高校野球『史上最強チーム』決定戦 ~時空甲子園~ (47)

こんにちは!
甲子園オタクです。

先日記載をした
津久見高校’88世代の
勝ち上がり妄想♪

“九州男児さん”から
準決勝以降はどうなるの~?

ご質問を頂きました(^o^)

確かにそうですよね。
準決勝の組み合わせの記載で
終わっていました。

結果はこうなりました♪

1988年
夏の甲子園・準決勝

▼第1試合
福岡第一 8ー3 浦和市立

前日延長16回
247球を投げ抜いた
星野投手は…

笑顔の粘投も、
終盤ついに力尽きました。

前田幸長は8回14K!
まさにタフネス左腕!

浦和市立も
リリーフ古里クンから
意地の3得点も…

“さわやか旋風”は
笑顔笑顔で幕を閉じました。

▼第2試合
津久見 3ー2 沖縄水産

剛腕・川崎憲次郎
キレッキレの15K!!

沖縄の大スター
上原晃の後輩クン達も
前評判を覆し見事な粘り♪

わずかに、
及びませんでしたが…

すっかり自力のついた
栽監督率いる沖水が
主役となる日は近いですね!

これにより決勝戦は
史上初の九州勢対決に!!
(現実より6年早い♪)

右の川崎・左の前田

超高校級投手に挑むのは…

福岡第一高校
巨砲・山之内健一

津久見高校は
古閑、足立、佐藤
充実のクリーンアップ

この年の決勝戦
確か、月曜日だったけど…

サボり確定で
ビールですね(笑)

▽決勝
津久見 000 000 012=3
福岡一 000 000 020=2
(津)川崎ー都合
(福)前田ー土屋、木原
【本】古閑(津) 山之内(福)

おそらく、、、

球史に残る
白熱の投手戦に
なっただろうなぁ…

僕の妄想では、
津久見が優勝しましたが…

マニアな皆さんの
マニアックなご意見も
どしどし送ってくださいね♪

期待して待ってます(^-^)/

さてさてさて、、、

話題は変わりますが…

勝手に始まった
新・妄想ワールド!

高校野球
『史上最強チーム』決定戦
~時空甲子園センバツ大会~

47都道府県から
64の代表校を…

オッサンの
勝手な独断で選抜!!

では本日も、
時空を超えた出場校を
発表していきます♪

北から始まった
選考もついについに…

九州まで突入!!

長渕剛に哀川翔
最近だと山田孝之
そして西郷どんを生んだ…

鹿児島まで来ました~

皆さん“薩摩隼人”って
カンジですね(^.^)

鹿児島県と言えば、、、

なんと言っても
鹿実vs樟南

この強烈な
ライバル2強に加え…

かつては、
御三家と呼ばれた鹿商

神村学園や鹿工も
甲子園で躍進しましたね♪

石川梨華の旦那・野上クン
凄い名字の強打者・天王寺谷クン

吠える代打屋・今吉クン

個性際立つ選手も
次から次と出てきました!!

さぁ、選抜校ですが…
本当に迷いますね~

インパクトで言うと
鹿児島実業には
印象深い世代が多いです!

下窪投手の全国優勝世代
ノーヒッター杉内世代

内之倉世代も
パワフルでしたし
翌年世代もよく打ちました♪

(トップの俣瀬選手好きだったな~)

さらにさらに
スーパーアイドル
定岡正二世代も鮮烈でした。

振り返ると…

豪快な鹿実に対して
堅実な樟南(鹿商工)の名前が
なかなか出ませんが…

僕が選抜するのは、
ズバリこのチームです!!

◆鹿児島代表
『樟南’94』

知将・枦山監督の自信作!

93~94年
甲子園の主役は…

福岡真一郎-田村恵

彼ら黄金バッテリーでした(^^)

超イケメンで
強気強気の福岡投手

黒縁メガネで
冷静なイメージの田村捕手

マンガみたいなバッテリーの
初登場は93年センバツ。

共に2年生、
小柄で童顔な二人は…

“中学生バッテリー”

そう呼ばれていましたが…

いきなりベスト8進出!!

夏はさらに印象的で…

初戦は思わぬ苦戦のサヨナラ勝ち!

2回戦は東京の堀越!
(井端選手がいました~)

非常に珍しい
“降雨コールドゲーム”で
勝利を収めると…

3回戦は
優勝候補大本命
常総学院でしたが…

鹿児島商工(当時)は
大方の予想に反し
4-0と主導権を奪う♪

“鹿商工の金星”
そんな雰囲気漂う中…

またまた
空から雨が~

鹿商工、今度は
無念のコールド再試合(^^;

この再試合…

常総・倉クン
鹿商工・福岡クン

素晴らしい投げ合いも…

鹿商工は0-1で惜敗。。。

駒大苫小牧もそうでした…

再試合って、
精神的にこうなっちゃいます。

そして最後の夏!

もはや全国区の人気!
福岡-田村のバッテリーは
甲子園に戻ってきました\(^^)/

しかもタイミングよく
この年から校名が
鹿児島商工から樟南に♪

新しいスタート年に
満を持したチームは快進撃!!

▼2回戦
秋田 8-2

▼3回戦
双葉 4-1

▼準々決勝
長崎北陽台 14-5

▼準決勝
柳ヶ浦 10-2

同校らしくない?!
打力爆発で堂々の勝ち上がり。
(双葉の名前が切ないです…)

バッテリーも風格十分。

準々、準決の九州対決は
名前勝ちしているくらいの
印象でしたよー(^3^)/

決勝の相手も
九州・佐賀代表の佐賀商…

下馬評は、
完全に樟南でしたね。

ところが、、、

9回表に伝説の
満塁ホームランが…

佐賀商キャプテン
西原クンのガッツポーズ

樟南エース
福岡真一郎の表情

このコントラストは
劇画のような
名シーンでした。

時空甲子園でも
バランスの取れた
このチームは…

一気に駆け上がる
ポテンシャルは
十分にありますね(^^)/