たらればプロ野球

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉟

こんにちは!
甲子園オタクです。

前年の日本一
ファイターズが
なかなか勝てませんね。

2番打者にまでなった
大谷クンが
いくら打てども…

本来鉄壁の
守備がポロポロと(–;)

特に寿司職人レアード
一体どうしちゃったの~

見た目と違って?!
守備も抜群に
上手いのになぁ…

彼のパフォーマンスは
愛嬌たっぷりで大好きなので…

早く本来の調子を
取り戻してほしいです♪

さてさて、
本日も…

“落合さんが巨人に入団”

ついについに
夢の“V9”を目前とした
妄想話の続きを綴りますね~

時は昭和63年…

スタジオジブリの
『となりのトトロ』
『火垂るの墓』

名作中の名作が
同時公開された…
そんな時代のお話です。

約30年も経つのに
今でも高視聴率を記録って…

ずっと愛されてるんだな~
オッサンも誰かに愛されたい(^^;

◆1988年10月8日

巨人vs中日
共にシーズン最終戦

“勝った方が優勝”

現実の世界より6年早く
『国民的行事』が行われます。

舞台はビッグエッグ
(東京ドーム元年の呼称)

運命の一戦
両軍のスタメンが
発表されました。

先攻の中日は
ベストな布陣!

星野監督も
“仙一さんのセンロック”
最強の胃薬飲んで万全です♪

【中日ドラゴンズ】
8彦野
6立浪
3バース
7ブライアント
4宇野
5仁村弟
9川又
2中村
1近藤

先発は
若き左腕エース
高卒2年目近藤真一

昨日カープの
ドラ1ルーキー
加藤拓也投手の快投で…

久々に近藤投手の名前が
メディアにたくさん
出てきましたね♪

高卒ルーキー
プロ初登板
ノーヒットノーラン!!

しかも巨人相手で
全国中継されてました(^o^)

インパクトが
半端なかったなぁ…

ちなみに加藤投手ですが
田中正義、佐々木千隼の
外れ外れのドラフト1位。

慶応高校1年時
強肩を買われて
捕手から投手への転向。

きっと野球人生で
“たられば”の瞬間が
詰まっているんだろうな~

後攻の王者巨人は…

クロマティ・吉村を欠き
決してベストとは言えない布陣…

【読売ジャイアンツ】
3中畑清
8簑田
6篠塚
4落合
5原辰徳
9駒田
7呂明賜
2山倉
1江川

ただ、マウンドには
怪物エース江川卓!!

『ピッチャー鹿取!』
王監督も声を張るために
喉の調子を整えてきました。

しかし、、、

今日は
“100球肩”の
江川卓ではない。

悲壮な覚悟をもって
マウンドへ向かう。

その覚悟通り…
江川卓はやはり怪物でした。

18歳の天才野球少年
2番立浪和義から…

バース、ブライアント、宇野
仁村徹、川又と…

6者連続三振
最高の立ち上がり。

思えば…
落合博満が巨人にドラフトで
指名をされたのは…

作新学院の
怪物・江川が…

進学を視野に
作新を選んだ父親の
反対を押しきって…

高卒で、
プロ入りしてくれたから。

“空白の一日”が
もし無ければ…

落合博満は
巨人がドラフト2位で
指名をしていたのです。

運命の歯車が
全て噛み合って生まれた…

“投の江川・打の落合”

巨人のV8は
この絶対的な太い柱が
牽引してきたのです。

ただこの時、
江川卓の肩は
もう限界でした…

かの有名な
“中国針”も効かない程に
ボロボロだったのかも…

通算成績
270勝101敗 2.54

15年の現役生活で270勝。
驚異の勝率は歴代1位。

打者としても通算87本塁打!

日本プロ野球界に
数々の伝説を残した怪物が
最後の力を振り絞っての力投…

全盛期を思わせる
快速球がビシビシ決まり
7回まで無失点ピッチング!

相手ドラゴンズも
優勝の懸かった大一番!

先発の近藤真一
中継ぎにエース小松辰雄
抑えの郭源治は7回から投入!!

必死の継投、投球で…

落合博満ら
経験豊富な猛者達を
抑え込んでいく。

優勝を懸けた
珠玉の投手戦…

決着は、
8回でした。

江川卓が
自信を持って投じた
渾身のストレートを…

ランディ・バース
ラルフ・ブライアント
そして宇野勝と…

3者連続の
ホームランを浴びる…

最後の江川卓の
パフォーマンスは…

ホームベースに背を向け
首を傾げていた…

『ピッチャー鹿取!』

王貞治監督
いつものコール
時、既に遅し…

巨人最後のバッター
落合博満が…

この年のMVP
郭源治の前に
空振り三振に倒れ…

この瞬間…
星野ドラゴンズV1決定!!
中日14年ぶりの優勝!!

崩れ落ちる巨人ナイン。

落合博満は
星野仙一の胴上げを
ただ見つめていた。

夢のV9…
再現ならず。

この瞬間、
怪物江川卓の歴史も…

昭和の終わりと共に
幕を閉じた。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉞

こんにちは!
甲子園オタクです。

今日は朝から
ビックリしました。

まさかの出来事が…

グランドジャンプにて
『プレイボール2』
奇跡の続編が開始!!

38年ぶりの
本当にまさかの続編…

ちばあきお先生が
お亡くなりになり…

時が止まっていましたが…

衝撃の復活第1話
下町の墨谷高校に…

谷口タカオが!
丸井が!イガラシも!

倉橋や井口まで登場!

谷口くんの
父ちゃん母ちゃんも元気(笑)

イチローも愛した
野球漫画の名作中の名作
『キャプテン』『プレイボール』

この流れを組む作品
読めるなんて幸せすぎ(T_T)

僕も続きを
妄想したことはありますが…

ちばあきおワールドに
とてもとても
踏み入れなかったです!

『グラゼニ』や『江川と西本』

野球ファンが全幅の信頼を置く
コージィ城倉作品なら
期待しかありませんね♪

それにしても…

絵のタッチや
丸井と井口のやりとり…

本当に本当に
コージィ先生最高です。

最高の奇跡です。

さてさて、
本日も…

“落合さんが巨人に入団”

ついについに、
8年連続日本一を達成した
妄想話の続きを綴りますね~

時は昭和63年
日本はバブル絶頂期♪

アッシー、メッシー、貢クン…

長渕剛が浮かれる日本に
怒りを露にした…
そんな時代のお話です。

◆1988年・夏

伝説のV9再び…
開幕ダッシュに成功。

大大大記録へ
期待高まる巨人軍!

しかし、
6月にクロマティ故障…
7月に吉村も大怪我…

共に今季絶望…

マークが集中した
4番落合まさかの無冠…

対照的に、、、

4月の最下位から
驚異的な勢いで昇竜!

星野ドラゴンズの
勢いが止まらない!!

その最大の原動力が
こちらです!!

【1988中日スタメン】
8彦野.273 15本
6立浪.223 4本
3バース.363 33本
7ブライアント.309 38本
4宇野.277 18本
5仁村弟.306 7本
9川又.280 6本
2中村.236 5本

最強助っ人コンビが
共にシーズン途中から加入!

BB砲の愛称で
BB弾を打ちまくりました!!

BBのひとり
“ラルフ・ブライアント”

元々は中日ドラゴンズ
第3の外人として入団。
(当時一軍出場は2名まで)

近鉄バッファローズの
4番打者デービスが…
大麻所持により逮捕…

突然の事態に近鉄が
急遽リストアップした
外国人選手が…

中日の二軍で
変化球に対応できず
三振を繰り返していた…
ブライアント選手でした。

現実世界では
金銭トレードで近鉄へ…

その後の伝説的な活躍は
周知の通り…

ただ、たらればの
妄想ワールドでは…

当時一軍打撃コーチ
島谷金二の目に止まる。

元々中日の二軍スタッフも
ブライアントの将来性を評価
放出を反対していました。

超一流選手は…

“強運たられば”も
持ち合わせているかと。

落合博満、
ボウリングプロ試験の日に
車で捕まり試験料払えず…

もし受かっていたら
ゾッとする…

桑田真澄、
PL学園1年春は投手烙印も
臨時コーチが外野からの返球に
中村監督に育てると直訴…

コーチがいなければ
ドラマのようなKK伝説は…

ブライアントも…

ドラフトを4度も断った
超慎重派・島谷コーチの
眼力が無かったら…

人生、どこでどうなるか…
わかりませんね~

BBのもうひとり
“ランディ・バース”

言わずと知れた
史上最強の助っ人。

しかし、バース長男への
対応を巡り阪神球団と対立…
シーズン途中まさかの解雇。

契約では、
家族の疾病の際には
球団が医療費を負担すると…

ただ、なんと…
球団は保険加入を怠り…

多額の医療費負担を
恐れたための解雇だったと…

えぇ~?!

マスオさん並に
驚きますよ(–;)

ただ、こちらも
たられば妄想ワールドでは…

星野仙一監督が…

落合や門田博光を始め
超大物選手の獲得を
水面下で進めており…

中日球団が
家族思いのバースの
条件を受け止めました。

奇跡が重なり
奇跡のコンビが誕生した
中日ドラゴンズは…

連日ミラクル劇を重ね
ついに、ついに巨人と並び
同率首位に立つ!!

1994年…

長嶋茂雄監督が
『国民的行事』

そのように称した
10・8の戦いは…

1988年…

現実より6年早く
行われる事となります。

巨人と中日
勝った方が優勝!

2度目のV9
大偉業達成か…

1974年以来
悲願の優勝か…

ドラゴンズには
1982年の悔しさもあり…

絶対に負けられない
130試合目
シーズン最終戦となります。

王貞治監督の
眉間のシワ…

星野仙一監督の
ベンチでのケリ…

見所も満載…

日本中が注目する
『国民的行事』が
始まろうとしています。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉝

こんにちは!
甲子園オタクです。

昨日放送された
石橋貴明の
スポーツ伝説…光と影

いい番組でしたねー!
タカさんの優しい言葉に
感動したなぁ(T_T)

宇部商の田上投手も
懐かしかった~

貴重な映像と共に
“男・清原和博”との
感動エピソードも
心温まるものでした。

1985年・5月

最強PL学園へ
練習試合に向かった
山口の強豪・宇部商業

しかし、試合は
雨の為に中止となり…

両チーム選手は
PL学園の寮へ。

宇部商エースの田上クンは
憧れのPL選手に
サインを頼むと…

『同じ高校生のサインなんてもらって、どないするんや?』

…的な事を言われ
動揺しちゃう田上クン。
(これはへこむ。多分桑田クン?)

そこに、、、

清原クン登場!

『せっかく山口から来てくれたんや!全員で書いたろうや!』

田上クンの憧れでもあり
目標とする男からの一言に…

“男が男に惚れる”

怪物キヨマーは
本当に優しい男なんですね。

僕も感動しました!!

田舎の片隅の
ひとりの清原ファンとしては…

いつか“清原和博監督”を
見てみたいな~(^o^)

さてさて、
本日も…

“落合さんが巨人に入団”

ついについに、
8年連続日本一を達成した
妄想話の続きを綴りますね~

時は昭和63年
日本はバブル絶頂期に♪

オタク、チンする、セクハラ…

現在にも繋がる
数々の言葉が生まれた…

そんな時代のお話です。

◆1988年・10年目
.297 33本塁打 97打点

世間もチームも
再び大記録V9へ…
期待高まる巨人軍!

不動の4番・落合博満も
三冠王返り咲きを狙う
区切りの10年目でした。

が、しかし…

まさかの無冠に
終わってしまう。

それでも強い強い
読売ジャイアンツ!

4月5月と
ペナントレース
首位を走ります。

だってこの強力打線♪

【1988巨人スタメン】
9駒田.307 11本
6篠塚.316 6本
8クロ.333 10本
4落合.297 33本
5辰徳.305 32本
7吉村.302 13本
3中畑.295 10本
2有田.292 12本

シーズン通して
最も多かったスタメンです。

前年に引き続き
3割打者だらけ!

ただ、これは
前半の話…

6月
まさかの事態が…

不動の3番打者
クロマティが故障で離脱。

さらに7月
若き天才・吉村まで…

札幌円山球場で
栄村選手と悪夢の衝突…

シーズン絶望どころか
再起不能とも思えました。

吉村選手こそ
“たられば”の象徴ですよね。

PL学園主将として
全国制覇を達成。
(西川に若井…味のあるチーム♪)

巨人でも早々に
駒田、槙原と共に
“50番トリオ”として
一気にブレイク!!

落合博満の後継者として
4番を約束された男が…

まさかの大怪我…

それでも吉村さんは
故障があったから
今の自分があると…

感慨深い話ですね。

クロマティの穴は…

“第3の外人”
呂明賜(ロ メイシ)
連日連夜の劇的本塁打連発。

物凄い旋風を巻き起こし
一時的には埋りましたが…

日本投手の
巧妙な配球の前に
ブームはすぐに過ぎ去りました。
(印象は強烈でしたよ♪)

天才吉村の穴は…

ベテラン簑田に
勝呂や鴻野ら若手内野手も含め
埋めにかかりましたが…

その存在は
あまりにも大きく
チームも徐々に
失速していきました。

対照的に、、、

4月最下位スタートとなった
闘将・星野仙一監督率いる
中日ドラゴンズが…

登り竜のごとく
首位へ首位へ
駆け上がっていく。

最大の要因は、
“史上最強助っ人コンビ”

BB砲と恐れられ…
BB弾と掛け合わされ…

毎日のように
スポーツ紙を賑わせた二人。

山本浩二・衣笠を上回り
現役最強コンビと呼ばれ…

ONさえも上回る破壊力
そんな声さえ上がった二人。

日本プロ野球史に
その名を残した
まさかのまさかの二人が…

最強の化学反応を起こし
星野ドラゴンズに
ミラクルを呼び起こすのか。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉜

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日のプロ野球は
侍JAPANのエース達が
それぞれ初登板でしたね。

今年は裏ローテが熱い♪

菅野と則本は
エースの貫禄!!

千賀や石川は
疲労が抜けないかな…

そして、
期待の藤浪晋太郎…

どうしちゃったんだ~(*_*)

あれだけ内角に抜けたら…

ヤクルトも怒るよ…
バレンティンも熱くなる…

潜在能力は球界随一!
誰もが認めるところ。

確か2年前。

オールスター戦で
森友哉とTVでの掛け合いが
最高に面白かった♪

藤浪クンは
ハキハキした
好青年のイメージ(^.^)

是非、大谷翔平クンの
“最高のライバル”として
一層の奮起を期待したいです!!

さてさてさて
本日も…

落合さんが巨人に入団
ついに7年連続日本一を達成した
妄想話の続きを綴りますね~

時は昭和62年
石原裕次郎さんが死去…

昭和の名作ドラマ
『太陽にほえろ!』
ついに終了してしまった…

そんな時代のお話です。

個人的には
殿下こと小野寺昭が
かっこよかったな~

◆1987年・9年目
.332 37本塁打 98打点

一昨年は三冠王
昨シーズンは二冠王

三冠王返り咲きを狙う
落合さん9年目シーズンは…

キャンプでの
“オレ流”スロー調整から
始まりました。

いつも凄いなぁ…
そう感心するのが
オープン戦の初打席!

なんと、
打席に“立つだけ”

投手のボールを見届け…
あとは退散(^^;

『今日は見るだけだから~』

帝王・落合博満の世界…

別格すぎて恐いです(笑)

そんな落合さんに対し
セ・リーグの強打者連中も
黙っていない!!

特に首位打者は
混戦を極めました。

序盤は中畑清が独走!
3割5分台をキープし
毎日が絶好調でしたが…

徐々に
落ちてきたところに…

正田、篠塚、落合
ポンセ、杉浦、吉村、バース…

セ界の強打者連中が
待ち構え大混戦に。

最終的には篠塚と正田が
なんと同率の首位打者に!!

落合さんは
僅か1厘差で届かず…

本塁打王は
伏兵が獲得しました♪

広島カープ
新外国人ランス選手!

39本塁打は
素晴らしいのですが…

打率は2割ちょい…

三振かホームランか
漫画のような選手でした(笑)

応援歌が
おニャン子クラブか
うしろゆびさされ組…

そんな感じだったハズ(^^;

こちらは落合さん
2本差で届かず…

打点王は
大洋ホエールズの
スーパーマリオこと
カルロス・ポンセ98打点!

落合さんも
最終戦で98打点として
“なんとか”タイトル獲得。

当時の落合さんに対する
要求の高さ具合(笑)

打点王で
物足りないって…(–;)

裏を返せば
とてつもない
落合博満の時代でした。

…と言う訳で
“1冠に終わった”
4番打者落合さんでしたが…

それでも巨人は…
強すぎた!!!

ぶっちぎりの
セ・リーグV8達成!!!

V9戦士よりも
凄いと言い切れる
V8戦士はこちら♪

【1987巨人オーダー】
7駒田.287 15本
6篠塚.333 7本
8クロ.300 28本
4落合.332 37本
5辰徳.313 36本
7吉村.322 30本
3中畑.321 6本
2山倉.273 22本

シーズン途中から
超大型トップ・駒田徳弘が定着!

2番~7番まで
6人の3割打者が続く(*_*)

クロマティの
ガッツポーズと
ばんざーいポーズ…

毎日見ている感覚です(笑)

8番には
有田に触発され
甦ったMVP男が座る!!

分厚い打線だぁ…

投手陣も
江川西本を押し退けて
ヤングジャイアンツが躍進♪

打線の強力すぎる援護で
若手が育つ育つ~(^.^)

2年目桑田真澄が
一気に17勝と飛躍!!

阿波の金太郎
水野も能力が完全開花し
12勝6セーブ!!

投攻走守のバランスに
経験値も最高水準。

日本シリーズも
パ・リーグ3連覇
西武ライオンズも圧倒!!

クロマティの返球が緩慢でも
辻発彦が神走塁を見せても…

怪物清原和博が
泣く間も無いほど…

圧倒的な力量
読売ジャイアンツが
日本シリーズ8連覇を達成。

遂に、夢の、V9へ…

死角は見当たりません。

阻むチームは人物は…
現れるのでしょうか。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名させていたら㉛

こんばんは!
甲子園オタクです。

栗山監督の自叙伝
『栗山魂』読みました♪

まだ序章までですが
14歳向けなので
読みやすい&面白い(^-^)

栗山英樹の人生にも
色々な“たられば”が
詰まっているんですね~

これから読む方に
申し訳ないので
さらっとしか記しませんが…

もし中学時代
バレー部でのケガがなければ
野球と関わり無かったかも…

東海大相模の進学も
父親の反対が無ければ
どうなっていたか…

運命の交差点って
誰にでもあるんですね。

最も感慨深いシーンに…

東海大相模高校での
セレクション時

中学3年生の栗山少年が
憧れの高校3年生
人気絶頂・天下の原辰徳と…

まさかのご対面!!

緊張で固まる栗山英樹クンに
アイドル原辰徳が
『セレクション生?頑張れよ!』

このやり取りから…
時は流れ…

2012日本シリーズ
指揮官として対戦…

人の巡り合わせって
改めて不思議なものです。

さてさてさて
本日も…

落合さんが巨人に入団
リーグV7を達成した
妄想話の続きを綴りますね~

時は昭和61年

“土地転がし”
独自の言葉が流行語となった
バブルの夜明け前…

そんな時代のお話です。

◆1986年・秋

巨人vs西武
因縁の日本シリーズは…

ライオンズ3連勝で迎えた
運命の第4戦。

2回ウラ

超満員の大観衆が…
ざわめく…
西武ライオンズ球場

打席に清原和博19歳
マウンドに桑田真澄18歳

日本中が胸高鳴る
夢のKK対決が始まる!!

桑田真澄
振りかぶって注目の初球…

いきなり!
内角高めへ快速球!!

これには
かつての盟友キヨマーも
苦笑いを浮かべる。

2球目…

外角への快速球を…
清原が捉えた!

得意の右打ち!
ライトポールへ一直線!!

『ファーール!』

僅かに切れたが…
清原の右打ち技術は
達人落合も舌を巻きます。

ただ、右打ちのルーツには…
驚きの小話が…

1年生から
全国優勝校の4番を張った
キヨハラ君は…

普段の練習中から
打つわ打つわ
柵超えを連発!!

それを妬んだ
恐怖のPLの先輩が…

『なに飛ばしとんねん!』

そんな謎の
ヤジがあったらしい。

そこでキヨハラ君は
“致し方なく”
ライトへライトへ
毎日打っていたら…

右打ちが
得意になったらしい…

ほんまかいな?!

本当だとしたら、
凄いエピソードですね(笑)

3球目…

若き日の、
桑田必殺の得意球
大きなカーブ!!

清原から空振りを奪い
追い込むと…

4球目…

148キロ!
またも内角!!
見事なストレート!!!

ノリに乗ってる清原から
空振りの三振を奪った!!!

KK初対決は
桑田真澄の完勝。

この奪三振から
桑田ー有田の親子バッテリーが
完全に乗りました。

基本は直球とカーブだけながら
テンポのよい
快刀乱麻のピッチング!!

KK対決
第2、第3打席も
桑田真澄が圧倒!!

共に空振りの三振を奪い
ジャイアンツは
完全に波に乗りました♪

工藤公康から
吉村と中畑清の
一発攻勢で追加点!!

バックも原辰徳の好守に
俊足松本の超ファインプレー♪

そして、、、

KK対決
第4打席…

またも!
内角高めの快速球!!

桑田真澄が清原和博から
4打席連続三振を奪った。

▽第4戦
巨人 7ー0 西武

桑田14奪三振で
なんとなんと完封勝利!!

後々に続く
名勝負の始まりは
桑田が今回圧倒したが…

よほど悔しかったのか…
清原は桑田をその後
完全にカモとした。

何本のホームランが
飛び出したんだろう…

“清原和博という男”

思えば甲子園でも…

水野雄仁に
4三振を喫した後…

渡辺智男に
3三振を喫した後…

悔しさをバネに這い上がり
数多の栄光を
手中に納めてきました。

しかし、、、

このシリーズでは
桑田の執拗な内角攻めに
打撃を崩され失速…

▽第5戦
巨人 2ー1 西武

江川卓と清原和博
怪物対決第2ラウンド…

江川圧勝!!
球界のエースの貫禄。

東尾との
エース対決を制する。

▽第6戦
巨人 11ー3 西武

打線爆発ジャイアンツ!!

篠塚、クロマティ、吉村、山倉
実に4人が猛打賞!!

仕上げは
御大・落合の3ラン!!

対照的に…

19歳の4番打者・清原和博は
この日もノーヒット…

ついにジャイアンツが
逆王手!!

こうなると勢いは…
完全にジャイアンツでした。

▽第7戦
西武は先発の郭泰源から
渡辺久信、松沼兄やん、エース東尾…

総動員で挑みましたが…

クロマティと落合博満の
3割6分コンビが止まらない!!

若手成長株の岡崎が
負傷の篠塚に代わり大活躍!!

先発西本聖から槙原
鹿取、角、サンチェ
磐石リレー…

9回表

巨人 9ー2 西武
ジャイアンツ7点リード

2死ランナー無し

あと一人コールが鳴り響く
後楽園球場。

打席の
4番清原和博は…

この日もノーヒット…

悔しさから、
目には熱いものが
ハッキリと見える。

ピッチャーはサンチェ。
バリバリの“大リーガー”

あと1球と追い込み…

巨人V7へ
最後の一球…

…とはならなかった。

19歳の天才が見せた
未来へ繋がる
最高の一撃!!!

1985年・夏の甲子園

準々決勝で見せた
高知商業中山からの
超特大ホームランを
はるか上回る…

涙の豪快アーチ!!!

球場一杯に広がる拍手の中
目を真っ赤にして
ベースを一周。

落合博満二塁手も
思わず拍手を送る。

巨人に対する…
王貞治監督に対する…

様々な感情も
交差したのでしょう。

ジャイアンツが
球史に残る大逆転て
V7の偉業を達成。

その偉業と共に…

清原和博
涙のホームランは
語り継がれる事となりました。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉚

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日“野球狂の宴”が
盛り上がりすぎて
飲み過ぎまして…

月曜から仕事ちょっと
辛かったなぁ(^^;

話題はやっぱり
大谷翔平選手に集中♪

これだけ打つと、、、

きっとこの話題は
タブーかもですが…

大谷クンがWBCに
出場していたら…

ついついこの話題に
なってしまう!!

素人オジサン達の
酒場の席の話なので…
重くなく失礼ないように
記載させてもらいます(^.^)

まず盛り上がったのが
侍ジャパンの打順再編成♪

『チーム素人』の結論は
こうなりました~

【2017侍ジャパン】
5 山田哲人
4 菊池涼介
D 大谷翔平
7 筒香嘉智
3 中田翔
6 坂本勇人
8 青木宣親
2 小林誠司
9 秋山翔吾

素人オヤジが議論しても
大して革新的なオーダーは
組めませんでした(笑)

加えて山田哲人は
履正社でショートだったし
サードいけるでしょ♪

…そんな雑な案でした(–;)

WBC制覇は、、、

期待を込めてかも
しれませんが…

準決勝のアメリカ戦
大谷クンのバットが
大爆発して…

快勝していた気がします。
勢いで決勝も圧勝!

世界一になっていたと…
酒場の席で
勝手に完結しました(^^;

ただ、これも本音で
アメリカが勝って
良かったとも思います。

正直、
アメリカのファンが
盛り上がった方が…

今後や全体を考えると
世界を巻き込めるかと♪

サッカーの
ワールドカップには
まだ及ばないでしょうが…

ずっとずっと
長きに渡り定着して…

W杯に近づくような
価値ある大会になってほしい!!

国の威信を懸けた
真剣勝負は…
やっぱり面白いです♪

さてさて本日も…

落合さんが巨人に入団
リーグV7を達成した
妄想話の続きを綴りますね~

時は昭和61年。
ドラゴンクエストが発売した…

そんな時代のお話です。

◆1986年・秋

巨人vs西武
因縁の日本シリーズ。

GL決戦
黄金カードですが…

クロマティ・落合・原辰徳

史上最強とも言われた
クリーンアップに挑むのは…

19歳の4番打者が引っ張る
若き西武ライオンズ

下馬評は、
圧倒的に巨人でしたが…

その19歳の4番打者
勢いが止まりません!!

“清原和博19歳”

天才打者落合博満が認める
天才の打撃は…

元祖怪物・江川卓を始め
名だたる巨人投手陣も
止められません。

西武3勝0敗で
迎える第4戦の先発に…

悲痛な顔の王監督は
この男を指名しました。

“桑田真澄18歳”

こんなに早く
KK対決が見られるなんて!

それも日本シリーズの
大舞台で!!

KKコンビ…
言わずと知れた
甲子園の申し子です。

5季連続出場
優勝2回、準優勝2回
ベスト4敗退で驚かれ…

通算20勝に13本塁打
極め付き毎回29得点…

こんなコンビ…
こんなチームは…

この先50年100年経っても
きっと現れないでしょう!!

最も運命的なのは…
桑田真澄は4月1日生まれ。

もし1日でも
ずれていたら…

そもそも
3月31日じゃなくて
4月1日って…

誰が決めたんじゃ~(*_*)

仮に、学年が違ったら…

元PL球児の面白ブログ
『イナリの野球流儀』

元PL球児の超リアル漫画
『バトルスタディーズ』

これらを見る限り…

刑務所より辛い?!
PL野球部寮生活で…

キヨハラ先輩は
クワタ君を
いじめていた気も(笑)

これこそ“たられば”ですね♪

運命の第4戦!
熱気に包まれた西武球場!

ライオンズ先発は
若き左のエース
工藤公康!!

後が無いジャイアンツ…
焦りもあるかな…

松本、篠塚、クロマティ
あっさりと三者凡退。

その裏…
年齢的に“実質高校生”
桑田真澄が…

圧巻のピッチング!!

トップ石毛さんに
鼻の穴も広がる内角攻め!!

続くPLの先輩金森さんは
ズバズバ内角攻めに
当たらなくても絶叫!!

3番打者バック宙で
すっかり大人気の
秋山幸二も内角にズバッ!!

強気なオジサンキャッチャー
有田との相性抜群♪

“冷静と情熱の間”
見事三者凡退に打ち取る。

これで勢いを付けたい
ジャイアンツ攻撃陣。

4番落合博満が
工藤得意の必殺カーブを
ふわ~っと芸術的右打ち!!

見事右中間スタンドへ
先制ホームラン!!

露骨に悔しがる
若き日の工藤公康。

余裕の表情でベース一周
帝王落合博満。

さらに…
なんとなんと…

2死三塁から
男・有田修三まさかの…

セーフティバント&
ヘッドスラィディンク!!

見事に決まり
この回追加点と
有田は監督賞をゲット(笑)

巨人 02
西武 0

最高の流れで…

2回裏、
KK初対決を迎えます。

“桑田真澄と清原和博”

日本中が注目する中…

どのような名勝負が
生まれるのでしょうか。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉙

こんばんは!
甲子園オタクです。

大谷クン!
今季1号ホームラン!

得意のレフトスタンドへ
見事な豪快弾♪
やったね(^o^)

今日も猛打賞で
12打数8安打
打率.667ですよ(笑)

もし、今シーズン
打者だけでフル出場したら…

三冠王の可能性
かなり高い予感が~

本当に漫画のような
凄い選手ですね!!

さてさて、
妄想の世界では…

『男女7人夏物語』が
放送開始された昭和61年
そんな時代のお話の続きを…

ちなみにドラマの中で
試合中の川崎球場で
収録されていたシーンが…

いくら閑古鳥が鳴く
ガラガラ球場とはいえ
自由な時代でしたね。

選手もさんまに
気付くでしょ(笑)

◆1986年・秋

2年連続
巨人vs西武の黄金カード

因縁のGL決戦。

注目はなんといっても
黄金ルーキー
清原和博!!

あらゆる新人記録を
塗り替えたPL学園の4番は
得意の夏場以降打ちまくり…

常勝・西武の4番打者まで
登り詰めました。

とにかく、
天才打者でしたね!!

山田久志や村田兆治…
エースと天才少年
真剣勝負は最高だったなぁ。

【1986西武スタメン】
6石毛.329 27本
7金森.298 3本
5秋山.268 41本
3清原.304 31本
9ブコ.265 18本
D片平.292 17本
8田尾.265 8本
2伊東.234 11本
4辻 .296 7本

大物助っ人ブコビッチ
期待の田尾安志ら
結果が伴わない中…

キヨハラ君は
徐々に打順を上げ…

なんとシーズン終盤
ついに4番打者に!!

日本シリーズでも
不動の4番打者!!

ただ、シリーズ前予想は…
圧倒的に巨人有利。

ジャイアンツV7確実!!
そんな雰囲気がありました。

金やん、張さん、ノムさん、
青田昇に別所毅彦…

全ての解説陣が
巨人圧勝と予想。

確かにクロマティ・落合
3割6分コンビを筆頭に
攻撃陣は最強でした。

対象的に、
19歳の4番打者が
引っ張るヤングライオンズ。

ところが…
ふたを開けると…

やっぱり清原和博は
怪物でしたー!!!

▽第1戦
西武 8ー3 巨人

江川vs清原の怪物対決!
4打数3安打3打点
キヨハラ君圧勝。

東尾の巧投に
秋山のホームラン!
からのバク宙(笑)

これで乗ったレオ軍団!!

▽第2戦
西武 5ー4 巨人

キヨハラ君
ベテラン加藤初から
勝ち越し特大ホームラン!!

リーダー石毛さんも
4安打の固め打ち!!

さらにチームが盛り上がる♪

▽第3戦
西武 3ー0 巨人

舞台は西武球場へ!
ライオンズの勢いは止まらず

キヨハラ君
先制タイムリー
ここまで5割!
1本塁打に5打点!!

郭泰源から渡辺久信の
快速完封リレー♪

クロマティも
二冠王落合さんも
無安打に抑え込む。

あっという間の…
3勝0敗王手!!

前評判を覆す戦いに
森新監督はニンマリ。

王監督の
眉間のシワは
過去最大の深さに…

崖っぷちのジャイアンツ
第4戦の先発投手は…

シーズン後半
苦しんだ西本聖ではなく…

5勝0敗

脅威の勝ち運を誇った
好調・桑田真澄に託す事に!!

これにより、、、

桑田真澄・清原和博
夢のKK初対決が…

日本シリーズの大舞台で
早くも実現する事になりました。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉘

こんばんは!
甲子園オタクです。

プロ野球開幕に
甲子園では決勝戦♪

最高の季節が
やってきましたー!!

どの試合も面白すぎて
ビールの量が…
いくらあっても足りない(^^;

特に今日の決勝戦!

TVに大阪vs大阪の
表示が出ると…

改めて、
歴史的な出来事だなぁ…

そうつくづく
思いましたね~

それにしても…
大阪桐蔭は強かった…

注目の根尾クンに
今日2本塁打の藤原クンや
大会12安打の山田クンら…

将来性豊かな
逸材2年生がズラリ。

もしかしたら、
春・夏・春・夏と
2年連続の春夏連覇なんて…

それを100回記念大会で
達成なんて…

夢じゃない気がする程
投攻走守全てに
ハイレベルでしたね(^o^)

かつての
やまびこ池田高校や
史上最強PL学園のように…

ひとつの時代を
作りつつありますね。

本当に面白い試合でした。

履正社の岡田監督も
勝たせてあげたかったな~

印象深い大会に
本当にありがとうですね。

祭のあと状態だ…(T_T)

あっ、
講評の“福岡大だいごう”
これは酷かったけど(笑)

さてさてさて、
妄想ワールドでは…

ボディコンが世に登場し
いよいよバブル経済に向かう
昭和61年の話へ進みます。

その風潮を嫌った
長渕剛かっこよかったな~

落合さんは
8年目のシーズン…

2年連続!
三冠王達成なるか…

◆1986年・8年目
.364 51本塁打 128打点

前年三冠王の
落合博満は…

開幕直後から
打って打って打ちまくりました♪

ただ、シーズン序盤
落合さん以上に
開幕ダッシュに大成功したのが…

投手王国・広島カープ

この年18勝4敗と
ミスター制球力
北別府学を筆頭に…

左のエース川口12勝
陣内貴美子の旦那金石も12勝
ルーキー長冨も10勝

そして、炎のストッパー
津田恒美が健在!!

打線も山本浩二と衣笠が
衰えを隠せないが…

阿南新監督の指揮の元
抜群の機動力で
しっかり得点を稼ぐ。

味のあるカープ布陣はこちら♪

【1986広島スタメン】
6高橋.284 21本
9山崎.275 7本
3長内.254 19本
7浩二.276 27本
5鉄人.205 24本
8長嶋.268 12本
4正田.288 1本
2達川.274 9本

小早川とのライバル対決に
この年は勝った長内に
正田も台頭してきました。

しかし、、、

梅雨の季節に
あっさりと逆転し
独走を果たしたチームが…

V7を狙う
この常勝軍団でした。

【1986年巨人スタメン】
7松本.256 3本
4篠塚.291 8本
8クロ.363 37本
4落合.364 51本
5辰徳.288 38本
9吉村.312 23本
3中畑.273 14本
2山倉.237 8本

3・4番の打率!
凄すぎるでしょ…

5・6番の原・吉村も含め
とんでもカルテットですよ!!

7番の中畑清は
しっかり打点を稼ぎまくり…

控えには
若手の岡崎や鴻野淳基が
台頭してきました。

江川・西本・加藤初・槙原…
投手陣も打線に助けられ
順調に勝ち星を重ねる。

とにかく
6回まで飛ばせば…

鹿取、角、サンチェ
磐石のリリーバーが
顔を揃え機能しました。

そして、夏…

この季節になると…

“夏男”ドラフト1位
桑田真澄が本領発揮♪

甲子園20勝の
実績と勝ち運で
見事に5勝0敗!!

ルーキーイヤーから
背番号18の
輝きを見せました。

とにかく
桑田登板のゲームでは…

最強の5番原辰徳が
必ずと言っていいほど
打ちまくりました。

同じ甲子園アイドルの
縁なのかな~

秋、ジャイアンツ独走の中
ファンの関心は…
落合vsバースの三冠王争いに…

落合さんの
本塁打王&打点王は
ほぼ確定でしたが…

首位打者争いは…

バースが打つ、打つ、打つ…

落合さんとクロマティが
3割6分台迄
打率を上げましたが…

バースが4割に迫る
恐ろしい大活躍!!

最終的に、
落合博満は二冠とMVP。

バースが見事に
首位打者に輝きました。

ただ、
落合より、バースより…

抜群の存在感を示した
スーパー黄金ルーキーが…

世間の目を
釘付けにしていました。

西武ライオンズ
ドラフト1位・清原和博

彼が日本シリーズで
巨人軍V7を
阻むでしょうか。

桑田真澄と因縁の…
PL学園出身KK対決にも
世間は大注目です!!

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉗

こんばんは!
甲子園オタクです。

大好きな深夜番組
『怒り新党』が
終わってしまいました~

マツコと有吉と青木アナ
何とも言えない
掛け合いが好きでした♪

“新・三大”の
総集編笑ったなー!!

渡哲也の西部警察…
懐かしかった…
そして爆発に8000万?!

ドラマ1話分にですよ(笑)

この時代のテレビは
儲かりまくりでしたね♪

菅原文太と夏目雅子の
トラック野郎も…

やり過ぎ感が最高すぎて
大爆笑でした!!

今度DVD借りよ♪

そして今日!
春センバツ準決勝!

珍しく?!
仕事が忙しくて
ほとんど見れなかったー(ToT)

結果だけで追うと、
絶対に…
面白かったんでしょうね~

御隠居生活の
通称“長老”さんから
情報はたくさん頂きました(^^;

大会11日目・準決勝
▽第1試合
履正社 6ー4 報徳学園

▽第2試合
大阪桐蔭 2ー1 秀岳館

ついに…
大阪のライバル2強が…

全国の2強になりましたねー!!

決勝戦は大阪決戦!!

野球レベルで考えたら…
当然なのかも(^-^)

大阪の中学生は
東北や四国をはじめ
全国の強豪に分散してる!

それこそ秀岳館も
九州・熊本代表ですが…

旧チームが
枚方ボーイズで占めて
ネットで話題になりました。

野球留学には賛否両論
色々な意見ありますが…

15歳で夢に向かって
親元離れて…
知らない土地へ行くって…

僕は凄いと思うな。

どんな決戦戦になるのか
今から楽しみです!!

ただ、あわよくば…
雨天中止で…
土曜にならないかな~

選手の為にも
土日休みの僕の為にも(笑)

さてさてさて、
オッサンの妄想ワールドは

『毎度おさわがせします』で
中山美穂と木村一八が大活躍した
昭和60年のお話となります。

個人的には…
篠ひろ子が…
めちゃくちゃ好きでした(笑)

◆1985年・秋

巨人vs西武の日本シリーズ
因縁のGL決戦…

戦前から、
非常に注目されました!

投手王国
ヤングレオ軍団が
巨人V6を阻めるか…

アンチ巨人からも
期待が大きかったのですが…

ふたを開けてみると…

▽第1戦
シーズン14勝
松沼兄やんKO…

▽第2戦
ベテランヒゲメガネ
セクシー高橋直樹さんKO…

▽第3戦
防御率1位
“坊や“こと新星クドーちゃんKO…

西武ライオンズ
磐石の先発投手陣が
試合を作れません…

その要因は…

王貞治以来
11年ぶりセ・リーグ三冠王
4番打者落合博満の存在!!

クロマティ・落合・原辰徳
最強クリーンアップが
落合効果でしっかり機能。

落合さんが毎試合
“勝利打点”を上げ…

気軽に打てる
“最強の5番”原辰徳が
抜群の存在感を示す!!

▽第4戦
抑えに回るも出番無しの
エース東尾修が
シーズン17勝3敗の貫禄で
一矢報うも…

▽第5戦
落合3号、中畑1号、山倉1号
巨人のホームラン攻勢!!

仕上げに…
河埜嬉しい満塁1号
(エラーで苦しいシーズンでした…)

圧倒的な力を見せつけ…
4勝1敗!!!

本拠地
後楽園球場で
脅威のV6を決めましたー!!!

王貞治監督
就任2年連続の日本一!!!

立ち竦む
広岡達郎監督…

2017年
現在の野球にも通じる
通称“管理野球”で
日本野球界に一石を投じました。

しかし、
それを悠々と跳ね返す
読売巨人軍の強さ。

松本、篠塚、クロウ、
落合、原、中畑、
吉村、山倉…

V9を上回る野手陣。

江川、西本、加藤初
槙原、斎藤、カムストック
鹿取、角、水野…

打線に支えられ
勝ち星を重ねる投手陣。

加えて、、、

PL学園から
桑田真澄がドラフト1位で
加入してきます。

4月1日生まれの
実質高校3年生が…

強力打線に支えられ
勝ち星を積み重ねられるか。

さらには、、、

若干課題の抑えには
現役バリバリ“大リーガー”
ルイス・サンチェを獲得。

戦力的にも年齢的にも
まだまだ続きそうな
ジャイアンツの黄金期。

夢のV9へ…

あと3連覇…

セントラルリーグで
パシフィックリーグで

阻むチームは
登場するでしょうか。

もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉖

こんばんは!
甲子園オタクです。

巨人の高木京介投手!
球界復帰!!

10キロも痩せたみたいで…
大変かと思いますが…

一人の野球ファンとして
応援させてもらいます(^o^)

元々、星稜高校1年時に
『報知高校野球』で
取り上げられた時から
注目はしていましたが…

一連の謝罪会見で
勇気ある真っ直ぐな言葉に…

とても惹かれ
ファンになりました。

高木投手がんばれ!
めっちゃ応援するぞー(^-^)

そして今日は!
高校野球ファンが
最も好きな準々決勝♪

残念ながら?!
仕事はサボれず
ネットとワンセグを
フル活用させてもらいました(笑)

あぁ、
ゆっくり見たかったー(T_T)

大会10日目・準々決勝
▽第1試合
履正社 8ー1 盛岡大附

▽第2試合
報徳学園 8ー3 福岡大大濠

▽第3試合
秀岳館 9ー2 健大高崎

▽第4試合
大阪桐蔭 4ー2 東海大福岡

4強全て西日本勢ですね。

僕の予想は
全て東日本勢でした…
なんと真逆(^^;

関西勢が3校で
その内大阪勢が2校!!

やっぱり大阪・兵庫は
野球どころだ♪

改めてさすがです!!

さてさて、
妄想ワールドでは…

斉藤由貴がスケバン刑事で
ヨーヨーを振り回していた…

昭和60年のお話の続き。

それにしても…
南野陽子版の鉄仮面は…
ヤバかった!!

◆1985年・秋

巨人が阪神との
激しいペナントレースを制し
V6を達成!!

そして落合博満が
ついに三冠王を達成!!

V9を凌ぐとも言われる
充実ぶりで挑む
日本シリーズ。

相手は因縁のライバル
西武ライオンズ。

後の黄金期の主力となる
若手が一気に花開き
ぶっちぎりのパ・リーグ制覇。

常勝ジャイアンツと
ヤングライオンズの激突。

さらに、
王貞治vs広岡達郎の
監督対決にも注目です。

強い強い西武の
充実戦力はこちら!!

【1985西武スタメン】
6石毛 .280 27本
7金森 .312 12本
9田尾 .268 13本
3スティーブ .315 11本
D片平 .306 10本
5秋山 .252 40本
2伊東 .258 13本
8岡村 .241 4本
4辻 .275 5本

デッドボーラー金森!
必ず3割のスティーブ!
一本足がキレーな片平晋作!

個性的な面々に加え…

まだサードだった秋山幸二!
2年目で早くも風格の辻発彦!

若手も台頭しましたね。

投手陣も
東尾さんが17勝3敗!
松沼兄やんも14勝6敗!

円熟味を増した安定感を誇り
さらに若手も…

渡辺久信や工藤公康ら
後の“トレンディエース”が台頭。

さらには、
“オリエント・エクスプレス”
郭泰源が素晴らしかった~

V6ジャイアンツに
全く見劣りしない
充実の陣容!!

投手王国・西武ライオンズ
三冠王落合博満を
抑え込めるのか…

“ミスター管理野球”
広岡監督の采配にも
注目が集まります。

2年前の激闘の雪辱か
V6が達成されるのか…

注目のGL決戦が
幕を開けます。