もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑮

こんにちは!
甲子園大好き芸人です。

先日嬉しい出来事が!!

この拙いブログを
読んでくれてると言う
稀少な方を発見(;ω;)

熱闘甲子園の
テーマソングで
盛り上がりましたー♪♪

いろ~んな曲が
話題となりましたが…

最も盛り上がったのが・・・

1993年発売
石川よしひろさん
『明日への卒業』

改めて名曲です!!

可愛かった時代の
貴乃花関も好きだったハズ☆

たらればですが。。

宮沢りえと…
結婚していたら…
どうなっていたでしょ~

どんな人の人生にも
“たられば”は盛りだくさん(^.^)

今や世界の
オオターニサーンも…

もしファイターズが
指名していなかったら。。

もし栗山さんが
監督じゃなかったら。。

考え出したら
きりがないですが…

妄想すると面白いなぁ~

さてさてさて、、、

そんな大谷翔平選手の
“高校時代の妄想シリーズ”

勝手に記載していますが…

前回の続きを、
本日もまた勝手に
進めさせてもらいます(^-^;

2012年・夏──

第94回全国高校野球選手権大会

マスコミの報道は
大谷、大谷、また大谷!

甲子園最速
“160キロ”の衝撃は
凄まじいものがあり・・

とにかく連日連夜
大谷クンの話題が
マスコミを賑わす中…

94回目の夏は、
遂にベスト8が出揃いました。

大谷クンフィーバーと共に…

桐光学園・松井クンも
とんでもない快記録を連発☆

話題がとにかく豊富な
この大会も・・・

いよいよ大詰め!
さぁ~準々決勝だー!!

ここからは
一気に駆け足ですね。

ズラリ好カードのベスト8は
全て目の離せない
好ゲームとなりました。

『大会12日目』
◆準々決勝・第1試合
桐光学園 5ー4 東海大甲府

2試合で43奪三振!
3試合連続20奪三振を狙う
甲子園の新星・松井クンが…

猛打・東海大甲府から
序盤なかなか三振を奪えない。

東海甲府 121
桐光学園 000

3回終了時点で
4対0と甲府が圧倒!

激戦地・神奈川大会からの
疲労もピークかなぁ?!

と思ったら・・・

いやいや…
やはりモノが違うぞ
松井裕樹!!

腕が振れ始め、、
エンジンが掛かり出すと…

4回は…
一気に連続KKK!!

猛ダッシュで
ベンチに戻る姿は
もはや甲子園名物!!

いやぁ、今更ですが…

早朝の第1試合って
大変ですよね~

オッサンの朝野球とは
全く訳が違うから…
苦手な選手は苦手だろうなぁ。

東海大甲府の
エース神原クンも
いや~たくましい!!

肩幅がハンパない…
ガッチリ度満点の好投手ですが…

しつこい桐光打線が
コツコツと反撃開始~

逆に甲府の猛打線は
キレッキレ状態に突入した
松井クンに為す術無く…

流れは完全に桐光学園♪

そして8回裏──

桐光期待の1年生
武クンが逆転タイムリーで…
勝負アリー!!

松井クンはこの日も
結局二桁の13K!!

3試合で56K!!!

1試合平均18K超え~( ; ゚Д゚)

仮の話ではありますが、
もしこのペースで決勝戦迄
駆け上がるとですね…

タレント板東英二さんの持つ
1大会83奪三振の記録が…

ついについに、
破れられるかもしれません。

ちなみに板東さんは
世界の王貞治さんと同級生。

契約金は、、

王さんより高かった!
そんな話も~(^3^)/

お喋りも高校時代から
達者だったらしい。

改めてさすがです…(笑)

◆準々決勝・第2試合
光星学院 3ー0 常総学院

光星はついに
3季連続のベスト4!!

これって代替わりも含むから
凄すぎる記録ですよね☆

いつ以来でしょう??

もしかしたら
KK全盛のPL以来?!

北條クンがKKコンビ
清原和博の記録に迫る
大会4号ホームラン!!

エース金沢クンも
粘り強いピッチング
うるさい常総打線を7安打完封!!

投打の柱がガッチリ
青森光星学院
堂々のベスト4進出(^^)/

それにしても…
光星は投手も野手も
お尻がデカイ!!

ユニフォームが
ピッチピチすぎやろ(^o^;)

とにかく毎年たくまし~
練習大変なんだろうなぁ~

夏の甲子園──

仕事サボって
ビール飲みながら見てると…

だいたい、
昼寝をしてしまう。。

目が覚めると
つけっぱなしのTVから
驚きのスコアが…

札幌第一 003 000 0
大阪桐蔭 000 000

マジですかぁ!!!

愛すべき北海道勢が
天下のTOINに勝ってる~

いったい、、
どうしたどうした??

嬉しいけど驚きますよー

内容気になりすぎー(((((゜゜;)

本当にどうした?(笑)