もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㊸

こんばんは!
甲子園オタクです。

WBCの強化合宿!
いよいよスタート♪

個人的な
根拠の全く無い
発言ですが…

世界一の
予感しかしない!!

そして、
中田翔クンが
大爆発の予感!!

“喝!”の張本さんが
太鼓判ですから~

ネットを賑わす
辛口大御所の保証は
間違いないでしょう(^-^)

楽しい妄想って
最高ですね♪

今回は残念だった
大谷クンですが…

僕の妄想の中では、
物凄い場面を
迎えています。

時は…
2012年・夏

第94回全国高校野球選手権大会

球史に残る決勝戦…

大桐蔭 000 001 000 000 3
花巻東 000 000 001 000

延長13回裏
2死満塁。

マウンドに…
甲子園無敗・藤浪晋太郎クン

打席に…
大会新6本塁打・大谷翔平クン

最後の最後
聳え立つ
二人の怪物対決は…

わずか2球で、
追い込み、追い込まれた…

3球目

渾身の
内角ストレート

球審が、一拍置いた後…

『ボーーーーール!』

恐ろしい程の
大音量で
どよめく甲子園。

大谷クンは
表情を変えない。

見送ったのか、
手が出なかったのか…

藤浪クン森クンのバッテリー
なんとも言えない
笑みを浮かべる。

それほどに、
惜しいボールでした。

人間が行う
際どい判定…

思い起こせば、
東北勢が最も優勝旗に
近づいた瞬間…

1969年
夏の甲子園・決勝

三沢(青森)ー松山商(愛媛)

延長15回裏
今でも語り草とされる
判定が存在した…

満塁の場面
3ボール

低めのボールに
押し出しサヨナラと
日本中が思った瞬間…

『ストライーーーク』

球審・郷司さんの判定に…

当時、かなり…
沸いたらしい。

仮に、
ネットなんてあったら
炎上どころじゃ…
なかったそうです。

“たられば”ですが…

もし、三沢高校が
優勝していたなら…

東北勢は
長年これほどまでに…

呪縛にかかる事なく
優勝を重ねていたかも…
しれませんね。

真夏の
夢のような時間は
最後の瞬間を
迎えるのか…

大谷クンvs藤浪クン

4球目

外角低めいっぱい
またも矢のような快速球

『ボーーール』

再度、どよめく甲子園球場。

キャッチャー森クン
ミットを制止した状態で
苦笑いの表情。

打席を外した大谷クン。

なんでこんなに
落ち着いた表情なんだ。

昔々の広島商業のように
日本刀の上でも
歩いたのだろうか…?!

平行カウントに
なったものの…

3点リードで
あと1球コールが
鳴り響いているだけに…

大阪桐蔭が
優位のハズなのだが…

日本列島全体が
大谷クンの
逆転サヨナラ満塁ホームランを
待ち望んでいる。

そんな空気を切り裂き
春夏連覇の快挙を
達成出来るか…

絶対的王者
大阪桐蔭高校。

ざわめき、どよめき、
全ての形容する言葉が
当てはまるような
大甲子園…

西谷監督と藤浪クンの
目が合った。

勝負の…

5球目

初球と同じ
キレッキレの
インローへのスライダー!!

『ボーーール』

大谷クンのバットは
ピクリと動いたものの
初球空振りしたボールを
しっかりと見逃した。

ついに、
フルカウントに
大谷クンが持ち込んだ。

佐々木監督の
表情は変わらない。

ただ、大きく頷くだけ。

大谷クンと藤浪クン

きっと長きに渡る
ライバルとなるであろう
二人の最高の名勝負は…

次の一球が
ラストボールを迎える。

そんな気がする。

絶叫するもの
涙するもの
祈るもの

全ての人に
感動を与えてくれた
94回目の夏のラストシーン。

6球目

藤浪晋太郎
渾身の155キロのストレートを

大谷翔平
彼のバットが見事に捉えた

雲は湧き、光あふれて
天高く、純白の球
今日ぞ飛ぶ…

打球は
高く高く
天高く舞い上がったーーー

ライトスタンドへ
一直線!!!!!