋太郎クン

打席に…
大会新6本塁打・大谷翔平クン

最後の最後
聳え立つ
二人の怪物対決は…

わずか2球で、
追い込み、追い込まれた…

3球目

渾身の
内角ストレート

球審が、一拍置いた後…

『ボーーーーール!』

恐ろしい程の
大音量で
どよめく甲子園。

大谷クンは
表情を変えない。

見送ったのか、
手が出なかったのか…

藤浪クン森クンのバッテリー
なんとも言えない
笑みを浮かべる。

それほどに、
惜しいボールでした。

人間が行う
際どい判定…

思い起こせば、
東北勢が最も優勝旗に
近づいた瞬間…

1969年
夏の甲子園・決勝

三沢(青森)ー松山商(愛媛)

延長15回裏
今でも語り草とされる
判定が存在した…

満塁の場面
3ボール

低めのボールに
押し出しサヨナラと
日本中が思った瞬間…

『ストライーーーク』

球審・郷司さんの判定に…

当時、かなり…
沸いたらしい。

仮に、
ネットなんてあったら
炎上どころじゃ…
なかったそうです。

“たられば”ですが…

もし、三沢高校が
優勝していたなら…

東北勢は
長年これほどまでに…

呪縛にかかる事なく
優勝を重ねていたかも…
しれませんね。

真夏の
夢のような時間は
最後の瞬間を
迎えるのか…

大谷クンvs藤浪クン

4球目

外角低めいっぱい
またも矢のような快速球

『ボーーール』

再度、どよめく甲子園球場。

キャッチャー森クン
ミットを制止した状態で
苦笑いの表情。

打席を外した大谷クン。

なんでこんなに
落ち着いた表情なんだ。

昔々の広島商業のように
日本刀の上でも
歩いたのだろうか…?!

平行カウントに
なったものの…

3点リードで
あと1球コールが
鳴り響いているだけに…

大阪桐蔭が
優位のハズなのだが…

日本列島全体が
大谷クンの
逆転サヨナラ満塁ホームランを
待ち望んでいる。

そんな空気を切り裂き
春夏連覇の快挙を
達成出来るか…

絶対的王者
大阪桐蔭高校。

ざわめき、どよめき、
全ての形容する言葉が
当てはまるような
大甲子園…

西谷監督と藤浪クンの
目が合った。

勝負の…

5球目

初球と同じ
キレッキレの
インローへのスライダー!!

『ボーーール』

大谷クンのバットは
ピクリと動いたものの
初球空振りしたボールを
しっかりと見逃した。

ついに、
フルカウントに
大谷クンが持ち込んだ。

佐々木監督の
表情は変わらない。

ただ、大きく頷くだけ。

大谷クンと藤浪クン

きっと長きに渡る
ライバルとなるであろう
二人の最高の名勝負は…

次の一球が
ラストボールを迎える。

そんな気がする。

絶叫するもの
涙するもの
祈るもの

全ての人に
感動を与えてくれた
94回目の夏のラストシーン。

6球目

藤浪晋太郎
渾身の155キロのストレートを

大谷翔平
彼のバットが見事に捉えた

雲は湧き、光あふれて
天高く、純白の球
今日ぞ飛ぶ…

打球は
高く高く
天高く舞い上がったーーー

ライトスタンドへ
一直線!!!!!

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㊷

こんばんは!
甲子園オタクです。

名作ドラマ
『とんぼ』に
まさかの続きがあったと…

さっき知りましたよ~

しかもTBSではなくて
フジテレビで…

懐かしの
仙道敦子さん演じる
小川英二の妹役あずさが…

まさかの
哀川翔さん演じる
“ツネ”と別れた?!

友人の記憶も曖昧…
ただツネは
嫌な奴になったらしい…笑

出来たら
観てみたいなぁ。

そして、
長渕剛さん哀川翔さんが
もしも共演なんてあったら…

めちゃくちゃ
面白いだろうな~

『とんぼ 2017』

例え妄想でも、
どなたか描いてほしいな~

僕は…
野球の妄想しか
きっと出来ないので…

本日もリスペクトを込めて
仕事中に浮かんだ
妄想を綴っちゃいます(^^;

時は、2012年…

球史に残るであろう
94回目の
夏の甲子園

決勝は決着まで…
あとアウト1つ。

大桐蔭 000 001 000 000 3
花巻東 000 000 001 000

しかも3点差。

大阪桐蔭が花巻東を
土俵際まで追い込んだ。
絶対的に優位。

ただ、打席には…

投打共に
記録を塗り替え続ける
この男が…

『3番 ピッチャー 大谷クン』

大観衆が、
声にならない声を上げる。

もう日本中が…
興奮の坩堝。

塁上は全て埋まっている。

もし仮に、
大谷クンに大会7号の
ホームランが出たならば…

逆転サヨナラ満塁ホームラン

“東北勢初優勝”
その瞬間に100年の夢が叶う。

まるで漫画のような話だ…

マウンドには
王者・大阪桐蔭
絶対的エース
藤浪晋太郎クンが聳え立つ。

190センチを超える
二人の背番号1の
ライバルが…

いよいよ最後の対決。

両校のアルプスから
鳴り止まぬ絶叫が
響き渡る中…

初球。

インローへスライダー
大谷クン豪快に空振り!!

炎天下の甲子園
延長13回…
左打者の泣き所に
この正確無比な制球力…

さすが藤浪クン…
森クンのリードも見事…

極限の場面で
冷静な対応力。

センバツ王者とか
そういう次元じゃない強さ。

西谷監督は、
ニンマリフェイスを崩さず
大きく頷いた。

2球目

真ん中高め快速球に
大谷クンのバットは
再度空を切った。

『150㎞』の表示に…

!!!!!

日本中が、
いや世界も驚いた。

クレイジーすぎる…

どんなスタミナしてんだ。
一体、何食ってんだ。

真ん中高めでした。

場面を考えると
120%高めは禁物。

藤浪クンが
意図したものかどうか…

それは、分からない。

もう押さえも
利かないよね。

ただ、間違いなく
魂の入った一球…

藤浪クンが、
めちゃくちゃに吼えた!!!

精神論とか根性魂とか
そういう時代じゃ
ないのかもしれない。

しかし、
この恐ろしい気迫は
甲子園球場中に伝染した。

あと一球!あと一球!あと一球!
あと一球…

打席の大谷クンは
口を真一文字。

冷静な表情を崩さない。

佐々木監督と
アイコンタクトを交わす。

選手を信じきっている
佐々木監督の表情が
本当に素晴らしい。

文字通り、
追い込んだ
大阪桐蔭バッテリー。

花巻東のアルプス
泣きじゃくる
女子生徒達の姿。

岩手からの中継
じっと祈る、
被災地の方々。

勝つのは…

大谷翔平か
藤浪晋太郎か

花巻東か
大阪桐蔭か

東北の悲願か
春夏連覇か…

3球目

インコースへ
素晴らしいストレート!!!

球審の判定は…

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㊶

こんばんは!
甲子園オタクです。

月9ドラマが
最低視聴率を更新…

オッサンが
恥ずかしい話…
最初チラッと見ました。

評論家でもないのに
ゴメンナサイですが…

逃げ恥とかと比べて
きっと何か
古い気がするんだな~

『東京ラブストーリー』
『ひとつ屋根の下』
『僕は死にましぇん』

昔々夢中になった
名作が沢山あるだけに
月9復活してほしい。

ちなみに、
西内まりやちゃんを
責める風潮は
可哀想な気もする…

単純に録画してる人も
多いんじゃ?(^^;

素人が語ってしまいました…

素人は本日も
おとなしく妄想だけ
させて頂きます♪

時は、2012年…

夏の甲子園・決勝
花巻東(岩手)ー大阪桐蔭(大阪)

全ての野球ファン
敏腕スカウトの方々
マスコミの方々に加え…

普段はそんなに野球を知らない
ギャルやおばちゃんまで…

列島各地を
感動の渦に巻き込んだ
決勝戦も…

大桐蔭 000 001 000 000 3
花巻東 000 000 001 000

延長13回表
王者・大阪桐蔭が
一挙3点を上げ…

いよいよ、
真夏のドラマは
決着に向かって…

向かっていきますよ…
フツーは!!

しかし、
決着の瞬間へと
簡単に向かいません!!

驚異的な粘りを発揮する
決して諦めない
花巻東高校…

なんと、
2死ながら…
満塁のチャンスを
執念で作り出す!!

本当にフツーは
心折れて
諦めてしまいます…

延長戦の3失点は
ガックリくるよ
本当に本当で…

ただ、花巻東高校は
一体感が違いすぎる。

独断での発言ですが
“日本一の一体感”

ベンチやスタンドの力も
絶対にあると思います。

名物なんだろうか?!
YouTubeで観た
『最後のノック』

号泣しました。

佐々木監督は…
偉大なる人物だなぁ。

粘って、粘って、粘って…

3番バッターの
あの男に…

なんとか、、、
打席を回しました。

『3番 ピッチャー 大谷クン』

場内アナウンスに
沸きに沸きに沸く
真夏の甲子園球場。

マウンドには
最大のライバル
藤浪晋太郎クン。

怪物対決…
もって生まれた
巡り合わせなのか。

それはまるで
2006年の夏

伝説の夏の
ラストシーン

斎藤佑樹vs田中将大

二人の対決を
思い出させる。

最後の最後で、
怪物同士が
天下分け目の決戦が…

今、始まる。

もう二人から
一瞬たりとも目が離せない。

大谷翔平vs藤浪晋太郎

延長13回裏
二死満塁。

大阪桐蔭3点リードも…

仮に、大谷クンに
大会第7号ホームランが
飛び出すようなら…

それはまるで、
漫画の世界…

逆転サヨナラ満塁ホームラン…

100年越しの悲願。
東北勢の祈りが
成就されます。

仮に、勝負を
避けるようなら…

2点差に迫り
さらに二死満塁で
4番巧打者太田クン…

この決勝戦、
ノーヒットとは言え
藤浪クンに最も合ってるのは
実力者の太田クンなのです。

この場面、
桐蔭サイドの…

腹は、決まった。

勝負!!!

長く激しかった
夢のような夏の物語は…

野球史に残る
怪物対決で
決着は付くのだろうか。

もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㊵

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日、高校野球マンガ
『バトルスタディーズ』に
触れさせてもらいましたが…

もっともっと、
PL学園での赤裸々な日々が
描かれたblogが…

『イナリの野球流儀』

これは凄い…

福留孝介選手と同期の
稲荷幸太さんが
時に軽やかに、時にリアルに
綴られた内容で…

めちゃくちゃ面白い!!

中央大学編
稲荷さんの一学年下
阿部慎之助とのやりとりも
軽妙で最高ですね~

あっという間に
読破しちゃいました!!

オッサンには
輝かしい球歴はありませんが
野球大好きなので~

本日も勝手に
妄想させて頂きます♪

時は、2012年…

第94回全国高校野球選手権大会

記録とドラマに溢れた
球史に残るであろう
決勝戦は…

大桐蔭 000 001 000 000
花巻東 000 000 001 000

延長13回表
ついに…
均衡が破られるであろう
強烈な大飛球が…

右中間へ一直線…

“161キロ”を
打ち返した森クンの
絶叫と魂のガッツポーズ。

打球を目で追う
163キロ右腕大谷クンの
崩れ落ちそうな悲痛な表情。

その一瞬の
コントラストが
日本中の感動を誘う…

ライナーの
素晴らしい打球は…

右中間を、深々と、
抜けていく…

1人ホームイン。

『ウソだろーーー』
花巻東ベンチの声…

2人目ホームイン。

『 ……………… 』
アルプスの野球部員は呆然…

3人目、
藤浪晋太郎クンまで…
雄叫びを上げながらの
ホームイン。

『イヤだーーーーー』
泣きじゃくる女子生徒の悲鳴…

延長13回表
春の覇者大阪桐蔭
最強打者・森友哉クン
走者一掃の3ベースヒット。

大阪桐蔭 4ー1 花巻東

ついに、均衡が破れた。

森クンが
声にならない声で
叫ぶ、叫ぶ、叫ぶ。

西谷監督も…
大きな大きなガッツポーズ。

珍しいと言うか
見たことない…

狂喜乱舞の桐蔭ベンチ
アルプススタンド。

対照的に…

みちのくの夢が
またもや遠退くのか…

茫然自失、
マウンドに立ちすくむ
大谷翔平クン。

それでも、、、
佐々木監督の声に
ナインが反応。

ベンチからも
勇ましい声が響く。

やがて、
アルプスから
スタンドへと派生…

まだ、諦めない。

これが、
東北人の粘りなのか…

これが、
甚大な被害を
乗り越えようとする
人々の強さなのか…

拍手が起こり、
スタンドの大観衆全体から
大谷コールが響き渡る。

こんな甲子園の光景
見たことがない。

マウンドの大谷クンは
もうフォームも何もかも
ぐちゃぐちゃ…

ただ、気迫で、
おそらく気迫だけで
大阪桐蔭の後続を
見事に退けた。

ベンチに戻る
花巻東ナインに…

これ以上ないほどの
温かい拍手が贈られた。

だから、高校野球は
やめられない。

感動を本当にありがとうだよ。

大桐蔭 000 001 000 000 3
花巻東 000 000 001 000

延長13回裏
花巻東の攻撃は
最後になってしまうのか…

東北勢、
長年の夢の行方は
続きはあるのか…

大谷翔平まで
打席は回るだろうか…