もしも落合博満が“ドラフトで”巨人に指名されていたら㉟

こんにちは!
甲子園オタクです。

前年の日本一
ファイターズが
なかなか勝てませんね。

2番打者にまでなった
大谷クンが
いくら打てども…

本来鉄壁の
守備がポロポロと(–;)

特に寿司職人レアード
一体どうしちゃったの~

見た目と違って?!
守備も抜群に
上手いのになぁ…

彼のパフォーマンスは
愛嬌たっぷりで大好きなので…

早く本来の調子を
取り戻してほしいです♪

さてさて、
本日も…

“落合さんが巨人に入団”

ついについに
夢の“V9”を目前とした
妄想話の続きを綴りますね~

時は昭和63年…

スタジオジブリの
『となりのトトロ』
『火垂るの墓』

名作中の名作が
同時公開された…
そんな時代のお話です。

約30年も経つのに
今でも高視聴率を記録って…

ずっと愛されてるんだな~
オッサンも誰かに愛されたい(^^;

◆1988年10月8日

巨人vs中日
共にシーズン最終戦

“勝った方が優勝”

現実の世界より6年早く
『国民的行事』が行われます。

舞台はビッグエッグ
(東京ドーム元年の呼称)

運命の一戦
両軍のスタメンが
発表されました。

先攻の中日は
ベストな布陣!

星野監督も
“仙一さんのセンロック”
最強の胃薬飲んで万全です♪

【中日ドラゴンズ】
8彦野
6立浪
3バース
7ブライアント
4宇野
5仁村弟
9川又
2中村
1近藤

先発は
若き左腕エース
高卒2年目近藤真一

昨日カープの
ドラ1ルーキー
加藤拓也投手の快投で…

久々に近藤投手の名前が
メディアにたくさん
出てきましたね♪

高卒ルーキー
プロ初登板
ノーヒットノーラン!!

しかも巨人相手で
全国中継されてました(^o^)

インパクトが
半端なかったなぁ…

ちなみに加藤投手ですが
田中正義、佐々木千隼の
外れ外れのドラフト1位。

慶応高校1年時
強肩を買われて
捕手から投手への転向。

きっと野球人生で
“たられば”の瞬間が
詰まっているんだろうな~

後攻の王者巨人は…

クロマティ・吉村を欠き
決してベストとは言えない布陣…

【読売ジャイアンツ】
3中畑清
8簑田
6篠塚
4落合
5原辰徳
9駒田
7呂明賜
2山倉
1江川

ただ、マウンドには
怪物エース江川卓!!

『ピッチャー鹿取!』
王監督も声を張るために
喉の調子を整えてきました。

しかし、、、

今日は
“100球肩”の
江川卓ではない。

悲壮な覚悟をもって
マウンドへ向かう。

その覚悟通り…
江川卓はやはり怪物でした。

18歳の天才野球少年
2番立浪和義から…

バース、ブライアント、宇野
仁村徹、川又と…

6者連続三振
最高の立ち上がり。

思えば…
落合博満が巨人にドラフトで
指名をされたのは…

作新学院の
怪物・江川が…

進学を視野に
作新を選んだ父親の
反対を押しきって…

高卒で、
プロ入りしてくれたから。

“空白の一日”が
もし無ければ…

落合博満は
巨人がドラフト2位で
指名をしていたのです。

運命の歯車が
全て噛み合って生まれた…

“投の江川・打の落合”

巨人のV8は
この絶対的な太い柱が
牽引してきたのです。

ただこの時、
江川卓の肩は
もう限界でした…

かの有名な
“中国針”も効かない程に
ボロボロだったのかも…

通算成績
270勝101敗 2.54

15年の現役生活で270勝。
驚異の勝率は歴代1位。

打者としても通算87本塁打!

日本プロ野球界に
数々の伝説を残した怪物が
最後の力を振り絞っての力投…

全盛期を思わせる
快速球がビシビシ決まり
7回まで無失点ピッチング!

相手ドラゴンズも
優勝の懸かった大一番!

先発の近藤真一
中継ぎにエース小松辰雄
抑えの郭源治は7回から投入!!

必死の継投、投球で…

落合博満ら
経験豊富な猛者達を
抑え込んでいく。

優勝を懸けた
珠玉の投手戦…

決着は、
8回でした。

江川卓が
自信を持って投じた
渾身のストレートを…

ランディ・バース
ラルフ・ブライアント
そして宇野勝と…

3者連続の
ホームランを浴びる…

最後の江川卓の
パフォーマンスは…

ホームベースに背を向け
首を傾げていた…

『ピッチャー鹿取!』

王貞治監督
いつものコール
時、既に遅し…

巨人最後のバッター
落合博満が…

この年のMVP
郭源治の前に
空振り三振に倒れ…

この瞬間…
星野ドラゴンズV1決定!!
中日14年ぶりの優勝!!

崩れ落ちる巨人ナイン。

落合博満は
星野仙一の胴上げを
ただ見つめていた。

夢のV9…
再現ならず。

この瞬間、
怪物江川卓の歴史も…

昭和の終わりと共に
幕を閉じた。