もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㊶

こんばんは!
甲子園オタクです。

月9ドラマが
最低視聴率を更新…

オッサンが
恥ずかしい話…
最初チラッと見ました。

評論家でもないのに
ゴメンナサイですが…

逃げ恥とかと比べて
きっと何か
古い気がするんだな~

『東京ラブストーリー』
『ひとつ屋根の下』
『僕は死にましぇん』

昔々夢中になった
名作が沢山あるだけに
月9復活してほしい。

ちなみに、
西内まりやちゃんを
責める風潮は
可哀想な気もする…

単純に録画してる人も
多いんじゃ?(^^;

素人が語ってしまいました…

素人は本日も
おとなしく妄想だけ
させて頂きます♪

時は、2012年…

夏の甲子園・決勝
花巻東(岩手)ー大阪桐蔭(大阪)

全ての野球ファン
敏腕スカウトの方々
マスコミの方々に加え…

普段はそんなに野球を知らない
ギャルやおばちゃんまで…

列島各地を
感動の渦に巻き込んだ
決勝戦も…

大桐蔭 000 001 000 000 3
花巻東 000 000 001 000

延長13回表
王者・大阪桐蔭が
一挙3点を上げ…

いよいよ、
真夏のドラマは
決着に向かって…

向かっていきますよ…
フツーは!!

しかし、
決着の瞬間へと
簡単に向かいません!!

驚異的な粘りを発揮する
決して諦めない
花巻東高校…

なんと、
2死ながら…
満塁のチャンスを
執念で作り出す!!

本当にフツーは
心折れて
諦めてしまいます…

延長戦の3失点は
ガックリくるよ
本当に本当で…

ただ、花巻東高校は
一体感が違いすぎる。

独断での発言ですが
“日本一の一体感”

ベンチやスタンドの力も
絶対にあると思います。

名物なんだろうか?!
YouTubeで観た
『最後のノック』

号泣しました。

佐々木監督は…
偉大なる人物だなぁ。

粘って、粘って、粘って…

3番バッターの
あの男に…

なんとか、、、
打席を回しました。

『3番 ピッチャー 大谷クン』

場内アナウンスに
沸きに沸きに沸く
真夏の甲子園球場。

マウンドには
最大のライバル
藤浪晋太郎クン。

怪物対決…
もって生まれた
巡り合わせなのか。

それはまるで
2006年の夏

伝説の夏の
ラストシーン

斎藤佑樹vs田中将大

二人の対決を
思い出させる。

最後の最後で、
怪物同士が
天下分け目の決戦が…

今、始まる。

もう二人から
一瞬たりとも目が離せない。

大谷翔平vs藤浪晋太郎

延長13回裏
二死満塁。

大阪桐蔭3点リードも…

仮に、大谷クンに
大会第7号ホームランが
飛び出すようなら…

それはまるで、
漫画の世界…

逆転サヨナラ満塁ホームラン…

100年越しの悲願。
東北勢の祈りが
成就されます。

仮に、勝負を
避けるようなら…

2点差に迫り
さらに二死満塁で
4番巧打者太田クン…

この決勝戦、
ノーヒットとは言え
藤浪クンに最も合ってるのは
実力者の太田クンなのです。

この場面、
桐蔭サイドの…

腹は、決まった。

勝負!!!

長く激しかった
夢のような夏の物語は…

野球史に残る
怪物対決で
決着は付くのだろうか。