もしも大谷翔平が『高校3年の夏』甲子園に出場していたら㊵

こんばんは!
甲子園オタクです。

昨日、高校野球マンガ
『バトルスタディーズ』に
触れさせてもらいましたが…

もっともっと、
PL学園での赤裸々な日々が
描かれたblogが…

『イナリの野球流儀』

これは凄い…

福留孝介選手と同期の
稲荷幸太さんが
時に軽やかに、時にリアルに
綴られた内容で…

めちゃくちゃ面白い!!

中央大学編
稲荷さんの一学年下
阿部慎之助とのやりとりも
軽妙で最高ですね~

あっという間に
読破しちゃいました!!

オッサンには
輝かしい球歴はありませんが
野球大好きなので~

本日も勝手に
妄想させて頂きます♪

時は、2012年…

第94回全国高校野球選手権大会

記録とドラマに溢れた
球史に残るであろう
決勝戦は…

大桐蔭 000 001 000 000
花巻東 000 000 001 000

延長13回表
ついに…
均衡が破られるであろう
強烈な大飛球が…

右中間へ一直線…

“161キロ”を
打ち返した森クンの
絶叫と魂のガッツポーズ。

打球を目で追う
163キロ右腕大谷クンの
崩れ落ちそうな悲痛な表情。

その一瞬の
コントラストが
日本中の感動を誘う…

ライナーの
素晴らしい打球は…

右中間を、深々と、
抜けていく…

1人ホームイン。

『ウソだろーーー』
花巻東ベンチの声…

2人目ホームイン。

『 ……………… 』
アルプスの野球部員は呆然…

3人目、
藤浪晋太郎クンまで…
雄叫びを上げながらの
ホームイン。

『イヤだーーーーー』
泣きじゃくる女子生徒の悲鳴…

延長13回表
春の覇者大阪桐蔭
最強打者・森友哉クン
走者一掃の3ベースヒット。

大阪桐蔭 4ー1 花巻東

ついに、均衡が破れた。

森クンが
声にならない声で
叫ぶ、叫ぶ、叫ぶ。

西谷監督も…
大きな大きなガッツポーズ。

珍しいと言うか
見たことない…

狂喜乱舞の桐蔭ベンチ
アルプススタンド。

対照的に…

みちのくの夢が
またもや遠退くのか…

茫然自失、
マウンドに立ちすくむ
大谷翔平クン。

それでも、、、
佐々木監督の声に
ナインが反応。

ベンチからも
勇ましい声が響く。

やがて、
アルプスから
スタンドへと派生…

まだ、諦めない。

これが、
東北人の粘りなのか…

これが、
甚大な被害を
乗り越えようとする
人々の強さなのか…

拍手が起こり、
スタンドの大観衆全体から
大谷コールが響き渡る。

こんな甲子園の光景
見たことがない。

マウンドの大谷クンは
もうフォームも何もかも
ぐちゃぐちゃ…

ただ、気迫で、
おそらく気迫だけで
大阪桐蔭の後続を
見事に退けた。

ベンチに戻る
花巻東ナインに…

これ以上ないほどの
温かい拍手が贈られた。

だから、高校野球は
やめられない。

感動を本当にありがとうだよ。

大桐蔭 000 001 000 000 3
花巻東 000 000 001 000

延長13回裏
花巻東の攻撃は
最後になってしまうのか…

東北勢、
長年の夢の行方は
続きはあるのか…

大谷翔平まで
打席は回るだろうか…