高校野球『史上最強チーム』決定戦 ~時空甲子園~ (83)

こんにちは!
甲子園大好き芸人です。

星野仙一さん死去って…

ビックリしすぎて…

言葉が出ない…

数々の熱い熱いドラマを
ありがとうございました。

本当に様々な、
エピソードがある中…

僕が個人的に
好きな話があります。

浪商伝説の番長?!
牛島和彦投手の
入団発表時の髪型が…

超絶バリバリの
リーゼントヘアーで(^_^;)

おそらく気合いが
入っていたのでしょう!!

が、しかし。。

キャンプ初日
ウシジマくんの髪を見た
天下の星野仙一は速攻で…

キビシー指導を
行ったとする説が(笑)

星野さんにしか出来ない(*_*;

うーん、
本当にまだ・・・

信じられませんが…

心より…
ご冥福をお祈りします。

さてさてさて、、、

話題を変えさせてもらいますが…

勝手に始まった
新・妄想ワールド!

高校野球
『史上最強チーム』決定戦
~時空甲子園センバツ大会~

47都道府県から
64の代表校を…

わたくしオッサンの
勝手な独断で選抜♪

時空を超えた
全国64代表校が
出揃いましたー!!

初日から熱闘の連続♪

沸きに沸く
真夏の甲子園~

大会7日目も早朝から
甲子園球場周辺は
人、人、人で大混雑~

午前8時試合開始前から
スタンドは早くも
ギッシリ超満員(^.^)

それもそのハズ!!
7日目もどれも激アツ好カード♪

とても1回戦とは思えません☆

【大会7日目・組み合わせ】
①銚子商’74-近江’01

②大阪桐蔭’12-浜田’98

③常総学院’87-三重’14

④羽黒’05ー興南’10

いやぁ~7日目も
楽しみすぎるでしょー!!

伝説のチーム
銚商’74世代が登場!!

アルプスには
大漁旗が勇ましく舞い
海の男の野太い声が響く中…

シートノックの動きが
キレッキレすぎる((゚□゚;))

名将・斉藤一之監督から
鍛え上げられた感が…

銚商、半端ない。。

ご年配の諸先輩方が
力説されていました♪

歴代最強チームは
よく言われるPL’85’87や
横浜’98世代じゃねぇ!

銚子商業’74世代
もしくは柴田勲の
法政二’61世代が最強じゃ~

(こんな喋り方じゃないですが…)

大会レギュレーションを
金属バット導入後の出場校に
絞っているので・・・

100連勝したとも言われる
洗練された都会派チーム
法政二高は出場してませんが…

しっかり銚商は
出場しているので…

許してください先輩方(笑)

あれっ?!
金属元年のハズなのに…

銚商の4番バッターは
木製バットを使用している。。

2年生ながら
4番サードの彼の名は
篠塚利夫クン!!

(金属元年は普及率も6割でした)

後のジャイアンツの名手
篠塚選手じゃないかー(*゚∀゚*)

首位打者にも輝いた
篠塚クンを中心とした
“黒潮打線”に加え…

ドラゴンズのドラ1
エース土屋クンも健在!

前年の夏。。

2年生の土屋投手は
あの作新・江川卓と投げ合い…

延長12回を完封!
雨中の激戦を制した男♪

投打に戦力充実ですが…

メンバーはズラリ地元っ子!
どんだけ鍛えたんだ( ゚ε゚;)

“史上最強チーム候補”

銚商ナインの強さを示す
こんな記録もありますよ~

甲子園での
勝ち上がりが凄い・・・

▼2回戦
PL学園 5-1
▼3回戦
中京商 5-0
▼準々決勝
平安 6-0
▼準決勝
前橋工 6-0
▼決勝
防府商 7-0

確かに強い、強すぎる…

ただ、、
“たられば”ですが…

鹿児島実の定岡投手が
もしも準決勝で
負傷退場してなかったら。。

決勝は・・・

銚商vs鹿実
篠塚vs定岡

後のジャイアンツ
人気者対決が実現?!

名勝負になったと思うな(゚ω゚)

千葉出身Jクンから
絶対記載してと
リクエスト受けたのが…

当時の千葉県の
レベルの高さ!!

ぶっちぎり全国制覇の
銚子商でしたが…

県大会は接戦の連続(^o^;)

翌年・全国制覇する
習志野には2対0の辛勝…

悲運の名門・成東戦は
延長11回の激闘…

決勝の相手
市立銚子には
あの石毛宏典が…

鼻の穴に存在感のある
石毛さんとも大接戦!!

なんとか2対0と振り切り…
苦しんだ上での甲子園でした。

数字で振り返ると
当時の千葉県の強さが
よくわかります( ≧∀≦)ノ

うまく伝えられたかな?
Jちゃん満足かな?(笑)

【大会7日目・第1試合】
銚子商’74-近江’01

さすが超名門・・・

試合に入る前に
文章長くなりすぎた(苦笑)

そんな大人気、
レジェンドチームに挑むは…

“三本の矢”で
県勢初の決勝進出!

近江ブルーのユニが眩しい
滋賀・近江高校(*^^*)

プロに進んだ
エース竹内クン・左腕島脇クン

小気味いい投球で
試合を締めた清水クン

3人の好投手が
黒潮打線に挑みます♪

朝の日差しが
心地よい甲子園球場──

グレーとブルーのユニ
両チームの選手が
颯爽と登場しました!!

非常に気になる
第1試合の行方…

結果は、、、
こうなったー!!

【大会7日目】
▽第1試合
銚子商 040 200 000|6
近 江 000 010 000|1

銚子商業強し!!

その印象が一層強くなりました。

近江エース竹内クン。
素晴らしい立ち上がりも…

2回表──

2年生の4番打者が
好投手の心を砕きます。

天才打者・篠塚利夫

木製バットをしならせ
独特の巻き込むようなスイング!

捉えた打球は
ライトポール際に
吸い込まれました( ゚A゚ )

お見事!名人芸!
先制ホームラン♪

この一打から…
銚商“黒潮打線”が
一気に畳み掛けます!!

なんと竹内クンを
早々とKOすると…

左腕・島脇クンからも
得意のエンドラン攻撃で
あっさり追加点!!

アルプススタンドの
銚商1年生・宇野勝も
大興奮ですよー(^3^)/

エース土屋クンも
スイスイと安定飛行♪

得点力のある、
近江打線に捉えられても~

再三再四、
銚子の堅守が光る☆

特にサード篠塚クン!
ショート宮内キャプテン!

鉄壁の三遊間は
球際に強いなぁー

近江も中盤以降は。。

3番手清水クン
再登板の島脇クンが
必死に踏ん張り…

2001年準優勝チームの
意地を見せてくれましたが…

昭和を代表する強豪チーム
噂の銚子商業’74世代

堂々たる初戦突破で
平成世代チームにも
存在感を見せつけました(^.^)