もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら⑪

こんにちは!
甲子園大好き芸人です。

オッサンの愛読書
日刊スポーツ様Web版で
連載中の愛甲さんストーリー♪

改めて読み返しても
本当に面白いですね~(^.^)

特に横浜高1年時、
道を踏み外しそうな時の
エピソードは激アツ!!

やんちゃした愛甲さんに・・・

警察の方が学校ではなく
渡辺監督に連絡をしたそうで…

「将来のあるコだから」

昼間は新聞記者がいるので
夜に迎えに来てほしいと
伝えたそうなんです。。

素晴らしい警察の配慮…
いいお話じゃないですかー(゚ω゚)

暴走族の集会に出た際も・・・

バリバリ不良な先輩から
歓迎してもらえると思った
愛甲猛少年でしたが…

「お前の来るところじゃない」

怒られて、追い返されて…

「お前は俺たちの夢なんだぞ」

ヤンキー先輩の
素晴らしい一言で
当時のアイコー君は…

ハッと目が覚めたとか。。

いいお話じゃないですか~(T^T)

名将・渡辺監督や
安西選手に川戸投手との
ドラマいっぱいエピソードは…

とにかく胸アツです!
感謝してますよ日刊さん♪

さてさてさて、、、

世界へ羽ばたく大谷クンの
高校時代妄想シリーズを
勝手に記載していますが…

前回の続きを、
本日もまた勝手に
進めさせてもらいます(^-^;

2012年・夏──

第94回全国高校野球選手権大会

マスコミの報道は
大谷、大谷、また大谷!

甲子園最速
“160キロ”の衝撃は
凄まじいものがあり・・

とにかく連日連夜
大谷クンの話題が
マスコミを賑わす中…

大会は順調に日程を消化♪
甲子園は9日目を終えました。

◆大会9日目
①札幌第一 3-0 松阪

②浦和学院 7-4 遊学館

③大阪桐蔭 10-3 仙台育英

第1試合
札幌第一は
エース知久クンが完封!

打線も2試合連続の
二桁安打と好調。

元々、強豪聖光学院
斎藤監督から
『全国5指に入る実力』

そう認められたチーム力。
チーム初の一大会2勝!
快進撃に期待大!!

第2試合
浦学先発は
1年生左腕の小島クン!

甲子園初登板は…
堂々のマウンド!
しっかりと試合を作り…

2年生の豪腕山口瑠偉クン
エース佐藤クンと繋ぎ~

北陸の実力派
遊学館に快勝!!

関東の横綱・浦学も
虎視眈々と頂点を狙う。

そして第3試合
春夏連覇を狙う
大阪桐蔭が登場!

東北の雄・仙台育英を…
初回から圧倒!

小刻みに点数を重ね
6回迄、毎回得点で勝負アリ!

背番号10沢田クンが好投。
背番号11平尾クンが締めて…

藤浪晋太郎クン温存で
堂々の勝ち名乗り!!

94回目の夏。

多士済々
魅力溢れる顔ぶれ
ベスト16が出揃いました。

◆大会10日目
①桐光学園 - 佐世保実

②聖光学院 ー 常総学院

③東海大甲府 ー 神村学園

④平安 ー 済々黌

◆大会11日目
①光星学院 ー 今治西

②花巻東 ー 愛工大名電

③札幌第一 ー 倉敷商

④浦和学院 ー 大阪桐蔭

めっちゃ楽しみな
好カードがズラリ♪♪

特に、、
花巻東と名電!

大谷クンと濱田クンの
BIG3激突は大注目の一戦!!

楽しみすぎる~
甲子園行きますよ~
飲み過ぎ注意だ…

浦学と大阪桐蔭も
激戦必至!!

センバツ準々決勝の再戦!!

王者・大阪桐蔭を
最も苦しめたのは浦学でした。

23K松井クンの
2戦目にも期待大。

平安と済々黌の
古豪対決も渋くていいなぁ。

エリア別
16強の内訳は…

北海道 1/2
東北 3/6
関東 4/6
東京 0/2
東海 1/4
北信越 0/5
近畿 2/6
中国 1/5
四国 1/4
九州 3/9

東北・関東勢
変わらず好調!

みちのく初の大旗へ。。

花巻東、光星、聖光と
可能性たっぷりのチームが
残りましたよ( ≧∀≦)ノ