高校野球『史上最強チーム』決定戦 ~時空甲子園~ (29)

こんにちは!
甲子園オタクです。

日刊スポーツの影響で
愛甲猛氏の衝撃作…

『球界の野良犬』

すっかり、
ハマってしまった~

名門校のイメージが…

昔々の話とは言え
リアルな内容は
改めて凄すぎ(^^;

1年生=ゴミ
2年生=人間
3年生=神様

3年生から…

平仮名で
“せんえん”と書かれた
紙キレを渡され…

コーラを買いに行く1年生(–;)

他にも、
ここには書けない
内容がたくさんですね~

──シゴキを超えた地獄

時代のせいにしちゃ
いけないんだろうけど…

昔の体育会系は
大なり小なり
こんなカンジかと(苦笑)

甲子園優勝後の話も…
めちゃくちゃ凄い!!

優勝パレードの翌日
スナックで酒を飲み…

知り合いの社長さん登場♪

一緒に、
堀之内のソープへ(笑)

待合室に…
お姉さんたちが集合♪

即席サイン会に(笑)

高校生の話じゃない(^_^;)

こういう話…
今なら大問題だろうけど…

個人的には、、、

他人に害を与えなければ
オトナはある程度
おおらかに見ても…

いいと思いますよー(^o^)

だから、未だに
マー君世代の
駒苫センバツ辞退は…

熱烈ファンとしては
本当に悲しかったぁ。

さてさてさて、、、

話題は変わりますが…

勝手に始まった
新・妄想ワールド!

高校野球
『史上最強チーム』決定戦
~時空甲子園センバツ大会~

47都道府県から
64の代表校を…

オッサンの
勝手な独断で選抜!!

では本日も、
時空を超えた出場校を
発表していきます♪

選考はついに
甲子園のお膝元
兵庫県に突入!

甲子園の歴史を彩った
古豪・強豪が混在♪

中でもやはり…

“報徳学園”と“東洋大姫路”

日本一を達成した
全国屈指の名門が
頭ひとつ抜けてます。

どちらのチームの
どの世代にするか…

迷いに迷いましたが…

超高校級左腕の存在が
決め手となりました。

◆兵庫代表
『東洋大姫路’77』

稀代のサウスポー
松本正志投手
その存在は強烈でした。

彼が最上級生になった時、
チームは“全国制覇確実”と
言われるほど戦力充実♪

ヤクルトで活躍した
アンダーハンド宮本投手が
控えに回るほど(^^;

敗戦はもちろん、
接戦になることすら
稀だったとか!!

闘将梅谷監督が
接戦も経験させる
必要があると考え…

知り合いを…
練習試合の審判に…

そしてなんと、、、

松本投手が投げる球は
全て“ボール”

相手投手の投球は
全て“ストライク”

そう判定するよう依頼…

さすがに、
やりすきでしょ~
調子崩さなかったのかな?(笑)

鍛えられた?!
成果が存分に表れた
甲子園大会でした(^o^)

特に準決勝
今治西メガネの三谷投手との
延長10回の投げ合い…

とにかく松本投手は
風格がありました!!

決勝戦も延長戦
東邦の1年生
バンビ坂本に投げ勝つ!!

マウンド上での品と言うか
高級感がありました♪

ドラフト1位の好素材を
色々いじった
阪急のコーチさん…

ちょっと恨むな~(T-T)

一方、、、

惜しくも選抜には
漏れたとは言え…

“逆転の報徳”も印象深い。

中でも1981年
金村投手で日本一!!

このチームは
インパクト大でしたね。

先日勇退された
永田監督もメンバーでした♪

準々決勝
今治西・ニャンコ藤本修二

準決勝
名古屋電気・工藤公康

好投手を次々撃破!!

快進撃のきっかけは
なんと言っても
3回戦の大一番!!

早実のスーパーアイドル
当時2年生の荒木大輔を
大逆転で下した試合でした。

“逆転の報徳”

改めて…
カッコいい響きだ~

さらには、、、

“逆転のPL”

オールドファンには
たまらない響き(笑)

ちなみに、
個人的に印象的な
大逆転勝ちは…

甲子園大会では
ありませんが…

その甲子園まで
あと1勝の
地方大会決勝戦…

かの有名な
星稜vs北陸大谷に
勝るとも劣らない
凄まじい試合でした。

◆1998年 秋田県大会決勝
金足農024 000 245=17
秋田商001 3120 000=16

雑草軍団・金足農業の
鬼気迫る猛反撃…

9回のスタンドの光景
両校の絶叫、涙、歓喜…

とにかく感動したなぁ(ToT)

話が大きく
飛んでしまいましたが、、、

昭和52年の日本一
東洋大姫路が…

平成の強豪達と
どのような戦いを
繰り広げるか…

今から楽しみだー(^3^)/